メインメニューを開く

大山町 (板橋区)

東京都板橋区の町名

地理編集

板橋区の南東部に位置する。町域の北は仲町、北東は栄町、東は大山東町、南は大山金井町及び幸町、西は大山西町、北西は弥生町にそれぞれ接する。町域の西辺を川越街道が走る。町域内には住宅のほか、区立小学校が立地する。

歴史編集

当該エリアは1871年(明治4年)11月14日浦和県(現埼玉県)から東京府に編入された。1889年には板橋町の一部分となり、1932年からは板橋区の一部となった。1958年に板橋区板橋町4・9丁目から大山町が成立した。住居表示実施は1971年

地名の由来編集

中山道から川越街道を通り、「富士山大山道」に入る分岐点だったことから、「大山」という地名がおこった。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
大山町 2,791世帯 4,665人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 板橋区立板橋第六小学校 板橋区立板橋第一中学校

交通編集

鉄道編集

バス編集

道路編集

施設編集

出身・ゆかりのある人物編集

  • 城咲仁タレント、元ホスト) - 実家は隣接する大山西町にある中華料理屋「丸鶴」[6]。子供時代『ハッピーロード大山』のマスコットキャラクターの名付け親になったことがある。
  • 瀬田吉之助地主
  • 瀬田醻一(東京府多額納税者、鍋屋、金融業、地主・家主、政治家) - 板橋区会議員、東京市会議員などをつとめた。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 板橋区教育委員会『いたばしの地名』、1995年3月、P127。
  5. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。
  6. ^ マツコの知らない世界 マツコの知らない「板橋チャーハンの世界」(2015.11.17)放送分より

外部リンク編集