大友主命 (おおともぬし の みこと)あるいは大三輪 大友主 (おおみわ の おおともぬし、生没年不詳)は『日本書紀』等に伝わる古代日本豪族大御気持命出雲鞍山祇姫(いずものくらやまつみひめ)の子、大田田根子内孫三輪氏(神氏・大三輪氏・大神氏)の祖。『古事記』に記載はない。兄弟に、賀茂朝臣氏祖神である大鴨積がいる。

記録編集

先代旧事本紀』「地祇本紀」に、素戔嗚尊十一世孫で、崇神天皇の時に「大神姓」を賜ったとある。

日本書紀』巻第六によると、「一(ある)に云はく」として、新羅の王子、天日槍が艇(はしぶね)に乗って、播磨国に停留して、宍粟邑(現在の宍粟郡)に来た時、垂仁天皇が大友主と、市磯長尾市とを派遣して、「お前は誰で、どこの国の人間か」と尋ねた、とある。[1]

『書紀』巻第八の最後には、皇后の気長足姫(のちの神功皇后)が武内宿禰大臣中臣烏賊津(なかとみ の いかつ むらじ)・物部胆咋連(もののべ の いくい の むらじ)、大伴武以連(おおとも の たけもつ の むらじ)に詔をして、

「今(いま)、天下(あめのした)、未(いま)だ天皇の崩(かむあが)りますことを知らず。若(も)し百姓(おほみたから)知らば、懈怠(おこたり)(あ)らむか」 (「いま天下の人は天皇の亡くなられたことを知らない。もし人民が知ったら、気がゆるむかも知れない」)訳:宇治谷孟

とおっしゃられ、4人の大夫(まえつきみ)に命じて、百寮を率いさせ、(仲哀天皇がなくなったばかりの)宮中を守らせた、という[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』垂仁天皇3年3月条
  2. ^ 『日本書紀』仲哀天皇9年2月5日条

参考文献編集

関連項目編集