女と女と女たち』(: Sette volte donna: Woman Times Seven)は、1967年イタリアフランスアメリカ合衆国の共同制作による映画

女と女と女たち
Sette volte donna
監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本 チェザーレ・ザヴァッティーニ
製作 アーサー・コーン
出演者 ピーター・セラーズ
音楽 リズ・オルトラーニ
撮影 クリスチャン・マトラ
配給 エンバシー・ピクチャーズ
公開 日本の旗 1968年5月17日
上映時間 99分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 イタリア語
興行収入 $1,100,000[1]
テンプレートを表示

7本の作品から成るオムニバス映画で、ほとんどの話が姦淫を扱っている。ヴィットリオ・デ・シーカ監督。全話にシャーリー・マクレーンが出演している。

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1972年10月30日『月曜ロードショー』)

第1話・葬列

第2話・ポン引き

第3話・豹変

第4話・スーパー・シモーヌ

第5話・時限爆弾

第6話・心中

第7話・雪の日

その他

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ Silverman, Stephen M (1988). The Fox that got away : the last days of the Zanuck dynasty at Twentieth Century-Fox. L. Stuart. p. 326. https://archive.org/details/foxthatgotawayt00silv 
  2. ^ カメオ出演・ノンクレジット
  3. ^ 声の出演

外部リンク編集