宇田川優希

日本のプロ野球選手 (1998-)

宇田川 優希(うだがわ ゆうき、1998年11月10日 - )は、埼玉県越谷市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

宇田川 優希
オリックス・バファローズ #14
2022年9月27日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県越谷市
生年月日 (1998-11-10) 1998年11月10日(25歳)
身長
体重
184 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 育成選手ドラフト3位
初出場 2022年8月3日
年俸 4800万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2023年
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2023

経歴 編集

プロ入り前 編集

日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれ[2]越谷市立宮本小学校[3]2年生のときに兄の影響で少年野球チームの『宮本ジャイアンツ』に加入し、野球を始める。越谷市立西中学校では軟式野球部に所属[4]。中学時代は投手として起用されることもあったが、制球難から試合を作れないことが多く[5]、主に捕手を務めていた[6]

八潮南高校へ進学し、硬式野球部の新入生挨拶では「自分はこの八潮南でエースになりたいです」と話したが、齋藤監督は宇田川を投手としては意識していなかった[5]。ただ、2014年6月のBチームの練習試合にて、チームを指揮した市川部長が宇田川を先発投手に抜擢すると、2失点完投と好投し、本格的に投手を務めるようになった[6]。3年夏の県大会では杉戸高校との1回戦で15奪三振完封勝利を記録[5]正智深谷との3回戦では延長15回の末、引き分け再試合に持ち込んだものの[4]、再試合では敗れた[7]。進路は当初BCリーグであったが、2016年6月の帝京Bチームとの練習試合にて、宇田川の投球を見た帝京・金田優哉コーチが仙台大学・森本吉謙監督(大学時代の先輩)に「いい投手なので、大学でもやれるのではないか」と伝え、翌週には森本監督が宇田川の視察に訪れた[5]。森本監督も「いい投手ですね。4年後にはプロに行かせられますよ」と宇田川を評価し、進路に迷った時期もあったが、最終的には仙台大学への進学を選んだ[5]

仙台大学体育学部に入学[8]。硬式野球部では1年春からベンチ入り[9]。入学当初は76kgだった体重を1年後には90kgに増やすと、2年秋に最速152km/hを計測[2]。また、元々の持ち球であった縦スライダーに加え、フォークを習得したことで成長を遂げ、早くもドラフト候補と言われる存在となった[5]。3年時は春秋と2季連続で規定投球回に到達し、特に春は28回1/3を投げて35奪三振、5試合の登板で2勝1敗・防御率0.64と抜群の安定感を誇った[9]。しかし、3年秋から4年春にかけては調子が上がらず[5]、プロ志望届は提出したが、4年秋も本調子ではない投球が続いた[10]

2020年10月26日に行われたドラフト会議にて、オリックス・バファローズから育成ドラフト3位で指名を受けた(仙台大学でチームメイトの佐野如一もオリックスから育成ドラフト5位で指名された)[11]。宇田川と佐野は、支配下枠指名でない場合は入団を拒否して社会人野球に進むつもりである旨を、森本監督との相談の上で調査書に記載していた。宇田川自身は4年でやや調子を落としていたことから、支配下で指名されるか不安な気持ちがあり、育成での指名があった時には安堵していたというが、前述の通り、入団拒否の意向を示していたため、当初の意向通りに社会人野球に進むしかないのではと困惑し、当日の記者会見では何も言えなかった[12]。宇田川はその後に佐野と話した際、佐野がオリックス入団に強く前向きだったことや仙台大学の先輩である佐藤優悟からオリックスの環境を教えてもらったことで自身もプロ入りを決断し[12]、指名挨拶で佐野と共に入団の意思を伝えた[13]

11月21日に契約金300万円・年俸240万円(金額はいずれも推定[14])で仮契約を結んだ。背番号は013[15]

オリックス時代 編集

 
育成選手時代
(2022年7月2日、阪神甲子園球場にて)

