メインメニューを開く

尿失禁編集

小便を自分の意思によらず排泄してしまうこと。睡眠中に無意識のうちに小便を漏らしてしまう場合を寝小便おねしょと呼ぶ。

便失禁編集

大便を自分の意思によらず排泄してしまうこと。睡眠中に無意識のうちに大便を漏らしてしまう場合を寝糞と呼ぶ。

特殊な状況での失禁編集

情動失禁編集

感情失禁とも。些細なことで大喜びしたり激怒するなど、喜び怒りなどの感情が正常の人々よりも簡単に多く漏れること。脳血管性認知症に特異的な症状。なおこの場合の失禁とは排尿・排便ではなく、泣く(を流す)ことである。

急性ストレス反応による失禁編集

極限状態における急性ストレス反応により、大小便を失禁してしまう症状。

絞首刑による失禁編集

絞首刑された際に小便、大便が漏れてしまうことがある。首から下の神経が切断され内臓臓器筋肉が緩むのが原因とされている。

分娩による失禁編集

分娩時のいきみで失禁する場合がある。それを防ぐために、事前に浣腸、摘便、導尿により排泄させる。

性的快楽のための失禁編集

快感・快楽を目的として、故意に失禁や浣腸による便失禁を行う場合がある。詳しくは糞尿愛好症を参照。

失禁を扱うメディアにおけるセクシュアリティへの態度編集

排泄物の使用に関するフェチ活動のほとんどは一般の人々から「 ハードコア 」、タブー 、およびエッジプレイであると見なされている [1]。しかし、フェチの対象は失禁用の服を着ているため、内容に失禁を含むフェチ向けの映像には、必ずしも直接的な性的接触が含まれるわけではないという特徴がある。衣服の着用やよりあからさまに性的な着衣の画像に焦点を作る衣服のフェティシズムにに代表される失禁への性的興奮には、以下のような顕著な特徴が挙げられる。一般的に女子学生作業専門家が着用した衣類や下着を対象とし、必要性に屈する前に威厳を見せようとして他人に排尿を行わせるなど。

日本のサブカルチャー編集

日本ではオモラシフェティシズムが実践されている多くの方法がある。

野外編集

そのバリエーションの1つは、「お漏らし野外」として知られており 、「屋外で(または公的に)自分自身を濡らすために」という意味である。更なる変形は、野外放尿、または「屋外(又は公衆)排尿」、被験体は、公的排尿するために自分の服を脱ぐ。その他の野外放尿実践グラフィティアーティストのように動作し、捕らえられることなく公の排尿行為を試みる [2]

おむつ編集

オモラシ遊びの別の変形はオムツオモラシまたはオムツプレイ(おむつ・プレイ)であり 、あまり一般的ではないがオシメオモラシとも呼ばれ、両方とも「おむつに身を濡らす」と言い換えられる。このオムツのバリエーションは、参加者がおむつをつけていることを除けば、標準のオモラシと基本的には同じ。おむつはより目立たなくして混乱をなくすので、公衆での濡らし行為に有効ではあるが、使用はおむつフェチを有する人々に特に限定されない。しかし、サブカルチャーのこの側面に特に興味を持っているオモラシフェティシストは、おむつ愛好家コミュニティで日本での変種と考えることもできる。

成人用おむつの使用に対する日本の受け入れは比較的高く、そのような製品の市場は年に6〜10%も成長している [3]。しかしながら、これらは主に高齢者を対象としており、日本の人口の高齢化による成長を伴い、身に着けている若い人たちは何らかの批判を浴びてきた。2012年には、日本の雑誌SPAが「The Slowの究極の形」と題する記事を掲載。これは、公衆トイレを避けるためにおむつを着用する若い日本人女性の傾向を批判している。この記事には、「トイレに行く代わりに」「おおむね毎日」というおむつを付けていた25歳の女性へのインタビューが掲載された [4]

スカートおもらし編集

女性がスカート着用で漏らすとき、事故ということでアップスカートの景色を見込めるのが魅力的であると感じる行為である。これは統一的なフェティシズムと組み合わせることができ、さらに、女子高生や会社員に扮したスカートのパフォーマーとポルノ、そしてカジュアルな服装のスカートをはく女性の描写が一般的である。

