ボーイスカウト日本連盟ガールスカウト日本連盟では、全ての加盟員が、それぞれ明確な信仰を持つことを奨励しており、明確な信仰を持つように導く一つの方法として、宗教章(しゅうきょうしょう)を設けている。

宗教章の取得に関しては、後に述べる「宗教章授与基準」に達せねばならず、また、富士スカウト章取得のための課題の一つにもなっているので、手続き上は、進級課目や、技能章等の進歩記章類に似ているが、信仰を深めて行く上で一定の基準に達したことを賞する表彰に似た性格を持つ。宗教章を取得すると、胸章とその略章が授与される(左胸ポケットの上方に着用)。

概要編集

ボーイスカウト日本連盟、ガールスカウト日本連盟では、現在、5種類の宗教章(神道章、仏教章、キリスト教章、金光教章、世界救世教章、天理教章)が承認されているが、海外では、宗教章をより細かく設定(例えば、キリスト教はカトリック、ルター派、改革派、バプテストといった各教派別に章を設定する、など)している連盟もある。

各宗教章の様式は以下の通り。

神道章
  • 略章部分:上半分が金色で「神道章」の文字。下半分が左より緑・黄・赤・白・紫の5色に分かれている。
  • 吊章部分:金色地の中央に緑色のがあり、それを囲むように緑色の光芒と勾玉をそれぞれ八カ所に配する。[1]
仏教章
  • 略章部分:上半分が金色で「仏教章」の文字。下半分が左より紫・黄・赤・白・橙の5色に分かれている。
  • 吊章部分:金色の法輪
キリスト教章
  • 略章部分:上半分が黄色地に紺色で「キリスト教章」の文字。下半分が左より白・淡青・紫の3色に分かれている。
  • 吊章部分:赤色の丸型に白色の十字架
金光教章
  • 略章部分:上半分が赤色の二本帯と白地に金色で「金光教章」の文字。下半分が左より赤・白の2色に分かれている。
  • 吊章部分:金色で縁取りされた淡青色の円形での中央に金色のスカウト正章を配し、その周りに11の白雲を配置。
世界救世教章
  • 略章部分:上半分が赤色の二本帯と白地に金色で「世界救世教章」の文字。下半分が左より赤・白の2色に分かれている。
  • 吊章部分:金色で縁取りされた淡青色の円形での中央に金色のスカウト正章を配し、その周りに11の白雲を配置。
天理教章

授与基準編集

各教宗派は、下記の基準に基づき各教宗派別の「授与基準」を制定し、日本連盟の承認を受けなければならない。

  • 登録完了の1級以上のボーイスカウト[2]、ベンチャースカウト及びローバースカウト。ガールスカウトでは高校生年代のレンジャースカウトを対象としている。[3]
  • 自分の所属している教宗派の歴史と教えを知ること。
  • 自分の所属している教宗派の宗教行事について知ること。
  • 礼拝作法について知ること。
  • 信仰に基づき、地域社会のために奉仕すること。
  • 自分の生活の中に、教えをどのように実践しているか、記録を提出すること。

授与基準を設けている教宗派編集

以下に挙げるのは、2021年(令和3年)2月14日現在、ボーイスカウト日本連盟に「宗教章授与基準」を提出し承認された教宗派の一覧である[4]

神道章

仏教章

キリスト教章

金光教章

世界救世章

天理教章

なお、各教宗派の授与基準を制定するのは教宗派側でありボーイスカウト日本連盟ではないので、授与基準が制定されていない教宗派(例えばイスラム教三大宗教の一である)を信仰するスカウトがいた時に、そのスカウトを抱える隊・団・地区は、その都度、所属県連盟を通じて日本連盟に対して「宗教章授与基準の新設に関する書式」を請求し、また寺院・教会の聖職者と話し合った上で、その教宗派の本部へ宗教章授与基準の制定を働きかけることになっている。しかし、実際は、全ての教宗派に対し、授与基準制定の働きかけを行うのは困難であり、またその手続きにも時間が掛かるため、富士スカウト章取得等に支障がある場合に限り、日本連盟が規定する授与基準に従い「取得に対して努力したことを隊長に認めてもらう」ことで宗教章取得に換えることになっている。

問題点編集

前述の通り、ボーイスカウト日本連盟、ガールスカウト日本連盟では全ての加盟員がそれぞれ明確な信仰を持つことを奨励しているが、日本国憲法第20条で保障されている信仰の自由は「信仰する宗教を選択する自由」を保障すると同時に「特定の宗教を信仰しない・信仰を持たない自由」も保障していると解釈されるのが一般的である。現状、ボーイスカウトで富士スカウト章を取得しようとする際には宗教章を取得するか、「取得に対して努力したことを隊長に認めてもらう」ことが必須課目である。富士スカウト章の課目の履修にあたっては、「宗教章を取得しなければ認定しない」「(スカウト自身が希望する宗教・宗派ではなく)家庭の宗教・宗派の宗教章でなければ認定しない」との判断を下す者もおり、何らか、もしくは特定の信仰を持たなければ富士スカウト章を取得できなくなっている場合がある。このことはボーイスカウトの富士スカウト章への挑戦意欲を削ぐ危険を孕んでいるのみならず、広範な視点からみれば憲法違反の可能性も拭いきれない。

関連項目編集

  • 村山有:仏教章の制定に尽力した、戦後スカウト運動再興期のスカウト指導者

脚注編集

  1. ^ 「光芒」は、「鏡」と「勾玉」と同じく三種の神器をかたどったものだと言われることもあるようだが、教育規定には「光芒」と明記されている。また、「8つの剣と8つの勾玉はスカウトのおきてをあらわす」と言われることもあるようだが、「おきて」が12項目だった頃からこのデザインなので、「おきて」の項目数とは無関係と考えるのが妥当である。
  2. ^ ビーバースカウト・カブスカウトは知的理解がまだ不十分であり、ボーイスカウトの初級は基本の修得、2級は野外活動の入門期であるので、そちらを優先するため、宗教章の対象から除外されている。
  3. ^ 成人指導者は既に明確な信仰を持っているものとして、宗教章の対象から除外されている。
  4. ^ https://www.scout.or.jp/member/wp/wp-content/uploads/2019/06/syukyosyojyyokijun20210214.pdf