2021年は春季キャンプをC組でスタート[16]。ただ、後に本人が「バッターが相手になると自分のピッチングができなくて」と語ったように[17]、実戦で結果を残せず、ウエスタン・リーグ公式戦での登板は1試合にとどまった[18]。秋季キャンプでは投球フォームの変更に取り組み[19]、オフに現状維持の推定年俸240万円で契約を更改した[18]

2022年は春季キャンプをB組でスタートするも[20]、開幕前の3月21日に無症状ながら新型コロナウイルスに感染[21]。10日間の隔離生活を送った間、筋肉量を大きく落としてしまったことを機に、復帰後は肉体改造に取り組むと、ストレートが常時150km/h中盤を計測するようになった[22]フレッシュオールスターに選出されていた椋木蓮が出場辞退となり、代替選手[23]として7月23日のフレッシュ球宴に出場すると、1イニングを1安打2奪三振無失点と好投した[24]。7月27日終了時点で二軍公式戦に15試合登板し、防御率1.88と好成績を残すと[25]、翌28日に東晃平とともに支配下選手登録[26]。推定年俸は450万円、背番号は96に変更となった[27]。7月31日に出場選手登録されると[28]、8月3日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初登板となり、1イニングを2奪三振を含む3者凡退に抑えた[29]。9月8日の西武戦では、2回裏一死一塁という場面で先発の椋木が右肘違和感により降板し、宇田川が緊急登板すると、2回2/3を無失点の好リリーフでプロ初勝利を挙げた[30]。当初は点差のある場面での登板が主だったが、徐々に信頼され終盤は重要な場面も任されるようになり[31]、同13日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初ホールドを記録[32]。レギュラーシーズンを13試合連続無失点で終え[33]、この年は19試合に登板し、失点を喫したのは2試合のみ[34]。2勝1敗3ホールド・防御率0.81と好成績を収め[33]、チームの逆転優勝の立役者となった[31]。ポストシーズンでは、福岡ソフトバンクホークスとのCSファイナルステージで2試合に登板して無失点[34]東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは4試合に登板して1勝2ホールド、計5回2/3を投げて10奪三振・無失点と圧巻の投球[35]でチーム26年ぶりの日本一に貢献[17]。同シリーズで表彰されることは無かったものの、ファンや野球解説者からは『影のMVP』と称された[36][37]。オフに1250万円増となる推定年俸1700万円で契約を更改した[38]

2023年第5回WBCへの出場(詳細後述)を経て、開幕1週間前にチームへ合流し[39]、自身初めて開幕を一軍で迎えた[40]。開幕から9試合の登板で0勝0敗7ホールド・防御率1.17を記録していたが[41]、上半身のコンディション不良により、4月23日に出場選手登録を抹消された[42]。なかなかコンディションが上向かず、調整の日々が続いたものの、6月13日に一軍復帰を果たすと[41]、7月15日のソフトバンク戦では1点リードの9回表、二死一・二塁という場面から登板して打者1人を打ち取り、プロ初セーブを挙げた[43]。この年は46試合の登板で4勝0敗20ホールド2セーブ・防御率1.77を記録し、チームのリーグ3連覇に貢献[44]。ポストシーズンでは、千葉ロッテマリーンズとのCSファイナルステージに2試合登板し、いずれも無失点に抑えて1勝1ホールドを記録[45]阪神タイガースとの日本シリーズでも好投を続けたが[46]、3日連続・4試合連続登板となった第5戦では火消しでマウンドに上がるも、森下翔太に逆転打を許し、降板後は涙を流した[47]。第7戦では森下を打ち取るなど、3者凡退に抑えて雪辱を果たしたが、チームは1-7で敗れて日本一連覇は果たせなかった[48]。オフに背番号14への変更が発表され[49]、12月19日の契約更改交渉では3100万円増となる推定年俸4800万円でサインした[50]

