メインメニューを開く

宝町駅

日本の東京都中央区にある東京都交通局の駅

宝町駅(たからちょうえき)は、東京都中央区京橋二丁目にある、東京都交通局都営地下鉄浅草線である。駅番号A 12

宝町駅
Takaracho-station-ExitA1.jpg
A1番出入口(2019年8月27日撮影)
たからちょう
Takaracho
A 11 東銀座 (0.8km)
(0.8km) 日本橋 A 13
所在地 東京都中央区京橋二丁目13-11先
駅番号 A12[1]
所属事業者 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 [1]浅草線
キロ程 12.2km(西馬込起点)
電報略号 宝(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
32,242人/日
-2018年-
開業年月日 1963年昭和38年)2月28日
テンプレートを表示
1番ホーム側改札口(2010年1月)
1番ホーム側改札口(2010年1月)
ホーム(2019年3月13日)
ホーム(2019年3月13日)
宝町駅を昭和通り方面で見る(2009年12月20日)
宝町駅を昭和通り方面で見る(2009年12月20日)
A8番出入口(2019年8月27日)
A8番出入口(2019年8月27日)

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を持つ地下駅である。それぞれのホームに改札があり、改札内から反対側のホームへ行く連絡通路がある(当初は改札外にあったが、改良工事により現在の形態となった)。エスカレーターは2番線ホーム改札外とA4・A5出口を結んでいる。

2010年12月11日からA7出入口が設置された。この出入口はエレベーター専用であり、2番線ホームに直結する改札を併設しているが、自動券売機と自動精算機は設置されていないため、自動改札機に対応できない乗車券を所持する人はインターホンで係員を呼ぶ。さらに2011年12月23日からは1番線ホームに直結するA8出入口が設置された。

のりば編集

番線 路線 行先
1   都営浅草線 西馬込 京急線  羽田空港方面
2 押上 京成線 北総線  成田空港方面

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員32,242人(乗車人員:15,988人、降車人員:16,254人)である[2]

各年度の1日平均乗降・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1990年(平成02年) 10,668 [* 1]
1991年(平成03年) 10,003 [* 2]
1992年(平成04年) 10,041 [* 3]
1993年(平成05年) 10,304 [* 4]
1994年(平成06年) 10,405 [* 5]
1995年(平成07年) 9,992 [* 6]
1996年(平成08年) 9,427 [* 7]
1997年(平成09年) 9,405 [* 8]
1998年(平成10年) 9,660 [* 9]
1999年(平成11年) 9,284 [* 10]
2000年(平成12年) 9,205 [* 11]
2001年(平成13年) 9,430 [* 12]
2002年(平成14年) 9,537 [* 13]
2003年(平成15年) 20,215 9,475 [* 14]
2004年(平成16年) 20,085 9,403 [* 15]
2005年(平成17年) 21,066 9,915 [* 16]
2006年(平成18年) 21,574 10,156 [* 17]
2007年(平成19年) 21,414 10,199 [* 18]
2008年(平成20年) 20,812 10,057 [* 19]
2009年(平成21年) 19,898 9,689 [* 20]
2010年(平成22年) 19,389 9,444 [* 21]
2011年(平成23年) 18,890 9,250 [* 22]
2012年(平成24年) 20,897 10,216 [* 23]
2013年(平成25年) 22,515 10,999 [* 24]
2014年(平成26年) 24,313 11,944 [* 25]
2015年(平成27年) 26,141 12,866 [* 26]
2016年(平成28年) 28,002 13,817 [* 27]
2017年(平成29年) 30,176 14,919 [* 28]
2018年(平成30年) 32,242 15,988

駅周辺編集

周辺はオフィス街となっている。連絡はしていないが、京橋駅(東京地下鉄〈東京メトロ〉銀座線)と八丁堀駅(東京地下鉄〈東京メトロ〉日比谷線・東日本旅客鉄道〈JR東日本〉京葉線)へは歩いて数分である。東京駅へも徒歩で行くことは可能である。

バス路線編集

最寄り停留所は、地下鉄宝町駅となる。以下の路線が乗り入れ、日の丸自動車興業により運行されている。

駅名の由来編集

開業当時の地名「宝町」から。地名の宝町は1931年、町名の整理統合によって誕生。佳名を由来にする。1978年住居表示の実施に伴う町名変更で、隣接の京橋に統合する形で消滅した。

一部ではかつて「日本橋宝町」だったという記述があるが、宝町は旧京橋区に属した町であるため、これは誤りである。

延伸計画編集

運輸政策審議会答申第18号にて、「都営浅草線東京駅接着」として、当駅から東京駅を経て日本橋駅までの分岐線(デルタ線)が答申されたが、後に新橋側の起点は東銀座駅に変更されている。なお、この計画は都心直結線京成押上線押上駅 - 新東京駅 - 京急本線泉岳寺駅)に取って代わられている。

隣の駅編集

東京都交通局(都営地下鉄)
  都営浅草線
エアポート快特
通過
エアポート快特以外の列車種別
東銀座駅 (A 11) - 宝町駅 (A 12) - 日本橋駅 (A 13)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年05月26日閲覧)
  2. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
  3. ^ 中央区ポケット案内 - 中央区
  4. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  5. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集