メインメニューを開く

大見 正(おおみ せい、1958年6月20日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(3期)、元愛知県議会議員(3期)、元安城市議会議員(2期)。

大見 正
おおみ せい
生年月日 (1958-06-20) 1958年6月20日(60歳)
出生地 愛知県安城市
出身校 関西外国語大学外国語学部英米語学科
所属政党 自由民主党麻生派
称号 学士
親族 祖父・大見為次(初代安城市長)

選挙区愛知13区→)
比例東海ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[1] - 2019年1月27日

選挙区 安城市選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年4月30日 - 2012年12月4日

当選回数 2回
在任期間 1995年5月1日 - 2003年3月31日[2]
テンプレートを表示

祖父は初代安城市長大見為次[3]

目次

来歴編集

愛知県安城市生まれ(現住所は安城市新田町)[4][5]。安城市立安城中部小学校、安城市立安城北中学校、愛知県立刈谷北高等学校関西外国語大学外国語学部英米語学科卒業[6]。2年の会社勤めを経て衆議院議員浦野烋興の秘書となる[7]

1995年4月、安城市議会議員に初当選。1999年に再選。

2003年の安城市長選挙で、大見正は自民党安城市支部長の大見志朗県議とともに市議の神谷学の支援に回った。市長選は2月2日に行われ、神谷が現職の杉浦正行を破り初当選。大見志朗は同年4月の愛知県議会議員選挙への不出馬をすでに表明しており、大見正を後継者に選んでいた[8]。ところが党県連は大見だけでなく、市長選で杉浦を支援した元市議の神谷清隆にも公認を出したため、安城市選挙区(定数2)は自民党新人が新市長派と旧市長派に分かれる代理戦争の様相を呈した。結果はトヨタ系労組を票田にもつ民主党の仲敬助が1位当選、大見が2位当選、神谷は次点で落選となった[9]

2011年4月、3期目の当選を果たす。同年5月16日、自由民主党愛知県議員団の政調会長に就任[6]

衆議院議員初当選、安城市長選挙に出馬編集

2012年9月10日、自民党愛知県連は大見の衆院選出馬表明の記者会見を設定。しかし一部先行報道を疑問視した大見は会見場で不出馬を表明。10月9日に改めて出馬表明を行った[10]。同年12月の第46回衆議院議員総選挙愛知13区から自民党公認で立候補。次点の民主党大西健介に1483票差で勝利をおさめる(大見:98,670票、大西:97,187票)[1][11]。大西は比例復活で当選。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙は大西に敗れるも、比例復活で再選。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙も大西に敗れるも、比例復活で3選[12]

2018年12月4日、任期満了による安城市長選挙に立候補する意向を固め[13]、12月14日に正式に出馬表明をした。主な選挙公約は名鉄西尾線県道76号豊田安城線交差部の高架化、アニメ・コスプレイベントの開催、着衣水泳授業の全校実施など。

2019年1月27日の市長選告示日に立候補したことにより衆議院議員を退職(失職)し、青山周平繰り上げ当選することになった[14]。市長選は2月3日に行われ、現職の神谷学連合愛知推薦)、元市議の永田敦史(日本維新の会減税日本推薦)[15]を相手に戦うも現職の神谷に敗れ次点で落選した[16][17]。選挙期間中、石破茂河野太郎とともに遊説し国政とのパイプをアピールしたが、自民系市議が大見派と神谷派に分かれたことが票に影響を及ぼした[18][19]

政策・主張編集

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月18日愛知県選挙管理委員会告示第111号(衆議院小選挙区選出議員選挙の当選者)
  2. ^ 安城市議会会議録 平成15年4月 臨時会(第1回) 04月08日-01号。
  3. ^ 衆院選2017 候補者の横顔 13区・14区/愛知”. 毎日新聞 (2017年10月19日). 2017年10月20日閲覧。
  4. ^ 中日新聞』2017年10月11日、23面。
  5. ^ 平成29年10月22日執行衆議院小選挙区選出議員選挙候補者一覧表 (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年11月30日閲覧。
  6. ^ a b Profile of 衆議院議員 大見 正の公式ホームページ
  7. ^ 事務所案内と略歴大見正 Say’s Pages
  8. ^ 『中日新聞』2003年1月30日付朝刊、26面、「選択の時あいち知事選 安城市長選応援できぬ理由」。
  9. ^ 『中日新聞』2003年4月14日付朝刊、県内総合、9面、「安城市 現市長派が初当選 大見さん 市長選の追い風乗る」。
  10. ^ 『中日新聞』2012年10月10日付朝刊、県内版、16面、「衆院選13区 『政治立て直しを』 自民 大見県議が出馬表明」。
  11. ^ 愛知県選挙管理委員会 (2012年12月17日). “第46回衆議院議員総選挙(小選挙区) 開票状況速報 (PDF)”. 2015年5月13日閲覧。
  12. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  13. ^ 『中日新聞』2018年12月5日付朝刊、26面、「安城市長選 大見氏出馬へ 衆院議員『国会閉会後に表明』」。
  14. ^ “自民・青山氏が衆院比例繰り上げへ 東海、大見氏が自動失職”. 産経新聞. (2019年1月27日). https://www.sankei.com/politics/news/190127/plt1901270013-n1.html 2019年1月27日閲覧。 
  15. ^ “安城市長選、3氏の争い 保守分裂、激戦予想”. 中日新聞. (2019年1月28日). http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019012802000081.html 2019年1月28日閲覧。 
  16. ^ 平成31年2月3日執行 安城市長選挙 速報集計表 (PDF)”. 安城市役所 (2019年2月3日). 2019年2月3日閲覧。
  17. ^ 四方さつき (2019年2月4日). “神谷さん5期目感慨 安城市長選「新たな気持ち」”. 中日新聞. http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190204/CK2019020402000108.html 2019年2月4日閲覧。 
  18. ^ 『中日新聞』2019年1月31日付朝刊、26面、「愛知3市長選熱く 安城 保守分裂三つどもえ」。
  19. ^ “安城市長に神谷氏5選”. 中日新聞. (2019年2月4日). http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019020402000102.html 2019年2月4日閲覧。 
  20. ^ a b c 中日新聞(2017年10月17日、19面、衆院選候補者アンケート)
  21. ^ a b c “2012衆院選 愛知13区 大見正”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A23013001001 2014年6月27日閲覧。 
  22. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  23. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク編集