メインメニューを開く

安藤 宏(あんどう ひろし、1958年5月27日 - )は、近代日本文学研究者、東京大学教授太宰治が専門。東京都出身[1]

略歴編集

エピソード編集

  • 学生時代の恩師は三好行雄
  • TBS系列のテレビ番組「東大王」に出題者として出演した際には、自身の専門である太宰治に関する問題を出題した。
  • クワガタの飼育が趣味であり、自宅にはクワガタ専用の部屋を作っているほどである[要出典]
  • NHK Eテレのテレビ番組「知恵泉」に出演し、太宰治の魅力は「弱さを演じる強さ」であると語った。

著書編集

  • 『自意識の昭和文学―現象としての「私」』(至文堂、1994年)
  • 『太宰治 弱さを演じるということ』(ちくま新書、2002年)
  • 『近代小説の表現機構』岩波書店、2012年  
  • 『日本近代小説史』中公選書、2015年
  • 『「私」をつくる 近代小説の試み』岩波新書、2015年

共編著編集

  • 『太宰治全作品研究事典』神谷忠孝共編 勉誠社 1995
  • 『近代の日本文学』野山嘉正共編著 放送大学 2001
  • 『日本の小説101』(新書館、2003年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.296

参考編集