メインメニューを開く

安藤 正敏(あんどう まさとし、1937年10月8日 - )はJRA栗東トレーニングセンターに所属していた元騎手、元調教師愛知県出身(出生は岐阜県)。

来歴編集

  • 1954年4月、京都・上田武司厩舎で騎手見習となる。
  • 1959年、同厩舎より騎手デビューを果たす。
  • 1965年、京都(後に栗東)・上田三千夫厩舎所属となる。
  • 1978年、調教師免許を取得し騎手を引退。騎手成績は2473戦272勝。
  • 1979年、厩舎開業。初出走は3月4日でインタームサシの9着。初勝利は6月9日、バンシュウナダが延べ21頭目で勝利。
  • 1982年、第30回中京記念をクニノカチドキが制し重賞初勝利。
  • 2007年5月9日、勇退届を提出し7月20日をもって勇退することを表明した。

主な騎乗馬編集

主な管理馬編集

その他編集

主な厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 岡潤一郎(1988年-1993年 騎手)
  • 安藤清治(1992年-2007年 調教助手)
  • 山田泰誠(1995年-1997年 騎手)
  • 川島信二(2001年-2007年 騎手)
  • 山本芳春厩務員(2005年度優秀厩務員賞受賞)

エピソード編集

1992年に安藤は脳梗塞で倒れたが、懸命なリハビリによって、翌1993年に現場へ復帰した。しかし、復帰して間もなく、所属していた岡潤一郎の落馬事故が起き、のち岡は死亡したため相当なショックを受けたという。その後、2001年に自らの厩舎に所属した川島信二に、「彼のような騎手になれ」と岡潤一郎の形見のムチを託した逸話がある。

関連項目編集