奥白滝信号場

かつて鉄道駅だった、北海道遠軽町に存在する北海道旅客鉄道の信号場

奥白滝信号場(おくしらたきしんごうじょう)は、北海道紋別郡遠軽町奥白滝にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線信号場である。電報略号オク。2001年まではであった。

奥白滝信号場
Okushirataki signalbase02.JPG
奥白滝信号場 上越方(2009年6月)
おくしらたき
Oku-Shirataki
上越(信) (9.0 km)
(8.3 km) 白滝 A45
所在地 北海道紋別郡遠軽町奥白滝
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石北本線
キロ程 73.9 km(新旭川起点)
電報略号 オク
駅構造 地上
ホーム 2線
開業年月日 1932年(昭和7年)10月1日
備考 駅として開業。2001年(平成13年)7月1日より信号場。
上川 から29.0km。
テンプレートを表示
保線詰所(旧駅舎)
列車内から見た旧駅舎(2016年8月)
1977年の奥白滝駅と周囲約500m範囲。右が遠軽方面。木々の影で判り難いが、少しずれた相対式ホーム2面2線を有しており、かつては駅裏に原木が野積みされたストックヤードと貨物積卸線が敷かれていたが[1]、ヤードは植栽された木々ですっかり覆われ、積卸線の遠軽側が切られて保線用の引込み線になっている。現在はホームが全て撤去されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

歴史編集

構造編集

2線あり列車交換が可能。駅時代は相対式ホーム2面2線を有していた。上越方に側線が1本ある。

旧駅舎は保線要員の詰所として使用される。正面入口は板で塞がれている。

周辺編集

北見峠の白滝側の途中である。

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
石北本線
上川駅 (A43) - (中越信号場) - (上越信号場) - (奥白滝信号場) - *上白滝駅 (A44) - 白滝駅 (A45)
*打消線は廃駅

脚注編集

  1. ^ 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス 1948年米軍撮影航空写真 USA-R345-34 等で、当駅から原木が搬出されていた頃の様子が確認できる。
  2. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』28号・釧網本線/石北本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月31日、22-23頁。
  3. ^ “マチの盛衰見つめ70年 さよなら奥白滝駅 30日で廃止 有志らが記念式”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2001年6月27日)

関連項目編集