フェチ映画編集

実際のセックスや陰毛の描写を制限する日本の厳格な検閲法を避けるために、エロティック映画(ピンク映画として知られている )は、そのような制限を回避することができるフェチ要素にしばしば頼っていた。こうした映画の1つ、1973年の恐怖女子高校 暴行リンチ教室は、映画でオモラシ描写を描いた最初の映画である。

1980年代にAV (アダルトビデオ)ジャンルが登場するにつれて、特にオモラシ専用のビデオが登場し始めた。桜田さくらなど注目すべきAVアイドル数人は、そのような作品で主演をつとめた。しかし、おそらくそのソフトコアな描写のため、オモラシは明らかにポルノのジャンルにはならなかった。

今日では、日本のオモラシファンは、競技者が様々な尿を飲むことに挑戦しなければならないようなゲームショースタイルのポルノビデオも楽しんでいる [5]。 Giga [6]ビデオ会社の「絶望トーナメント」シリーズはこの種のコンテスト物の一例。膀胱を握るため、またはどの女性が最もトイレを使用するかを推測して競う競技を描く。

定期刊行物編集

1990年代以降、日本へのケータリングの雑誌社キンクコミュニティが最も顕著にomorashiサブカルチャーに特化した雑誌の数を生産しているのが三和出版の Omorashi Club(倶楽部はClubを音声的に当て字された和製英語おもらし倶楽部)。 1994年9月22日に創刊されたオモラシクラブの成功により、サンワは2006年にDVDマガジンなどブランドを拡大する。翌年、スピンオフで特にomorashiオムツを材料としてケータリング需要というファンダムによってオムツクラブ (おむつ倶楽部、またはオムツ倶楽部 )の定期刊行するというさらなる拡大につながった。この雑誌創刊号は売り切れ、現在コレクターアイテムと化した。

アニメとマンガ編集

日本製のオモラシメディアには、 漫画アニメカートゥーンも含まれている。これらは、独立して製造された同人誌から、商業的に製造された大型の漫画まで多岐にわたる。オモラシストーリーだけに焦点を絞ったものもあれば、時折現れるシーンだけを含むものもある。明らかに性的なテーマを含んでいるものもあり、H漫画の一種と見なすこともできるものもあるが、 いいなり! あいぶれーしょんようにものもありますが、あいぶれーしょんは、パンチラのような軽度のエッチ成分しか含まれていないため、あらゆる年齢層に適していることがよく知られている [7] 。Omorashiマンガも、 Omujo!のように、既存のジャンルの典型を採用しながら、濡れシナリオに焦点を移している。典型的なハーレムの図式に従うが、Omutsu Joshi という彼らのパンティーを濡らしておむつを着用する10代のキャラクターを特色にしている。

1970年代の人気ドラえもんデビルマンの シリーズとして早くも濡れたシーンがアニメに存在していたが、これらは現代のオモラシメディアを特徴付けるエロティックなコンテキストを持ってはいなかった。なぜならHアニメはワンダーキッズのロリータアニメのような最初のHアニメOVAの出現がある1984年まで利用できなかったからで、ホームビデオの普及により可能になる。この後のエロティックなコンテキストの一例は1994年のHアニメOVAヴィジョナリイで、これは明らかに性的な設定で失禁の場面を特徴としている。

ユーザーが自分の写真をアップロードして見ることができるサイトもあり、それはfanartか漫画、時々関与するGIFがある。そのようなファンアートの最も有名なサイトはomorashi.orgで、これらの掲載写真はおそらく既存のアニメやゲームのキャラクター(SAOやTouhou)のファンアートであるが、いくつかには自身の写真も掲載されている。

エロゲー編集

erogeero tic ga me、アダルトゲーム)は、通常アニメスタイルのアートワークという形で、エロティックなコンテンツを扱う日本のビデオゲームまたはコンピュータゲームです。オモラシとアニメファンが交わることで、『ウォームクローゼット:禁じられた商工会議所』など、オモラシに焦点を当てたゲームが数多く生み出されています。欧米でのオモラシの人気は低いが、スクリーン上のテキストを英語に翻訳する日本のゲーム用のソフトウェアパッチを作成することが現場の多くのプログラマーに促されている [8]