代表経歴 編集

第5回WBC 編集

2023年1月26日に第5回WBC日本代表に選出された[51]。3月10日の韓国戦で初登板となり、1イニングを2奪三振を含む3者凡退に抑えた[52]。翌11日のチェコ戦にも登板し、打者1人を空振り三振に抑えたが[53]、アメリカでの決勝ラウンドでは登板機会が無かった[54]。ただ、準決勝でも決勝でも試合開始と同時にブルペンへ向かい、2回から6回にかけて準備を続けており[55]厚澤和幸投手コーチは帰国後の記者会見で「今回、一番ブルペンのバックアップに回ってくれたのが会長の宇田川で、彼にはゲームではないところで、陰で支えてもらった。彼には感謝したい」と名指しで感謝を述べた[54]

選手としての特徴 編集

剛速球と2種類のフォークを武器に打者を圧倒する[56]パワーピッチャー[57]スライダーも投じるが、2023年シーズンの投球割合はストレートが57.9%でフォークが40.1%とほぼ2球種で打者を抑えている[58]

ストレートは平均152.2km/h(2022年シーズン[59])・最速160km/hを計測[60]。本人は「高めの真っ直ぐが調子のバロメーター」と話している[61]

フォークは平均141.7km/h(2022年シーズン[59])と高速で変化する様から『弾丸フォーク』と称されている[62][63]。大学時代に習得した球種[5]で決め球にしか使用していなかったが、プロ入り後にチームの守護神平野佳寿の投球を見て、フォークをカウント球としても使えることを学び[31]、捕手の松井雅人からのアドバイスもあり、ストレートに近い軌道で小さく変化するフォークを新たに習得[64]。従来の落差の大きいフォークとの2種類を使い分けている[65]

投球フォームについては、体重移動時に右膝を外に割る誤った足の使い方を「僕は右足で地面を押すためにこのほうがいいと思ってやっています」と意識的に行っていたが[66]入来祐作投手コーチが「中垣さんが伝えようとしていることを、アイツはちゃんと理解していないんじゃないか」と中垣征一郎巡回ヘッドコーチに助言[67]。中垣巡回ヘッドと宇田川で再度話し合いを行うと、目指すところは同じながらも方法論にズレがあったことが分かり、もう一度動作修正のドリルから取り組んだところ、投球が劇的に改善された[66]

人物 編集

愛称は「ウダ[68]、「ウッディー[69]

人見知りな性格で、初招集となった第5回WBCでは当初の強化合宿で周囲へ必要以上に気を遣うなどチームに馴染めていなかった[70]。しかし、先輩のダルビッシュ有が投手会を「宇田川会」と名付けるなど馴染みやすい環境を作って後押しすると、次第に馴染むことができたという[71][72]

2022年に行われたオリックスのファン感謝イベントでは「吹田の主婦(山﨑颯一郎)」の友人として黒のハット、厚めの顔化粧、紙袋を持った姿の「芦屋マダム」のキャラクターで登場している[73]

詳細情報 編集

年度別投手成績 編集





















































W
H
I
P
2022 オリックス 19 0 0 0 0 2 1 0 3 .667 87 22.1 10 1 12 2 0 32 0 0 2 2 0.81 0.99
2023 46 0 0 0 0 4 0 2 20 1.000 192 45.2 22 3 30 1 2 52 4 0 9 9 1.77 1.14
通算:2年 65 0 0 0 0 6 1 2 23 .857 279 68.0 32 4 42 3 2 84 4 0 11 11 1.46 1.09
  • 2023年度シーズン終了時

WBCでの投手成績 編集










































2023 日本 2 0 0 0 0 4 1.1 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0.00

年度別守備成績 編集



投手












2022 オリックス 19 0 3 0 0 1.000
2023 46 0 3 2 0 .600
通算 65 0 6 2 0 .750
  • 2023年度シーズン終了時

記録 編集

初記録

背番号 編集

  • 013(2021年 - 2022年7月27日)
  • 96(2022年7月28日 - 2023年)
  • 14(2024年 - )
  • 262023年WBC

