メインメニューを開く

大田原 庸清(おおたわら つねきよ)は、下野大田原藩の第9代藩主。

 
大田原 庸清
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦元年(1751年
死没 享和2年8月5日1802年9月1日
別名 貞之助(幼名)、庸清
戒名 振宏院殿仙桟賢道大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、山城守、飛騨
幕府 江戸幕府
下野国大田原藩
氏族 大田原氏
父母 父:大田原友清
兄弟 寿清庸清、渡辺明、多田清定、芦野資豫
正室:松平長孝の娘
光清愛清清徳(四男)

宝暦元年(1751年)、第8代藩主・大田原友清の次男として生まれる(生年は宝暦3年(1753年)6月12日説がある)。長兄の寿清が宝暦6年(1756年)に早世したため、12月24日に世子となる。明和7年(1770年)12月16日に従五位下・飛騨守に叙位・任官する。安永4年(1775年)2月8日、父の隠居家督を継ぎ、3月2日に飛騨守に遷任する。

享和2年(1802年)8月5日に江戸で死去した。享年52。跡を長男・光清が継いだ。