一部のエロゲゲームデザイナーは、セールスポイントとしてゲームに時折濡れシーンを含めることで、オモラシファンダムのニッチ市場を利用している [9]。たとえば、おむつのような濡れシーンしか含まないMAID IN HEAVEN SuperS [10]ではスピンオフで、さまざまなおもらしポーズの中のコレクターズフィギュアセット全体に活用[11]。なおこれらのPVC モデルは、玩具メーカーGiga Pulseによって作成されたものであるが、類似の名前のビデオ会社とは関係はない。

コレクターグッズ編集

ファイル:Shizukuishi kyuun kyuun toilet paper.jpg
コレクシブルしずくししきゅんくんゅんトイレットペーパーのプロモーションイメージ、おもらし漫画いいなり! あいぶれーしょんイメージ

オモラシのマンガへの翻訳とそれに続くオタクファンドムの採用により、日本の市場には置物[12] [13]や「しずくしきゅんくんトイレットペーパー」 [14]など多くのオモラシをテーマにしたグッズが登場した。おもらしマンガ「いいなり! あいぶれーしょんのキャラクター「しずくし」のシーンが登場する [7]

日本国外編集

こうしたフェティシズムに捧げられた小さなコミュニティが日本国外にもあるが、それは通常、もっとハードコアなフェティッシュ、 喉頭症 、および咽頭痛症によって隠されている。 Vice Mediaは、少なくとも1970年以来、 アメリカに存在するオモラシコミュニティの説明を記録してきた [15]。海外のオモラシグループは、共通の関心を「絶望/濡れ」フェティシズムと呼ぶことがある。女性を中心とした英語のWebサイトでは、単に「パンティ濡れ」と識別されることがあり、そのようなサイトは濡れないための努力を意味する「絶望」タイトルを放棄するため、それらはヌード、明白な性的モデルおよび状況、さらには意図的な(偶然とは対照的な)濡れを含む可能性が高い。オモラシのよりおとなしい、またはソフトコアな側面に焦点を当てているコミュニティもあり、それは一般的に明白な性的モデルや状況なしで完全にまたは半まとまった状況で単純なぬれに焦点を当てている。しかし、このソフトコアサイドは、英語を話すコミュニティでは、より明示的な性的オモラシコンテンツよりもまれである。

一般に失禁を基にした遊びはあまり受け入れられていないが、最近のイギリスでの研究では、性行為中の尿失禁が性的に活発な女性の24%に見られる「一般的だがめったに願されない症状」であることが示された。さらに、これらの症状に関連した膀胱機能の特定の異常との関連性は確認できず、このような漏出は正常でも健康でもあることを示している [16] [17]

西洋の出版物とメディア編集

多くの国で尿に対する不名誉のために、おもらしのサブカルチャーは日本以外のメディアで多様な露出を受けていない。いくつかの国では、政府はそのような物質を禁止にしていた。たとえばニュージーランドでは、「衰弱または非人道的行為または性的行為に関連した尿または排泄物の使用」を促進または支援するものを作成、取引、配布(例:自分のWebページで利用可能にする)することは最大で十(10)年以上の懲役刑である [18] [19]。それにもかかわらず、排尿はポルノでは一般的なフェチ要素で、アメリカで最初に作られたポルノ映画として広く考えられている1915年の映画A Free Rideには、排尿の場面が含まれている。

印刷物編集

西洋で性的な文脈で現れる排尿とスカートの濡れの初期の例は、1928年のエロティックな小説 Story of the Eyeで見つけることができる。

日本以外でのオモラシ定期刊行物には、オーストラリアを拠点とて国際的に配布されている[20] Wet Set Magazineがある。ウェブサイト上のウェルカムヘッダには以下のように書かれている。 [21]

ウェットセットの出版物はもともと英語圏でしか入手できなかったが、ドイツ語圏の国々での読者の数が、ドイツ語で一部の資料を印刷することを正当化するのに十分高いことが証明された。

ウェットセットは一般的に他のどの国よりも比較的大きいアジアのファン層を認めていないが、欧米のオモラシ支持者の中にはアジアの影響を認めている。たとえば、2006年2月号のThe Brooklyn Railで、カリフォルニア州オークランドのアメリカ人詩人Garrett Caplesが、日本の舞台でのオモラシ映画の撮影について説明することを選んでいる [22]