代表歴 編集

脚注 編集

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年12月20日閲覧。
  2. ^ a b ドラフト候補仙台大・宇田川、体重増で152キロ」『日刊スポーツ』、2020年3月30日。2021年3月24日閲覧。
  3. ^ 【とっておき】オリックス宇田川優希、タフネスの原点は小学生時代 チャイム鳴るまで投げ続け”. 日刊スポーツ (2022年10月27日). 2023年9月9日閲覧。
  4. ^ a b 宇田川 優希さん(神明町)”. 越谷市 (2021年1月1日). 2021年3月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 知られざるオリックス・宇田川優希の八潮南時代 全くの無名選手から野球関係者に注目を浴びる好投手になるまで”. 高校野球ドットコム (2023年3月8日). 2023年9月9日閲覧。
  6. ^ a b 再試合に敗れた夏から6年半 出世街道をゆく宇田川優希に残る教訓”. 朝日新聞DIGITAL (2023年2月24日). 2023年9月9日閲覧。
  7. ^ 八潮南 | 戦歴”. 高校野球ドットコム. 2021年11月19日閲覧。
  8. ^ 硬式野球部:仙台六大学野球秋季リーグ戦 第5節 結果”. 仙台大学 (2019年9月30日). 2024年1月24日閲覧。
  9. ^ a b 仙台大・宇田川優希とは。最速152キロを誇る大型右腕【ドラフト2020】”. ベースボールチャンネル (2021年1月1日). 2021年3月20日閲覧。
  10. ^ ドラフト上位候補の仙台大・宇田川「全然ダメだった」 落胆もプロ10球団は熱視線”. Full-Count (2020年9月20日). 2023年9月9日閲覧。
  11. ^ オリックス育成指名に顔曇る 仙台大コンビW拒否も」『日刊スポーツ』、2020年10月26日。2021年3月20日閲覧。
  12. ^ a b 米虫紀子 (2022年10月12日). “「育成では行かないと書いていたので…」2年前のドラフトで悩んだ大卒投手がリーグ連覇に貢献するまで「オリックスに来たのは正解だった」(2/4ページ)”. Number Web. 2022年10月14日閲覧。
  13. ^ 拒否一転…オリックス育成宇田川&佐野晴れて入団へ」『日刊スポーツ』、2020年11月10日。2020年3月20日閲覧。
  14. ^ オリックスが育成3位・宇田川、5位・佐野と合意」『サンスポ SANSPO.COM』産業経済新聞社、2020年11月21日。2021年3月20日閲覧。
  15. ^ オリックスと仙台大・宇田川優希、佐野如一が拒否一転、晴れやか仮契約”. SPAIA (2020年11月21日). 2023年9月9日閲覧。
  16. ^ オリックスの春季キャンプメンバーが発表! 新加入の能見、田城がA組スタート」『BASEBALL KING』、2021年1月28日。2021年2月1日閲覧。
  17. ^ a b 1年目はファームで1試合登板のみ…侍ジャパン選出の宇田川優希を変えた「同僚の言葉」とは”. 週刊ベースボールONLINE (2023年2月26日). 2023年9月9日閲覧。
  18. ^ a b オリックス・宇田川優希が現状維持で更改 ファーム1試合登板に「悔しい1年」”. デイリースポーツ (2011年12月2日). 2022年4月3日閲覧。
  19. ^ オリックスの紅白戦で育成の2年目右腕・宇田川が快投!中嶋監督「僕より周りに良いアピールになったのでは」”. BASEBALL KING (2022年2月11日). 2023年9月9日閲覧。
  20. ^ オリックス キャンプメンバー組み分け発表 山崎福、山本、山岡らAグループ”. Sponichi Annex (2022年1月26日). 2023年9月9日閲覧。
  21. ^ オリックスが育成の辻垣高良、宇田川優希、大里昂生のコロナ陽性を発表”. 日刊スポーツ (2022年3月21日). 2023年9月9日閲覧。
