宋永吉

大韓民国の政治家。国会議員、仁川広域市長

宋 永吉(ソン・ヨンギル、朝鮮語: 송영길、1963年3月21日 - )は、大韓民国政治家。第16-18・20・21代国会議員仁川広域市長(民選5代目)・共に民主党代表を歴任した。

韓国の政治家
宋永吉
송영길
2020 Republic of Korea, Assemblyman, Song Young Gil.jpg
生年月日 (1963-03-21) 1963年3月21日(59歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国 全羅南道高興郡
出身校 延世大学校
前職 仁川広域市長(民選5代目)
国会議員(桂陽区乙)
所属政党新千年民主党→)
ヨルリン・ウリ党→)
大統合民主新党→)
民主党→)
(民主統合党→)
民主党→)
(新政治民主連合→)
共に民主党
公式サイト 송영길 홈페이지

在任期間 2021年5月2日 - 2022年3月10日

当選回数 1回
在任期間 2010年7月1日 - 2014年6月30日
テンプレートを表示

人物編集

1963年3月21日、全羅南道高興郡生まれ。本貫礪山宋氏カトリック教徒[1]延世大学入学後の1985年、仁川大宇自動車ルマン工場に配管溶接工として入社、労働運動に係わるようになり、その後も労働相談やタクシー労働組合の活動など労働運動に係わり続けた。この後1994年司法試験に合格して人権弁護士として活躍し、2000年4月に行われた第16代国会議員総選挙に当時の金大中政権与党である新千年民主党の公薦で仁川広域市桂陽区から出馬して当選を果たし政界入りした。この後17代18代国会議員を歴任した。

2010年6月の第5回全国同時地方選挙の一環として行われた仁川広域市長選挙に野党統一候補として出馬して初当選を果たした。市長に就任した直後には「南北関係の改善のために、両国の交流協力事業を直ちに再推進する計画がある」と明かすなど、政治家としてたびたび南北交流の重要性を主張してきた[2]。2014年6月の第6回全国同時地方選挙ではセヌリ党候補の劉正福(ユ・ジョンボク)に敗れ、再選はならなかった[3]

2016年4月に行われた総選挙では共に民主党候補として桂陽区乙から出馬、返り咲き(4選)を果たした[4]

2021年5月1日共に民主党は宋永吉を党代表に選出[5]。宋は35.6%を得票し、親文在寅派で35.01%を獲得した洪永杓朝鮮語版とは0.59%差という僅差だった[6][7]

2022年3月10日、前日に執行された大統領選挙李在明が敗北した責任をとり党代表を辞任した[8]

2022年4月1日、同年6月の第8回全国同時地方選挙でのソウル市長選への出馬を表明し、同月に国会議員辞職書を提出し、朴炳錫議長の署名により成立した[9][10]。市長選投票の結果、現職の呉世勲に敗れた[11]

政治活動編集

仁川広域市長就任後編集

仁川広域市の3大核心事業(Child・Edu・Job Care)選定し進めその中でもJob Care(雇用創出・起業支援)に努めた[12]

問題の多かった公企業を4社から2社へと統廃合し[13]、仁川広域市の予算の中で土木建設関連予算を削減し教育・福祉予算を拡大していった[14]

また2014年アジア競技大会の開催に向けた準備に力を注ぎ[15]、2012年には環境分野の世界銀行と言われる、国際連合緑の気候基金英語版仁川広域市松島新都市に誘致した[16][17]

批判編集

南北関係改善に強い意欲があり、たびたび韓国メディアから批判を受けている[2]

2020年7月3日、韓国紙「朝鮮日報」は社説で、2016年に北朝鮮による高角ミサイル攻撃を防ぐ在韓米軍のTHAAD(終末高高度防衛)ミサイル配備に反対したことや、2020年6月に北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆薬で爆破した際、「大砲で爆破しなかっただけよかった」と発言したこと、同年7月1日に「在韓米軍はオーバーキャパシティ」と発言したことなどを非難している[18][19][2][20]

日本に対しては強硬姿勢を見せる。2019年に文喜相(ムン・ヒサン)前韓国国会議長が「慰安婦問題の解決には日王(天皇の韓国での蔑称、現上皇陛下)の謝罪が必要」と発言したことで日本から大きな反発が起きたが、このとき宋氏は文議長を支持。「現在の韓日関係を回復するためには日本を代表して安倍首相(当時)や日王が被害者らに真の謝罪をすればいい」と主張したことでさらに反発を招く結果となった[6]

来歴編集

学歴編集

  • 1981年2月:光州テドン高校卒業
  • 1988年2月:延世大学校商経大学経営学科卒業
  • 2005年2月:韓国放送通信大学中国語中文学科卒業
  • 2009年:韓国放送通信大学日本学科4回生(休学中)

略歴編集

  • 1984年:延世大学初代直選総学生会会長
  • 1994年:第36回司法試験合格
  • 2000年-2004年:第16代国会議員(新千年民主党→開かれたウリ党)
  • 2004年-2008年:第17代国会議員(開かれたウリ党→大統合民主新党→統合民主党)
  • 2008年-2010年:第18代国会議員(民主党)
  • 2008年-2010年:民主党最高委員
  • 2010年-2014年:第5代(民選)仁川広域市市長
  • 2016年-2020年:第20代国会議員(共に民主党)
  • 2020年-2022年:第21代国会議員(共に民主党)
  • 2021年-2022年:共に民主党代表

