メインメニューを開く

大阪経済大学硬式野球部

大阪経済大学硬式野球部(おおさかけいざいだいがくこうしきやきゅうぶ)は、関西六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。大阪経済大学の学生によって構成されている。

創部編集

歴史編集

大阪経済大学の前身である浪華高等商業学校の開設1932年(昭和7年)と同時に創部。1935年(昭和10年)昭和高等商業学校に改称後1937年(昭和12年)関西学生野球連盟(旧連盟)に加盟。戦後の学制改革により1949年(昭和24年)大阪経済大学発足。

戦時命令による学生野球中断期を経て1951年(昭和26年)近畿大学野球連盟(現・近畿学生野球連盟)に加盟。1962年(昭和37年)発足の関西大学野球連合下の近畿大学野球連盟に於いて1部リーグ優勝15回。[1]

入れ替え戦 戦績[2]

[関西大学野球連合下の近畿、京滋阪神各リーグ優勝校による三大学リーグ首位決定戦を経て]

1966年(昭和41年)秋季 対同志社大学 敗退

1970年(昭和45年)春季 対大阪商業大学 敗退

1974年(昭和51年)春季 対近畿大学 敗退

1980年(昭和55年)春季 4度目の入れ替え戦(対神戸学院大学)に勝利し、旧関西六大学リーグに初昇格、1980年(昭和55年)秋季いきなり初優勝を果たし関西大学野球連合代表として第11回明治神宮野球大会に初出場する。[3]

翌年春季には一転最下位となり入れ替え戦(対関西学院大学)にも敗退し降格となり浮き沈みの激しい成績を残す。

1982年(昭和57年)関西大学野球連合が解体した後は、新生の関西六大学野球連盟に移籍する。

新生・関西六大学野球連盟時代

1984年(昭和59年)春季に新リーグ初優勝しその勢いで第33回全日本大学野球選手権大会 関西地区代表校決定戦を勝ち抜き当時の関西地区代表2枠の第一代表で同大会に初出場。1回戦で島根大学に6-10で敗戦したが[4]1試合10盗塁は2019年(令和元年)時点でも大会記録である。[5]

1991年(平成3年)秋季リーグ優勝後の第22回明治神宮野球大会 関西地区代表決定戦を有働克也を擁して優勝し[6]当時の同大会関西地区代表1枠を掴み取り2回目の出場を果たす。初戦で優勝校となる愛知学院大学に延長戦の末1-2で惜敗。[7]

2007年(平成19年)春季・秋季連覇時の中心メンバーで第56回全日本大学野球選手権大会、第38回明治神宮野球大会出場の原動力となり、プロ野球チーム読売ジャイアンツオリックス・バファローズでプレー経験を持つ山本和作が、2016年(平成28年)に監督就任。[8]

本拠地編集

記録編集

主な出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 近畿学生野球連盟 一部リーグ歴代優勝校”. univbbl.web.fc2.com. 2019年11月13日閲覧。
  2. ^ 旧関西六大学野球連盟 歴代優勝校”. univbbl.web.fc2.com. 2019年11月13日閲覧。
  3. ^ 明治神宮鎮座60年記念 第11回明治神宮野球大会(大学の部)”. univbbl.web.fc2.com. 2019年11月16日閲覧。
  4. ^ 第31回大会~第33回大会”. www.jubf.net. 2019年11月16日閲覧。
  5. ^ 全日本大学野球選手権 大会記録(チーム成績)”. www.jubf.net. 2019年11月12日閲覧。
  6. ^ 関西地区大学野球選手権大会 歴代優勝校”. univbbl.web.fc2.com. 2019年11月13日閲覧。
  7. ^ 第22回明治神宮野球大会(大学の部)”. univbbl.web.fc2.com. 2019年11月13日閲覧。
  8. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “「母校に恩返ししたい」元オリックス、山本和作氏が母校・大阪経済大の監督に” (日本語). 産経WEST. 2019年11月12日閲覧。
  9. ^ 1971年ドラフト会議 ドラフト指名選手一覧表” (日本語). プロ野球ドラフト会議ドットコム (2019年3月17日). 2019年12月2日閲覧。
  10. ^ 1974年ドラフト会議 ドラフト指名選手一覧表” (日本語). プロ野球ドラフト会議ドットコム (2019年3月17日). 2019年12月2日閲覧。
  11. ^ 1983年ドラフト会議 ドラフト指名選手一覧表” (日本語). プロ野球ドラフト会議ドットコム (2019年3月17日). 2019年12月2日閲覧。
  12. ^ ヤクルト、人事異動発表 小林昌幸氏が常務取締役に昇任” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年3月24日). 2019年12月2日閲覧。

外部リンク編集