メインメニューを開く

宮崎まさる

宮崎克から転送)

宮崎 まさる(みやざき まさる、1956年[1]9月13日[2] - )は日本漫画原作者新潟県上越市生まれ[3]

本名は宮崎克(みやざき まさる)[4]。漫画原作者としては当初使用した「宮崎まさる」、メインで使用している「宮崎克」(2007年末ごろからは「宮克」[5])のほか、鐘田頌太朗、金田正太朗、写楽麿、観月昴[6]、高田信などのペンネームを持つ。

代表作に、ファミコンソフト化もされたギャンブル漫画『100万$キッド』(宮崎まさる名義、作画:石垣ゆうき)、アニメ化もされたミステリー漫画『人形草紙あやつり左近』(写楽麿名義、作画:小畑健)、「このマンガがすごい! 2012」オトコ編第1位に選ばれたドキュメンタリー漫画『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』(宮﨑克名義、作画:吉本浩二)、テレビ東京系で連続ドラマ化されたアウトロー漫画『新宿セブン』(観月昴名義、作画:奥道則)などがある。

同じ上越市出身である漫画家のあだちつよしと組むことも多く、このコンビでの代表的な作品に『怪奇まんが道』シリーズ(宮﨑克名義)がある。

目次

略歴編集

新潟県立直江津高等学校を卒業後、上京して大学に入学[7]。卒業後、カメラの会社で働く[4]

ミステリー歴史小説が好きで、当初は小説家を目指していた[4]。実際に小説を数冊出したことがあるとインタビューで述べているが、その作品名や筆名は明かしていない[8]

1981年、第4回週刊少年マガジン原作賞入選[1]。1986年、第2回月刊フレッシュジャンプ漫画原作部門入選[1]。29歳で専業の漫画原作者となる[4]。このころの作品に、『月刊フレッシュジャンプ』1986年7月号から10月号まで連載された『アリスがヒーロー』(宮崎まさる名義、作画:ともながひでき)や、『週刊少年マガジン』に連載された『100万$キッド』(宮崎まさる名義、作画:石垣ゆうき、1986年9月24日号 - 1988年4月20日号)がある。また、『100万$キッド』連載中に同誌で、鐘田頌太朗名義で『名探偵Mr.カタギリ』(作画:宇野比呂士、1986年10月15日号 - 1988年4月6日号[9])の原作も手掛けた。『週刊少年マガジン』では続いて石垣ゆうきとのコンビで、『あいつはアインシュタイン』(宮崎まさる名義、1989年1月18日号 - 1989年5月24日号)を連載した。

その後、主な活動の場を『週刊少年ジャンプ』に移し、『METAL FINISH』(宮崎まさる名義、作画:鶴岡伸寿、1990年41号 - 1991年1・2合併号)、『力人伝説 -鬼を継ぐもの-』(宮崎まさる名義、作画:小畑健、1992年52号 - 1993年23号)、『暗闇をぶっとばせ!』(宮崎博文名義、作画:今泉伸二、1994年2号 - 16号)、『人形草紙あやつり左近』(写楽麿名義、作画:小畑健、1995年23号 - 1996年1号)の原作を担当。このうち『人形草紙あやつり左近』はアニメ化もされるなど、宮崎の代表作の1つとなった。

1996年、『ビッグコミックオリジナル』で『ポワ朗 焼け跡探偵帖』(金田正太朗名義、作画:円堂たいが)の連載を開始し、活動の幅を青年漫画誌にも広げた。

2001年ごろ故郷の上越市に戻り、以降は上越市を拠点にし、打ち合わせのため東京に行くという形で仕事を進めている。[4]

2011年、『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』(宮﨑克名義、作画:吉本浩二)で「このマンガがすごい! 2012」オトコ編第1位に選ばれた。

作風編集

ミステリーを得意とし、手掛けたミステリー漫画は発表順に、『名探偵Mr.カタギリ』、『暗闇をぶっとばせ!』、『人形草紙あやつり左近』、『ポワ朗 焼け跡探偵帖』、『はいからさん探偵帳 明治浪漫奇譚』、「ファーブル探偵記」、『殴人K(なぐりびとケイ)』、『イノセント〜処刑天使〜』、「刑事あげいん」、「RYŌ」、『動物探偵まどかの推理日誌』、『月(ルナ)は囁く』などがある。

ほかにも時代劇ドキュメンタリー等、幅広いジャンルの原作を執筆している。

漫画家・編集者に見せる原作はシナリオ形式で書いているが、重要なシーンは小説のような書き方をしている。また原作執筆にはワープロからパソコンへ移行したが、富士通の親指シフトキーボードを愛用している。[4]

作品一覧編集

宮崎まさる名義編集

宮崎克 / 宮﨑克(みやざき まさる)名義編集

  • 名探偵コナンの世界名探偵図鑑(『小学五年生』1997年6月号、『小学六年生』1997年6月号)
  • 風奔る 松田優作物語(宝島社、1998年刊)作画:高岩ヨシヒロ
  • 松田優作物語(『ヤングチャンピオン秋田書店、全6巻+00巻[『風奔る』の改訂版]、2000-2002年刊)作画:高岩ヨシヒロ
  • はいからさん探偵帳 明治浪漫奇譚(『Nighty Judy』『Judyオリジナル』小学館、全1巻、2000年刊 / Kindle版あり)作画:佐柄きょうこ
  • ファーブル探偵記(『月刊少年ジャンプ極上』集英社 2000年9月増刊号 / 佐倉ケンイチ『コトクリ』第3巻に収録)作画:佐倉ケンイチ
  • 新選組黙示録(『ヤングチャンピオン』秋田書店、全7巻、2004-2006年刊 / Kindle版あり)作画:乾良彦
  • 真田戦国史〜比興の者〜(『プレイコミック』秋田書店、全2巻、2006-2007年刊 / Kindle版あり)作画:ケン月影