  22. ^ 米虫紀子 (2022年10月12日). “「育成では行かないと書いていたので…」2年前のドラフトで悩んだ大卒投手がリーグ連覇に貢献するまで「オリックスに来たのは正解だった」(3/4ページ)”. Number Web. 2024年2月17日閲覧。
  23. ^ 「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2022」出場選手変更のお知らせ”. 日本野球機構. 2023年9月9日閲覧。
  24. ^ 【フレッシュ球宴】オリックス宇田川優希が最速155キロ「自分のピッチングができて良かった」」『日刊スポーツ』、2022年7月23日。2022年8月6日閲覧。
  25. ^ 【オリックス】宇田川優希、東晃平の育成2投手を支配下登録へ 上限の登録70人で首位・ソフトバンク猛追」『スポーツ報知』、2022年7月27日。2022年7月28日閲覧。
  26. ^ 【オリックス】育成の東晃平、宇田川優希を支配下登録「ここからが本当のスタートだと思う」」『日刊スポーツ』、2022年7月28日。2022年7月28日閲覧。
  27. ^ 【オリックス】東晃平「ここからが本当のスタート」宇田川優希と支配下登録 30日初登板初先発”. 日刊スポーツ (2022年7月29日). 2023年12月19日閲覧。
  28. ^ 【7月31日プロ野球公示】オリックス宇田川優希と黒木優太を入れ替え、ロッテ井上晴哉が昇格、ソフトバンクは秋吉亮を登録、森唯斗を抹消”. SPAIA (2022年7月31日). 2022年8月6日閲覧。
  29. ^ オリ・宇田川、プロ初登板で1回無失点 中嶋監督「いい投球だったと思います」”. Sponichi Annex (2022年8月3日). 2023年9月9日閲覧。
  30. ^ 【オリックス】執念8投手継投で白星つかむ 緊急登板した宇田川優希プロ初勝利”. 日刊スポーツ (2022年9月8日). 2022年9月9日閲覧。
  31. ^ a b c どら増田「オリックス逆転Vの立役者・宇田川優希 飛躍のキッカケとなった「平野さんの投球」」『BASEBALL KING』、2022年10月5日。2022年11月2日閲覧。
  32. ^ 2022年9月13日 【公式戦】 試合結果 (東北楽天vsオリックス)”. 日本野球機構. 2023年9月9日閲覧。
  33. ^ a b オリックス宇田川優希、支配下登録わずか半年で侍ジャパン選出 「こんな一気にここまで来られるとは」【WBC】”. 中日スポーツ (2023年1月26日). 2023年9月9日閲覧。
  34. ^ a b オリックスの「シンデレラボーイ」宇田川優希とヤクルトの「三冠王」村上宗隆から見える育成方針の違い”. 西日本スポーツ (2022年10月30日). 2022年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月9日閲覧。
  35. ^ 「投」のMVPはオリックス・宇田川!「うれしく、ホッとした気持ち」4戦5回2/3を零封、圧巻の10K」『Sponichi Annex』、2022年10月31日。2022年11月2日閲覧。
  36. ^ オリックス宇田川の表彰なしにネット疑問の声 4戦、5回2/3を無失点に「影のMVP」「何か賞を…」」『Sponichi Annex』、2022年10月30日。2022年11月2日閲覧。
  37. ^ 岩本氏も「文句なしでMVP」と称賛 オリックスのニューヒーロー・宇田川優希」『BASEBALL KING』、2022年10月31日。2022年11月2日閲覧。
  38. ^ 【オリックス】宇田川優希投手が守護神狙う “球団歴代3位”608%増の年俸1700万円で更改”. スポーツ報知 (2022年12月7日). 2022年12月7日閲覧。
  39. ^ 【オリックス】エース山本由伸、金メダル胸に本拠地にがい旋「つけてきました」宮城大弥らも合流”. 日刊スポーツ (2023年3月24日). 2023年9月9日閲覧。
