メインメニューを開く

夢で逢いましょ』(ゆめであいましょ)は、1962年9月15日東宝系で公開された日本映画である。カラー、東宝スコープ東京映画作品。

夢で逢いましょ
監督 佐伯幸三
脚本 森功二
製作 永島一朗金原文雄
出演者 中尾ミエ
池内淳子
宝田明
船戸順
ザ・ピーナッツ
ハナ肇とクレージーキャッツ
音楽 平岡精二
撮影 黒田徳三
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年9月15日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャッチコピーは「七色のライトあびてスパークする魅力の歌声」。

目次

概要編集

フジテレビ系列の『森永スパーク・ショー』で人気者になった中尾ミエを主演にし、中尾演じる主人公が糸魚川から上京して、歌手になるまでを描いた、ミュージカル仕立てのサクセス・ストーリー。

中尾と同じ渡辺プロ所属のザ・ピーナッツハナ肇とクレージーキャッツ田辺靖雄らが共演する。

ストーリー編集

 
本編冒頭、伊津子が同級生に見送られて旅立った大糸線平岩駅

糸魚川の「笹倉旅館」の次女で高校生の河辺伊津子は、可愛いが男勝りなのが玉に瑕、今日もラブレターの件で、同級生とともにラグビー部員と大ゲンカし、母で旅館の女将・美佐子に散々叱られる。すっかりブーたれた伊津子は登校のふりをして、同級生に見送られ、東京・銀座で芸能プロダクション「河辺プロダクション」を経営している姉・美樹を慕って上京した。東京に来た伊津子は、そこで山岡八郎という青年と出会い、仲良くなるが、山岡が泥棒という事は知らなかった。そして伊津子は河辺プロへ、母から家出を知らされた美樹は、伊津子を郷里に帰そうとするが、伊津子は帰らない。だが、美樹の恋人でジャズ評論家の増村公一の口添えもあって、美樹の家に下宿を許した。そこにはザ・ピーナッツなどといった、スターの卵も下宿していた。

だが歌手志望の伊津子は、来る日も来る日も勉強の毎日、歌手の練習もさせてもらえない。いい加減うんざりした伊津子に、山岡は「喫茶店で『ジャズのど自慢』が有るから、やってみないか」と誘う。だがそののど自慢は河辺プロではなく、商売敵の「勝田プロダクション」が主催している。伊津子は躊躇するが、「スターになるならどこだって同じ」と、のど自慢に「宮城マリ」という偽名で挑戦し、見事合格して、勝田プロと契約、同プロの歌手・ケリー益田とも仲良くなった。やがて宮城マリこと伊津子は人気歌手に。一方毎日毎日練習漬けで嫌気がさした中井と星野は、ケリーと伊津子が仲良くなっているのを見て、勝田プロへ移籍する。大喜びの勝田社長は、河辺プロの小塚興行課長を利用して、ザ・ピーナッツを引き抜いた。河辺プロは大ピンチ。

やがてジャズ喫茶で歌う様になった伊津子は、密かに恋してた増村が姉・美樹と抱き合っているのを目撃しショック、ステージをすっぽかして、山岡のスポーツカーでドライブに行く。だが山岡は無免許、車は盗品、更にスピード違反により警察に捕まってしまう。スキャンダルを起こした伊津子は勝田プロを解雇される。すっかり意気消沈する伊津子だが、ラーメン屋台の甚兵衛に天分を認められた伊津子は、クレージーキャッツと共に修行し、河辺プロへ復帰、更にピーナッツも一問題有ったものの、河辺プロへ復帰した。その上伊津子が好きになったケリーは、河辺プロに移籍した。かくして、伊津子とザ・ピーナッツ復帰記念の「大フェスティバル・コンサート」が大劇場(東京文化会館)の舞台で華々しく開催、その様子を見ていた山岡は刑事に御用となり、心を残しながら去った。

 
コンサート会場として使われた東京文化会館

スタッフ編集

出演者編集

映像ソフト編集

現在は、東宝からDVDが発売されている。

同時上映編集

箱根山

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集