メインメニューを開く
北海道 > 亀田郡 > 七飯町 > 大中山

大中山(おおなかやま)は、北海道亀田郡七飯町の地名。大中山1丁目から8丁目及び字大中山が置かれている。郵便番号は、041-1121。 また、大中山地区と呼称する場合には、大川、中野、中島、豊田も含むことが多い。

大中山
函館新道から見る函館裏夜景
函館新道から見る函館裏夜景
大中山の位置(北海道内)
大中山
大中山
大中山の位置
北緯41度52分16.52秒 東経140度42分45.32秒 / 北緯41.8712556度 東経140.7125889度 / 41.8712556; 140.7125889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
亀田郡
市町村 七飯町
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
041-1121
市外局番 0138[1]
ナンバープレート 函館

目次

地理編集

亀田郡七飯町南東部に位置する。函館新道をまたいで字大中山が置かれている。北で鳴川鳴川町及び桜町、東から南にかけて大川、南西の一点で中野、西で中島と、北西の一点で緑町と接する。国道5号沿いには、小中学校を含む住宅地が見られるが、徐々に函館新道側に向かっていくと、遠くに函館市街を望める農地果樹園が広がっている。また、大中山は函館市ベッドタウンとなっており、近年人口が急増している。函館市から車で約15-20分、函館駅から普通列車で約15分、札幌市から車で約4時間10分(道央自動車道国道5号経由)ほどの位置にある。

地名の由来編集

名は、村内を流れる大川から村名に採用された大川村と、1858年安政5年)当時の箱館奉行所の開拓係・中島辰三郎の名字から採用された中島村の2村が合併の折、村名を大中山村としたことに由来する[2]

歴史編集

大中山村時代
  • 1575年天正3年) - 三嶋神社が勧請される。このころには和人が定住したものと考えられる。
  • 1881年明治14年) - 大中山村立大中学校が設立、開校。
  • 1885年(明治18年) - 七飯村の戸長役場に編入、現在の七飯町の行政区域となる。
  • 1902年(明治35年) - 大中山村をはじめとした6つの村(七飯村、藤城村、軍川村、峠下村、鶴野村)が合併。二級町村制、亀田郡七飯村となり、大中山村は七飯村の字となる。
七飯村、七飯町時代
  • 1947年昭和22年) - 大中山中学校が設立、開校。
  • 1951年(昭和26年) - 大中学校が大中山小学校に改称。
  • 1957年(昭和32年) - 七飯村が町制施行し、七飯町の字となる。

交通編集

施設編集

関連項目編集

注記編集

  1. ^ 北海道道969号大野大中山線は、実際は大中山を通らない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月20日閲覧。
  2. ^ 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)12ページより。

外部リンク編集