以降、崎→﨑に表記変更

宮崎博文(みやざき ひろふみ)名義編集

  • 暗闇をぶっとばせ! (『週刊少年ジャンプ』集英社、全2巻、1994年刊 / Kindle版あり)作画:今泉伸二

宮﨑二郎(みやざき じろう)名義編集

鐘田頌太朗(かねだ しょうたろう)名義編集

金田正太朗(かねだ しょうたろう)名義編集

金田正太郎(かねだ しょうたろう)名義編集

写楽麿(しゃらく まーろー)名義編集

  • 人形草紙あやつり左近(『週刊少年ジャンプ』集英社、ジャンプ・コミックス全4巻[1995-1996年刊]、文庫版全3巻、リミックス版 / Kindle版あり)作画:小畑健
    • 1999-2000年 アニメ化
  • あなたは犯罪心理捜査官(二見書房、1996年 / Kindle版あり) - 推理クイズ集の小説パートを担当
  • ユニバーサルナッツ UNIVERSAL NUTS(レイアップ、セガサターン版、1997年 / プレイステーション版、1998年) - ゲームソフトのシナリオを担当 / キャラクターデザイン:内田順久

観月昴(みづき すばる)名義編集

高田信(たかだ まこと)名義編集

あだちつよし作画作品編集

同郷(新潟県上越市)出身である漫画家のあだちつよしとのコンビで作品を発表することも多く、コンビ名として「HOME BOYS」[11](文字通りの意味は「同郷の人」)を称している。

単行本

  • サラリーマン血風録(集英社〈ホームコミックス〉、全1巻、2002年刊 / Kindle版あり)※金田昭太郎[12]名義(脚本協力)
  • 殴人K(なぐりびとケイ)(『ビジネスジャンプ』集英社、全1巻、2006年刊 / Kindle版あり) ※宮崎克名義
  • 怪奇まんが道(『新耳袋 アトモスホーム社、2015年刊 / Kindle版あり) ※宮﨑克名義
    • このマンガがすごいWEBランキング 2016年1月 月間ランキング オンナ編1位
  • 怪奇まんが道 奇想天外篇(『WEBコミックサイト「Z」』連載、ホーム社、2017年刊 / Kindle版あり) ※宮﨑克名義
    • このマンガがすごいWEBランキング 2018年2月 月間ランキング オンナ編1位

読切

  • 狂走ナリ晋作(『時代劇漫画 刃-JIN-』小池書院 2008年7月号 / 『The サムライ』[小池書院、2009年刊]に収録) ※宮崎克名義
  • 刑事あげいん(『プレイコミック』秋田書店 2011年8月号) ※宮崎克名義
  • 沖田総司 鬼始末(『コミック乱ツインズリイド社 2014年8月号 / 『新選組オブ・ザ・デッド』[リイド社、2015年刊]に収録) ※宮崎克名義

脚注編集

  1. ^ a b c 写楽麿原作、小畑健漫画『人形草紙からくり左近』集英社文庫コミック版 第1巻(2004年)著者紹介より
  2. ^ 宮崎克原作、佐柄きょうこ作画『はいからさん探偵帳 明治浪漫奇譚』(小学館、2000年)著者紹介より
  3. ^ 第60回企画展 関連ミュージアムトーク <1>:手塚治虫記念館:ニュース:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト
  4. ^ a b c d e f 「上越市の漫画原作者 宮崎克さんにインタビュー」(上越タウンジャーナル、2012年1月7日)
  5. ^ 2007年末ごろ以降、基本的に「宮克」の表記を使うようになったが、それ以降の作品で「宮克」と表記されている場合もある。
  6. ^ 「観月昴」は宮崎克の別名義(あだちつよしTwitter 2017年10月13日14:16参照)
  7. ^ 「上越市在住・宮崎さんの原作漫画が今年の1位に」(上越タウンジャーナル、2011年12月26日)
  8. ^ 『ブラック・ジャック創作秘話 〜手塚治虫の仕事場から〜』3巻発売記念! 漫画 吉本浩二さん・原作 宮崎克さんインタビュー!、『虫ん坊』2013年5月号、TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト
  9. ^ 名探偵Mr.カタギリ』は不定期掲載から隔週連載を経て、1987年10月14日号より週刊連載となった。
  10. ^ ザ・ガードBOY 全2巻・宮﨑 二郎、風巻 弦|コミックパーク
  11. ^ 宮崎克原作、あだちつよし作画『殴人K』(集英社、2006年)表紙カバーそでの著者コメント等
  12. ^ 「金田昭太郎」は宮崎克の別名義(あだちつよしTwitter 2013年8月23日12:42参照)

外部リンク編集