川野 太郎(かわの たろう、1960年4月11日[1] - )は、日本俳優山口県吉敷郡小郡町(現:山口市小郡)出身。身長178cm。血液型はB型。早稲田大学教育学部体育学専修卒業。所属事務所はイトーカンパニー

かわの たろう
川野 太郎
生年月日 (1960-04-11) 1960年4月11日(63歳)
出生地 日本の旗 日本山口県吉敷郡小郡町
(現:山口市小郡)
血液型 B型
職業 俳優
活動期間 1985年-
活動内容 テレビドラマ・映画・舞台
配偶者 あり(1994年 ‐ )
主な作品
テレビドラマ
澪つくし
武蔵坊弁慶
キッズ・ウォー
映画
千利休 本覺坊遺文
バラエティー番組など
料理バンザイ!
備考
早稲田大学教育学部体育学専修卒
テンプレートを表示

来歴 編集

山口県鴻城高等学校を卒業し、浪人(天王寺予備校)を経て早稲田大学へ入学。

1985年NHK連続テレビ小説澪つくし』で俳優デビュー。ヒロイン・沢口靖子の相手役・吉武惣吉役に抜擢され、一躍ブレイク[1]。本作は最高視聴率55.3%を記録し、沢口を相手に、役の上で初のキスシーンも演じた。

以後端正なルックスで人気を集め、1986年のドラマ『武蔵坊弁慶』(NHK)、1990年のドラマ『代表取締役刑事』(テレビ朝日系)、1999年からは『キッズ・ウォー』(TBS系)にて父親役を好演するなど活躍[1]。『温泉へ行こう!』『大好き!五つ子』と並ぶ人気シリーズとなった。

また『スーパーモーニング』(テレビ朝日系)では司会を2年半務め[2] 、『料理バンザイ!』(テレビ朝日系)での「たまに行くならこんな店」のレポーターも12年間務めるなど俳優業以外でも活動[2](食事をする際の姿勢が大変良く、多くの評論家から「彼からマナーを学ぶべき」と絶賛された)。

2020年3月31日、オスカープロモーションを退社。同年10月1日、イトーカンパニーへ所属。

人物 編集

学生時代 編集

小学校ではやんちゃ坊主で毎日のように怒られていたが、子供の頃から運動神経が良くサッカーや野球をしていた[1]。入学した中学にサッカー部がなかったことから野球部に入部。高校でも野球部に所属し、3年生の春に県大会決勝で津田恒実も登板した南陽工と対戦して準優勝、その後の中国地区大会で優勝している[1]

大学でも野球部に所属し、ポジションは二塁手だった。ただしほとんど活躍できず、リーグ戦では、2回代打として出場したものの凡退したほか代走1回に終わった[注 1][1]。大学時代の野球部の同期には和泉実木暮洋がいた。

役者の道へ 編集

大学2年生の頃に仲代達矢主宰の無名塾に興味を持ったが、親から大学卒業を説得されて一旦取りやめた[1]。その後4年生の頃に留年が決まり、「自分は将来どうなりたいのか」と考えた末、改めて俳優を目指し始める[1]。野球部を引退した4年生の秋に演劇研究所に通い始め、5年生の時に残りの単位を取りながら芝居と歌のレッスンを受けた[1]

5年生の9月頃、朝ドラ『澪つくし』に「オーディションというものを一度経験してみよう」と気軽に応募した所、思いがけず合格[1]。ちなみに中学生以来ずっと丸刈りで、大学4年で野球部を引退してようやく髪の毛を伸ばしかけた所、オーディション合格後に同役が丸刈りの設定と知り、しばらくは丸刈りの生活が続くこととなった[1]

結婚 編集

1981年、21歳の時に横浜市内を男友達と2人で歩いているとキャッチセールスに絡まれ、前方から来た若い女性2人に助けられた[3]。その後大学の合宿先だった軽井沢で、上記女性の1人と偶然に再会して縁を感じて交際に発展[3]。5年生の頃に役者になるためのレッスンや『澪つくし』の出演で多忙となり、恋人となかなか会えない状態となったが、時々電話でやり取りして愛を育んだ[3]

その後もそこそこドラマや映画にできるようになったが、役者業で恋人を養っていけるかまだ不安があったため、結婚に踏み切れないまま数年を過ごした。しかし交際9年を迎えた頃、『代表取締役刑事』の共演者である渡哲也の助言により背中を押され、ようやく1991年に結婚した[注 2](結婚式はドイツボーデン湖畔の教会で行ったとされる)。1995年に長男、1998年に長女が生まれた[3]

その他 編集

出身の縁から「山口ふるさと大使」に任命された。

俳優志望の長男・川野雄平は文学座研究生。

本人が後から聞いた話では、『澪つくし』の応募に写真を提出した際、既に締め切りが過ぎていたという。しかし、当時惣吉役のイメージにピタっとくる人がなかなかおらず、川野の写真を見たスタッフが応募者のファイルに内緒で挟んでくれたおかげで、オーディションを受けることができたとのこと[1]

