メインメニューを開く

妻木 頼忠(つまき よりただ)は戦国時代武将美濃国土岐郡妻木城主(第13代目)。妻木貞徳の子で、妻木広忠の孫(寛政重修諸家譜の記述から広忠と貞徳の血縁を否定する説もある)。子に妻木頼利がいる。

 
妻木 頼忠
時代 戦国時代 - 江戸時代
生誕 永禄8年(1565年
死没 元和9年10月2日1623年11月23日
改名 家頼→頼忠
別名 雅楽助、宗銕(法名)
墓所 岐阜県土岐市崇禅寺
官位 従五位下長門守
主君 森長可
氏族 妻木氏
父母 父:妻木貞徳
母:延友信光(土岐三郎兵衛)の娘
兄弟 頼忠之徳重慶寺沢広高
頼利頼遠康広、娘(馬場利重妻)

目次

生涯編集

森家に服する編集

天正10年(1582年本能寺の変の後に起きた山崎の戦いで祖父の広忠が自刃し、織田信長馬廻であった父の貞徳も美濃国妻木村で隠居したため、頼忠が妻木城を継ぐことになった。その頃森長可可児郡加茂郡内の反抗する勢力の掃討を開始。これを平定した森長可は更に土岐郡恵那郡にも侵略の手を伸ばし、手始めに高山城平井頼母に使者を送り、城を明け渡すように要求したが、これに応じなかったため自刃に追いこみ、その後肥田氏を入城させた。次に妻木城にも使者を送ったが、頼忠は拒否したので森長可は豊前市之丞を総大将とした兵を妻木城に送った。頼忠は城の兵を集めて奮戦したが、勝てる見込みがなかったので和議にもちこみ、森長可の家臣になった。この時、人質として2人の弟ら妻木一門らが金山城下への移住を強制されている。また、一時的に妻木城代は林為忠となっている。

天正12年(1584年小牧・長久手の戦いの際に頼忠は森長可の家臣だったため豊臣秀吉側についた。愛知県春日井市岐阜県多治見市の境にある内津峠に布陣した。この時、敵と交戦した際に麓にある町や内津神社などが焼失したという。長可戦死後は跡を付いだ森忠政に仕えた。この頃、ある程度信任を得た頼忠は林為忠の高野城代転身に伴い妻木城代に復している。慶長5年(1600年)の森忠政の信濃国川中島転封には同行せず美濃に残り、変わらず妻木城を領した。その後、徳川家康と通じて度々書状を交わし、上方の情報収集など諜報活動を行った(関ヶ原合戦前後の徳川家康文書も参照)。

関ヶ原の戦い編集

同年、関ヶ原の戦い(東濃の戦い)の際には徳川家康側につき、頼忠はこの地域を守るよう命じられ、父である妻木貞徳と共に岩村城主の田丸直昌と戦った。田丸直昌の家臣である田丸主水は妻木城から近い所にを築き、諸将の行動を封じ鎮圧しようと試みたが、頼忠は岩崎城主である丹羽氏次らを誘って田丸領の各所に放火して対抗し、高山城の城攻めを図ったが、田丸軍は高山城に火を放ち土岐砦へ退却して立て籠もった。頼忠は田丸軍の退路を完全に遮断するため現在の瑞浪市寺河戸町付近に砦を築いた。このほか、田丸領内である明知城小里城は岩村城の支城となっていたので城番が居城していたが、元の城主である遠山利景小里光親は徳川家や頼忠らの支援を受けて、まず明知城と小里城の攻撃を始めてその日に明知城を、翌日に小里城を奪回することに成功し、遠山利景、小里光親は城に戻ることができた。その後、岩村城を攻めようとしたが、攻略難落の城なので苦戦していたが、しばらくすると関ヶ原の戦いが終わり、東軍の勝利によって城主田丸直昌も東軍に降り、岩村城を守備していた田丸主水も遠山利景に城を明け渡した。

その戦功により慶長6年(1601年)に頼忠は徳川家康から改めて土岐郡内7,500石を所領として与えられた。その頃にはこの城はほとんど使用されず、妻木氏は山麓にある居館にいた。

その後、佐和山城加納城の普請奉行を務める。大坂夏の陣では松平乗寿の隊に属し、戦功を挙げた。元和9年(1623年)、59歳で死去。

外部リンク編集