メインメニューを開く

大阪府道4号茨木能勢線

日本の大阪府の道路
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

大阪府道4号茨木能勢線(おおさかふどう4ごう いばらきのせせん)は、大阪府茨木市豊川1丁目から豊能郡能勢町栗栖に至る府道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svg
大阪府道4号標識
大阪府道4号 茨木能勢線
主要地方道 茨木能勢線
総延長 36.6 km
制定年 1969年
起点 茨木市豊川【地図
主な
経由都市
箕面市
豊能郡豊能町
終点 豊能郡能勢町栗栖【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0171.svg 国道171号
Japanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道1号標識
大阪府道1号茨木摂津線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道43号標識
大阪府道43号豊中亀岡線
Japanese National Route Sign 0423.svg 国道423号
Japanese National Route Sign 0477.svg 国道477号
Japanese National Route Sign 0173.svg 国道173号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

勝尾寺周辺で紅葉シーズンや正月にマイカー参拝者による渋滞が発生するものの、主に山間部を通行する道路であるため交通量はさほど多くなく、歩道は設置されていない区間が多い。

全区間通して概ね往復2車線となっているが、能勢町猪ノ子峠周辺に未舗装区間が存在する。

箕面市には終日二輪車通行止め、夜間は自動車通行止めとなる区間がある。豊能町にも二輪車終日通行止めとなる区間があり、二輪車では全区間通しで通行することはできない。規制の理由は「大型車の通行が多いことから二輪車の安全を確保するためと、ローリング族対策」となっているが、実効性に疑問を持つ声もある[1]

路線データ編集

歴史編集

1969年昭和44年)12月 - 大阪府一般府道3号として認定。 1972年(昭和47年)7月 - 主要地方道へ昇格。 1984年(昭和59年)3月 - 府道番号整理で大阪府道4号となる。

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

 
名月峠(能勢町)

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
本滝寺付近

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本二輪車普及安全協会「二輪車通行禁止の現場から(大阪編)」https://www.jmpsa.or.jp/society/roadinfo/201207.html
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集

外部リンク編集