著書編集

「壁を扉に」(2009年11月、中央ブックス) [21]

叙勲編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 대한민국헌정회”. www.rokps.or.kr. 2022年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c 北のスポークスマンと物議 南北交流を推進する韓国与党・宋永吉議員”. 2020年12月21日閲覧。
  3. ^ “송영길, 유정복 못 넘고 재선 도전 좌절…대권을 향한 꿈 차질(宋永吉、劉正福越えられなかった…再選挑戦挫折…大権へ向けた夢支障)”. ソウル新聞. (2014年6月5日). http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20140606500016&wlog_sub=svt_100 2014年6月7日閲覧。 
  4. ^ “<당선인 인터뷰> 송영길 "계양 경제 살리기가 최우선"(<当選人インタビュー宋永吉”"桂陽、経済再生が最優先"”>)”. 聯合ニュース. (2016年4月13日). http://www.yonhapnews.co.kr/site/2016/04/13/4503011200AKR20160413122000065.HTML 2017年2月26日閲覧。 
  5. ^ 韓国与党代表に宋永吉氏 時事通信社 2021年5月2日配信 2021年5月3日閲覧
  6. ^ a b 0.59%差で韓国与党代表選出 対日強硬・南北交流推進の宋永吉氏” (日本語). 北朝鮮ニュース | KWT (2021年5月15日). 2021年5月20日閲覧。
  7. ^ “韓国与党 新代表に宋永吉氏選出=党刷新へ”. 聯合ニュース. (2021年5月2日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210502002800882 2021年7月7日閲覧。 
  8. ^ “<韓国大統領選>与党、大統領選の敗北で指導部総辞職…李在明候補は常任顧問に委嘱”. WoW!Korea. (2022年3月10日). https://news.yahoo.co.jp/articles/093ba079c6d3120c281fcfcb194a6a7485c07b23 2022年4月6日閲覧。 
  9. ^ 최창희 (2022年4月29日). “송영길 '루비콘강 건넌다' 검수완박 투표 전날 국회의원 사직서 제출” (朝鮮語). 매일신문. 2022年5月1日閲覧。
  10. ^ 국회, 오영훈 의원 사퇴안 의결... 보궐선거 확정” (朝鮮語). 제주의 대표 신문 한라일보 www.ihalla.com (2022年4月30日). 2022年5月1日閲覧。
  11. ^ ‘최초 4선 서울시장’ 오세훈 “지난해보다 마음 무겁다…경기도지사와 협조”” (朝鮮語). 이투데이 (2022年6月2日). 2022年6月2日閲覧。
  12. ^ “宋永吉日仁川市長、3大核心事業・5大市市政目標・20大課題を宣布”. Newsis. (2010年10月7日). http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?cID=article&ar_id=NISX20101007_0006351666 2012年12月14日閲覧。 
  13. ^ “‘問題多き’地方公企業、全国初減らす”. アジア経済. (2011年12月28日). http://view.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2011122809034754456&nvr=Y 2012年12月14日閲覧。 
  14. ^ “仁川市の来年度予算比、福祉費の割合過去最高”. 連合ニュース. (2012年11月27日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0005955627 2012年12月14日閲覧。 
  15. ^ “宋永吉市長、「仁川アジア競技大会を成功裏に開催します」”. Money Today. (2012年7月2日). http://www.mt.co.kr/view/mtview.php?type=1&no=2012070214412471378&outlink=1 2012年12月14日閲覧。 
  16. ^ “「グリーン気候基金」誘致、松島に超大型グローバル企業入居と同じ効果”. 韓国経済. (2012年10月26日). http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2012102684511 2012年12月14日閲覧。 
  17. ^ “GCF誘致の一等功臣-宋永吉仁川市長「松島は低炭素グリーン都市のロールモデル」”. Financial News. (2012年11月5日). http://www.fnnews.com/view?ra=Sent0701m_View&corp=fnnews&arcid=201211010100017290000680&cDateYear=2012&cDateMonth=11&cDateDay=05 2012年12月14日閲覧。 
  18. ^ 「在韓米軍は過剰」…韓国外交統一委員長、30年前の運動圏の視角が心配だ”. 全国紙・ブロック紙 - 社説にツッCOM. 2020年11月30日閲覧。
  19. ^ 「在韓米軍は過剰」…韓国外交統一委員長、30年前の運動圏の視角が心配だ. 朝鮮日報社説. (2020-07-03) 
  20. ^ 0.59%差で韓国与党代表選出 対日強硬・南北交流推進の宋永吉氏” (日本語). 北朝鮮ニュース | KWT (2021年5月15日). 2021年5月20日閲覧。
  21. ^ “宋市長、「壁を扉に」特別講演”. 仁川日報. (2012年9月5日). http://news.itimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=468436 2012年11月23日閲覧。 
  22. ^ “宋永吉「両国親善増進の功労」プーチン勲章受賞”. 聯合ニュース. (2013年2月8日). http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/article/new_search/YIBW_showSearchArticle_New.aspx?searchpart=article&searchtext=%ec%86%a1%ec%98%81%ea%b8%b8&contents_id=AKR20130208093200065 2013年2月19日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集