安斎育郎

安斎 育郎(あんざい いくろう、1940年4月16日 - )は、立命館大学特命教授・名誉教授、立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長。専門は、放射線防護学、平和学。趣味は、マジック(東大奇術愛好会会長だった)。

目次

経歴編集

人物編集

放射線防護学・平和学編集

  • 長年国の原子力・核政策を激しく批判してきたことで知られている。そのために、現在でも原子力発電所を学生連れで見学しようとすると断られたりしている[1]
  • 原子力エネルギーは現状の科学技術などに鑑みると管理するのが困難であるとし、原発・核兵器への反対活動を行う(東海村臨界事故の調査活動や反核運動平和運動など)。「九条科学者の会」呼びかけ人を務めている[2]
  • 福島第一原子力発電所事故以降は事故により散らばった放射性物質の人体への影響についてマスコミから取材をよく受けている。

疑似科学・オカルト現象編集

  • 立命館大学赴任後、社会科学系学部の一般教育科目を担当したところ、疑似科学オカルト現象に関する自然科学者による解明の質問があり、講義で取り上げるようになった。その後、疑似科学やオカルト現象を批判・解明する「不思議博士」(「ジャパン・スケプティクス」の元会長)としてもその名が知られるようになった。
  • その活動の一環として「超能力を科学する」「人間がなぜだまされるのか」の演題で、年数十回の全国講演(勤務している立命館大学のほか、地方自治体、さらには企業の研修)や著書執筆を行う他、頻繁にメディア出演[3]もおこなっている。加えて、立命館大学の同僚であった木津川計が主催する雑誌『上方芸能』に「霊感を科学する」というエッセイを毎号発表している。
  • 安斎自身は「世の中にはまだ科学でもわからない事がたくさんあり、急いで決めずに調べていけばよい」「科学のなすべき役割と宗教の役割は別。それぞれにそれぞれの持分がある(ただ、お互いに侵してはいけない領域もある)」という柔軟な姿勢をとっている。著書の中では、「自分は科学で全てが解決できると考えるほど頑迷な人物ではない」と自身を評している。[4]

その他編集

  • 兄は肖像画家の安斎知行(本名:安斎知治郎)。
  • イラストレーターの安斎肇は、甥にあたる。
  • 趣味はマジックのほかに、俳句や文人画があり、文人画では著書の挿絵も書いたことがある。
  • ABCテレビクイズ仕事人』にマジシャンとして出演したことがある。
  • 立命館大学で担当する「自然科学概論」の講義では、毎回手品を披露し、学生たちの関心を集めている。

著書編集

単著編集

共著編集

編著編集

  • 『図説原子力読本-これでいいのか原子力開発』(合同出版、1979年) ISBN 978-4-7726-0043-9
  • 『核言集』(大月書店、1989年) ISBN 978-4-272-21053-4
  • 『GHQトップシークレット文書集成 第4期-原爆と日本の科学技術関係文書』全12巻(柏書房、1998年) ISBN 978-4-7601-1582-2
  • 『ビジュアルブック 語り伝えるヒロシマ・ナガサキ』シリーズ全5巻(新日本出版社、2004年)NCID BA69335291
  • 『ビジュアルブック 語り伝える沖縄』シリーズ全5巻(新日本出版社、2007年)NCID BA80115641
  • 『ビジュアルブック 語り伝える空襲』シリーズ全5巻(新日本出版社、2008年)
  • 『これってホントに科学?』(かもがわ出版、2010年) ISBN 978-4-7803-0331-5
  • 『ホントにあるの?ホントにいるの?』(かもがわ出版、2010年) ISBN 978-4-7803-0332-2
  • 『原発ゼロ-私たちの選択』(かもがわ出版、2012年) ISBN 978-4-7803-0529-6
  • 『「原発ゼロ」プログラム-技術の現状と私たちの挑戦』(かもがわ出版、2013年) ISBN 978-4-7803-0608-8

共編著編集

  • 飯田博美)『絵とき放射線のやさしい知識』(オーム社、1984年) ISBN 978-4-274-02090-2
  • (「長崎原爆松谷訴訟」を支援する会)『奪われた時を私をかえせ-長崎原爆松谷訴訟』(かもがわ出版、1993年) ISBN 978-4-87699-100-6
  • 李修京)『クラルテ運動と『種蒔く人』-反戦文学運動"クラルテ"の日本と朝鮮での展開』(御茶の水書房、2000年) ISBN 978-4-275-01804-5
  • (「長崎原爆松谷訴訟」を支援する会)『次代を拓く風に-長崎原爆松谷訴訟 続』(かもがわ出版、2000年) ISBN 978-4-87699-538-7
  • (リッツ・ピース・メッセンジャーズ)『北朝鮮の核実験をどう見るか』(かもがわ出版、2006年) ISBN 978-4-7803-0062-8
  • 池尾靖志)『日本から発信する平和学』(法律文化社、2007年)

訳書編集

  • デイル・バイヤーステイン編『検証・サイババの「奇蹟」』(かもがわ出版、1996年) ISBN 978-4-87699-210-2
  • メアリー・バーマイヤー・オブライエン『非戦の人 ジャネット・ランキン-アメリカの良心と呼ばれた女性』(南部ゆりと共訳)(水曜社、2004年) ISBN 978-4-88065-129-3

脚注編集

  1. ^ 「科学者の社会的責任と『日本の科学者』」、『日本の科学者』2009年9月号
  2. ^ 「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ (2005.3.13)
  3. ^ 2004年12月-2005年1月、NHK人間講座「だます心・だまされる心」の講師役、新聞雑誌のインタビューやテレビ出演など
  4. ^ 安斎育郎「霊はあるか」(講談社ブルーバックス)214ページ

外部リンク編集