メインメニューを開く

大形駅

日本の新潟県新潟市東区にある東日本旅客鉄道の駅

大形駅(おおがたえき)は、新潟県新潟市東区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)白新線である[1]

大形駅
北口(2017年3月)
北口(2017年3月)
おおがた
Ōgata
東新潟 (2.0km)
(2.6km) 新崎
所在地 新潟市東区岡山[1]1101
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 白新線
キロ程 7.0km(新潟起点)
電報略号 オオ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,168人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1957年昭和32年)2月11日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
大形駅の位置(白新線内)
大形駅
大形駅(白新線)

目次

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅になっており、両ホームは跨線橋で連絡している[1]

当駅はジェイアール新潟ビジネス(JNB)が駅業務を受託する業務委託駅となっている。駅舎内には窓口(北口のみ)・自動改札機(各入口に2通路)・タッチパネル式自動券売機(各入口に1台)・化粧室・お知らせ標などがある。窓口の営業時間は午前7時40分から午後4時30分(8:30~午後1:20・午後2:10~午後2:40は窓口業務を休止)となっている。

窓口では切符の販売が行われているが、みどりの窓口は設置されていない。自動改札機では全通路で交通系iCカードが利用可能。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 白新線 下り 豊栄新発田方面
2 上り 新潟方面

ギャラリー編集

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は1,168人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2004年(平成16年) 1,031 [利用客数 2]
2005年(平成17年) 1,149 [利用客数 3]
2006年(平成18年) 1,069 [利用客数 4]
2007年(平成19年) 1,086 [利用客数 5]
2008年(平成20年) 1,135 [利用客数 6]
2009年(平成21年) 1,097 [利用客数 7]
2010年(平成22年) 1,052 [利用客数 8]
2011年(平成23年) 1,077 [利用客数 9]
2012年(平成24年) 1,146 [利用客数 10]
2013年(平成25年) 1,235 [利用客数 11]
2014年(平成26年) 1,193 [利用客数 12]
2015年(平成27年) 1,252 [利用客数 13]
2016年(平成28年) 1,256 [利用客数 14]
2017年(平成29年) 1,219 [利用客数 15]
2018年(平成30年) 1,168 [利用客数 1]

駅周辺編集

北口編集

北口側には教育機関である新潟県立大学新潟北高校のほか、自動車学校が所在する。

南口編集

南口側には新潟市庭球場や高速道路の新潟空港インターチェンジが所在する。

バス編集

2019年5月現在、北口ロータリー内に新潟交通グループの路線バスが発着している。ロータリー乗り入れ前は北側の県道290号線沿いに旧大形駅前バス停(徒歩5分)と石動(いするぎ)バス停(徒歩3分)があり、更に新潟北高等学校の東側にこれらの路線の折り返し地点となる北高校前バス停がある。折り返しのため反時計回りの経路を取る関係で、石動バス停は中心部方向のみのバス停である。

バス停名 方面 路線名 系統番号・行先
大形駅前
(北口ロータリー内)
郊外方面 - E50・E80・E82 北高校前行き
(既記述の通り石動バス停を経由しないため、次が終点の北高校前バス停となる)
中心部方面 E5 牡丹山線 E50 牡丹山経由 新潟駅前・万代シテイ行き
E50D 牡丹山経由 万代シテイ・古町・市役所前行き
E8 石山線 E80 東明経由 新潟駅前・万代シテイ行き
E82 山二ツ経由 新潟駅南口行き
E82D 山二ツ・東跨線橋経由 新潟駅南口・市役所前行き
  • 北高校前バス停及び石動バス停
    • 運行路線はすべて大形駅前バス停の中心部方面と同じであるので割愛。

エピソード編集

駅名の改称編集

新潟県などは新潟空港へのアクセス整備の一環として、大形駅を「新潟空港前駅」と改称し、同駅と空港とをシャトルバスで結ぶ構想を進めていることを2006年5月に明らかにした[3]。県は泉田らが立ち上げた構想に基づいてJR東日本新潟支社など関係機関に要請を行い、2007年春に予定されていたJR東日本のダイヤ改正の際、大形駅を「新潟空港前駅」に改称させる方針であった。

しかし、大形駅は空港から直線で約5km離れている[1]ことや、当駅自体も駅施設や周辺道路等の整備・再開発が不充分で、駅構内に大型車を乗り付けることができないなど、問題が多く残っていた。

それらの問題点を踏まえて、JRは2007年3月のダイヤ改正時点での駅名改称は見送った。

なお、駅名改称の類似事例としては出雲神西駅#歴史などが挙げられる。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
白新線
快速「べにばな」・快速
通過
普通
東新潟駅 - 大形駅 - 新崎駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ a b c d e f 『週刊 JR全駅・全車両基地』14号 長野駅・新津駅・高田駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年11月11日、27頁。
  2. ^ 「大形駅前」バス停移動のお知らせ (PDF) - 新潟交通 - WayBack Machineによるアーカイブ
  3. ^ 2006年5月30日、新潟日報

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 大形駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道