メインメニューを開く

姓氏学(せいしがく)とは、人間の名字について研究する学問である。民俗学の一種に分類される。

概要編集

日本人の名字は、種類数が多く、それぞれの名字の起源、発祥が複雑で、他国と比べて発達した学問となっている。学問を進めていく上で、地名、家名、家紋、墓、仏足石などの調査といった作業を伴う。

多くの国々では名字についての研究はOne-name study(1つの名の学問)という学問で行われている。この学問は、20世紀後半の英国で栄え、現在では多くの先進国で研究が進められている。

代表的な学者編集

関連項目編集