BDSM編集

オモラシはBDSMでなされるかもしれないが、そこで支配人が服従し浴室を使うことを制限制御するというのを時にbathroom use controlと呼ばれ [23] 2002年に受賞した映画「セクレタリー」は、服装を濡らしている服従をもたらすbathroom use controlの場面を描いた。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Taboo: Bodily Fluids”. 'Matthewhunt.com'. 2007年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  2. ^ Hentai dictionary: Japanese perversions, fetishes and AV slang”. 'Hellodamage.com'. 2010年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ “Adult Diapers To Outsell Baby Diapers in Japan By 2020: Report”. HuffPost. (2013年7月11日). http://www.huffingtonpost.com/2013/07/11/adult-diaper-japan_n_3580553.html 
  4. ^ ズボラの最終形か? オムツ女子の生態”. nikkan-spa.jp. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ The R Videos”. Kokoro-soft.com. 2013年9月5日閲覧。
  6. ^ 無題ドキュメント”. Giga-freeks.net. 2010年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  7. ^ a b Iinari! Aibure-shon toilet paper”. Canned Dogs. 2007年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月4日閲覧。
  8. ^ Google page”. 2014年9月16日閲覧。
  9. ^ Information about: MAID iN HEAVEN SuperS / めいどいんへぶんすーぱーす”. Doujinshi.mugimugi.org (2013年11月3日). 2014年7月4日閲覧。
  10. ^ Information about: MAID iN HEAVEN SuperS / めいどいんへぶんすーぱーす”. Doujinshi.mugimugi.org (2013年11月3日). 2014年7月4日閲覧。
  11. ^ Maid in Heaven Supers: Beach Vol. 2 Set of 4 – Maid in Heaven Supers Action Figures”. 'Tisinc99.com' (2003年7月15日). 2013年12月22日閲覧。
  12. ^ Leon (2010年8月7日). “Queen's Gate Urinating Alice Figure”. Sankaku Complex. 2013年12月22日閲覧。
  13. ^ Shingo (2008年8月24日). “Iinari! Aibure-shon gets the figure treatment”. Heiseidemocracy.com. 2013年9月5日閲覧。
  14. ^ いいなり!あいぶれーしょん " いいなり!あいぶれーしょん " 雫石きゅんきゅんトイレットペーパ− | キャラクターグッズ&アパレル販売のコスパ”. 'Cospa.com'. 2013年9月5日閲覧。
  15. ^ The Women and Men Who Get Turned on by Needing to Pee”. 2018年10月3日閲覧。
  16. ^ Khan, Z.; Bhola, A.; Starer, P. (1988). “Urinary incontinence during orgasm”. Urology 31 (3): 279–282. doi:10.1016/0090-4295(88)90160-4. PMID 3347980. 
  17. ^ Hilton, P. (1988). “Urinary incontinence during sexual intercourse: a common, but rarely volunteered, symptom”. British Journal of Obstetrics and Gynaecology 95 (4): 377–381. doi:10.1111/j.1471-0528.1988.tb06609.x. PMID 3382610. 
  18. ^ Text of the law”. 2014年9月16日閲覧。
  19. ^ Description of ten-year penalty”. Censorship.dia.govt.nz. 2013年9月5日閲覧。
  20. ^ Wet Set Magazine”. 2014年9月16日閲覧。
  21. ^ wetset”. 2014年9月16日閲覧。
  22. ^ Caples. “The Omorashi Girls”. 'Thebrooklynrail.org'. 2009年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  23. ^ BDSM Survey – Bathroom use (Control)”. Cynyster.com (2009年10月29日). 2013年6月9日閲覧。
引用された作品
  • Weisser, Thomas; Weisser, Yuko Mihara (1998). Japanese Cinema Encyclopedia: The Sex Films. Miami: Vital Books: Asian Cult Cinema Publications. ISBN 1-889288-52-7.  Weisser, Thomas; Weisser, Yuko Mihara (1998). Japanese Cinema Encyclopedia: The Sex Films. Miami: Vital Books: Asian Cult Cinema Publications. ISBN 1-889288-52-7.  Weisser, Thomas; Weisser, Yuko Mihara (1998). Japanese Cinema Encyclopedia: The Sex Films. Miami: Vital Books: Asian Cult Cinema Publications. ISBN 1-889288-52-7.