  40. ^ 【オリックス】開幕1軍選手公示、WBC出場の山崎颯、宇田川メンバー入り、シュウィンデル2軍”. 日刊スポーツ (2023年3月30日). 2023年9月9日閲覧。
  41. ^ a b オリックス・宇田川優希 悩める“剛腕”が完全復調へ「見つめ直す期間になった」/後半戦のキーマン”. 週刊ベースボールONLINE (2023年7月25日). 2023年9月9日閲覧。
  42. ^ 【オリックス】出場選手登録抹消の宇田川優希は上半身のコンディション不良 ドラ1・曽谷龍平が初の1軍合流へ”. スポーツ報知 (2023年4月24日). 2023年9月9日閲覧。
  43. ^ オリックス・宇田川、火消しで初セーブ「しっかり勝負にいけた」”. サンスポ (2023年7月15日). 2023年9月9日閲覧。
  44. ^ 朗希&由伸超え…オリ25歳が12球団トップの「.140」 ほぼ2球種で異次元の領域に”. Full-Count (2023年12月3日). 2023年12月19日閲覧。
  45. ^ 〈日本シリーズ〉オリックスvs阪神を成績で徹底比較…打キーマンは復帰の頓宮裕真に若手大砲・森下翔太、投は「CS未登板の先発陣」か”. Number Web (2023年10月28日). 2023年12月19日閲覧。
  46. ^ 【一問一答】オリックスリリーフ陣背負う宇田川 3戦計3回1/3を無失点 次戦へ「3連投も関係ない」”. Sponichi Annex (2023年11月1日). 2023年12月19日閲覧。
  47. ^ 【オリックス】宇田川優希、打ち込まれて目に涙「強気なピッチングでやり返したい」”. 日刊スポーツ (2023年11月2日). 2023年12月19日閲覧。
  48. ^ オリックス・宇田川優希が明かす「涙の降板」の“その後”…ゴンザレスのハグ「お前のせいじゃない、俺のせいだから」「由伸との絆」〈日本シリーズ秘話〉(4/4ページ)”. Number Web (2023年11月8日). 2023年12月19日閲覧。
  49. ^ オリックスの阿部、山﨑颯、宇田川が背番号変更”. BASEBALL KING (2023年11月27日). 2023年12月19日閲覧。
  50. ^ 【オリックス】宇田川優希は3100万円増 球団から「来季もフル回転で」50試合登板を誓う”. 日刊スポーツ (2023年12月19日). 2023年12月19日閲覧。
  51. ^ 侍ジャパンWBC出場メンバー30人発表 14年ぶり世界一奪回へ3月9日に初戦”. BASEBALL KING (2023年1月26日). 2023年9月9日閲覧。
  52. ^ 【WBC】宇田川優希、3者凡退2Kデビュー「ダルさんの先発した試合で投げられてうれしい」”. 日刊スポーツ (2023年3月11日). 2023年9月9日閲覧。
  53. ^ 【侍ジャパン】宇田川優希、2試合連続登板で打者1人をピシャリ 3球で空振り三振斬り”. スポーツ報知 (2023年3月11日). 2023年9月9日閲覧。
  54. ^ a b 【侍ジャパン】準々決勝以降登板なしオリックス・宇田川優希に厚沢和幸コーチ感謝「陰で支えてもらった」”. スポーツ報知 (2023年3月23日). 2023年9月9日閲覧。
  55. ^ 侍J、最強継投を可能にした“準備の男” 米国で登板ゼロも…コーチが感謝するワケ”. Full-Count (2023年3月26日). 2023年9月9日閲覧。
  56. ^ オリックス・宇田川優希が明かす「涙の降板」の“その後”…ゴンザレスのハグ「お前のせいじゃない、俺のせいだから」「由伸との絆」〈日本シリーズ秘話〉(2/4ページ)”. Number Web (2023年11月8日). 2024年2月17日閲覧。
  57. ^ オリックス日本一! 育成出身「宇田川優希」登場でヤクルトを圧倒した「新時代の継投術」”. デイリー新潮 (2022年11月3日). 2024年2月17日閲覧。