先述の通り渡哲也の助言を受けて結婚を決意したが、その後『スーパーモーニング』の司会を引き受けるか迷った際も、渡から助言された[注 3]ことから出演を決めた[3]

出演 編集

テレビドラマ 編集

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京

映画 編集

舞台 編集

  • スーパーミュージカル「源氏物語」 作:紫式部、脚本・演出:村井秀安(1993年11月8日 - 12月16日、芝メルパルクホール他) - 頭の中将 役
  • 夢に舞う女たち ~エドの舞踏会~(1993年)
  • 信濃路婿とり物語 ~縁は異なもの恋なもの~(2000年)
  • 友情〜秋桜のバラード
    • 2004年・2005年 - 野本信吾 役
    • 2006年・2008年 - 岡野医師 役
  • ディレクション(2007年)
  • 帰って来た蛍 〜神々のたそがれ〜(2010年) - 鳥濱義勇 役[注 5]
  • 坂本冬美 藤あや子「恋はいたずら」(2011年1月5日 - 27日博多座
  • ジンギスカン 〜わが剣、熱砂を染めよ〜(2011年10月3日-13日、渋谷区文化総合センター大和田) - サングン 役
  • シズウェは死んだ!?(2012年)[注 6][5]
  • 藤あや子特別公演「滝の白糸」(2013年) - 村越欣弥 役
  • 日本の面影(2014年)
  • 氷川きよし特別公演「限界突破の七変化 恋之介旅日記」(2020年)
  • RED WING ~愛と理想の果てに~(2021年)
  • サンセットメン(2022年)
  • 音楽朗読劇 THE LITTLE MATCH GIRL 〜アンデルセン童話「マッチ売りの少女」より〜(2023年)[6]

Vシネマ 編集

  • 静かなるドン 1 - 4(1991年 - 1993年) - 坂本健
  • 首領の女(2002年)全3作 - 桐野貴之(四代目桐野組組長の実弟)
    • 首領の女(2002年1月) - 大泉正男議員の秘書
    • 首領の女2(2002年6月)
    • 首領の女3(2002年11月) - 五代目桐野組組長
  • 新・日本の首領(2004年)- 坂本俊宏(右翼連合会会長)
  • 実録 広島極道抗争 佐々木哲夫の生涯(2006年) - 土岡組幹部 大西政之(悪魔のキューピー)
  • 松方弘樹の名奉行金さん2009(2009年)
  • 野望への挑戦 シリーズ(2009年) - 五代目藤堂組 芹沢大二郎
    • 野望への挑戦(2009年5月) - 五代目藤堂組若頭補佐 芹沢組組長
    • 野望への挑戦2,完結編(2009年6月,7月) - 五代目藤堂組若頭 芹沢組組長
  • 標的 TARGET(2009年)全2作 - 鳴澤(スナイパー)
  • 白竜10 白竜VS.黒竜(2010年) - センチュリーカンパニー社長 チャン・リー(通称・黒竜、香港の実業家)
  • ジャングルクロウ!(2010年) - 浅井組組長
  • 漆黒の男たち(2018年) - 竹宮連合二階堂組組長 二階堂正樹
  • 覇者の掟 第五章(2019年) - 京浜連合本部長 桜井組組長 桜井真三
  • 影と呼ばれた男たち2(2020年) - 警視庁城西警察署 マル暴 刑事 ヒラノ(元・公安)
  • 首領(ドン)1・2・3(2020年) - 大阪 萬田組若頭 後藤組組長 後藤健太郎
  • 日本統一45・46(2021年5月)- 尾道 テキヤ大場一家会長 大場喜朗

バラエティ 編集

期間 番組名 役職
芸能界デビュー当初 料理バンザイ!(テレビ朝日) コーナーレポーター
1994年10月 1997年3月 スーパーモーニング(テレビ朝日) 総合司会
2006年10月 2007年3月 感涙!時空タイムス(テレビ東京) 時空記者担当

CM 編集

  • 西松建設(1992年)
  • はぴねすくらぶ「野菜de活きるカラダ。」
  • カドス・コーポレーション

社会貢献活動 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 「NHKドラマガイド『武蔵坊弁慶』」配役紹介より
  2. ^ 本人が聞いた話では、渡も約10年の交際を経て結婚したとのこと[3]
  3. ^ 渡からは、「我々映画の時代と違って、川野くんはテレビの時代だからどんどん出ていかなきゃ」と言われたという。
  4. ^ 2018年1月からフジテレビでも放送。
  5. ^ 堤大二郎とのWキャスト。
  6. ^ 持病の悪化と過労により降板した渡辺徹の代役。

出典 編集

外部リンク 編集