  58. ^ 朗希&由伸超え…オリ25歳が12球団トップの「.140」 ほぼ2球種で異次元の領域に”. Full-Count (2023年12月3日). 2024年2月17日閲覧。
  59. ^ a b オリックス宇田川優希のフォークは千賀滉大以上?一軍登板19試合の「シンデレラボーイ」”. SPAIA (2023年1月20日). 2024年2月17日閲覧。
  60. ^ ダルさん見てくれましたか!宇田川が自己最速160キロ 人生初侍ユニで覚醒 “師匠”も笑顔で祝福”. Sponichi Annex (2023年2月25日). 2024年2月17日閲覧。
  61. ^ オリックス宇田川優希、来季から背番号が14に「この番号といえば宇田川と思ってもらえるように頑張りたい」【オリ熱コラム2023】”. THE DIGEST (2023年12月23日). 2024年2月17日閲覧。
  62. ^ 「パテレ」でWBC代表のオリックス・宇田川優希の「弾丸フォーク」をイッキ見”. スポニチ Sponichi Annex (2023年1月31日). 2023年4月12日閲覧。
  63. ^ 【世界よ驚け!!】バファローズ・宇田川優希『誰が呼んだか“弾丸フォーク”』まとめ”. パ・リーグ.com (2023年2月1日). 2024年2月17日閲覧。
  64. ^ 米虫紀子 (2022年10月12日). “「育成では行かないと書いていたので…」2年前のドラフトで悩んだ大卒投手がリーグ連覇に貢献するまで「オリックスに来たのは正解だった」(4/4ページ)”. Number Web. 2024年2月17日閲覧。
  65. ^ ヤクルト・山田を仕留めた オリックス・宇田川の「2種類のフォーク」誕生秘話”. BASEBALL KINNG (2022年10月27日). 2024年2月17日閲覧。
  66. ^ a b オリックス宇田川優希は育成から侍ジャパンへの大出世。覚醒請負人・中垣征一郎が明かす「衝撃の157キロと弾丸フォーク誕生秘話」(3/4ページ)”. web Sportiva (2023年1月31日). 2024年2月17日閲覧。
  67. ^ オリックス宇田川優希は育成から侍ジャパンへの大出世。覚醒請負人・中垣征一郎が明かす「衝撃の157キロと弾丸フォーク誕生秘話」(2/4ページ)”. web Sportiva (2023年1月31日). 2024年2月17日閲覧。
  68. ^ 【COVER CROSS TALK】オリックス・山崎颯一郎×宇田川優希 同級生リリーバーの誓い 最強ブルペンの根幹 | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE (2023年9月8日). 2023年12月10日閲覧。
  69. ^ オリックス・バファローズ ニックネームリスト”. オリックス・バファローズ公式オンラインショップ. 2023年10月22日閲覧。
  70. ^ 【侍ジャパン】宇田川 「囲む会」の真相、代表になじめなかったワケ 救われたダルビッシュの言葉”. スポニチ Sponichi Annex (2023年2月21日). 2023年6月17日閲覧。
  71. ^ 「宇田川ジャパン」の“会長”はその後…米国で登板なし、コーチが語った感謝と後悔”. Full-Count (2023年3月23日). 2023年6月17日閲覧。
  72. ^ “宇田川会”が転機…ダルビッシュも驚く“成長”「チームの中心で笑い取ってくれる」”. Full-Count (2023年2月27日). 2023年6月17日閲覧。
  73. ^ オリ新キャラは「芦屋のマダム」 吹田の主婦に負けない完成度…ファン爆笑「ガチで好き」”. Full-Count (2022年11月24日). 2023年6月17日閲覧。
  74. ^ 【オリックス】宇田川優希がプロ初セーブ 98年生まれ 山本由伸―山崎颯一郎と「同学年リレー」を締める」『スポーツ報知』、2023年7月15日。2023年8月9日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集