寺田 和夫(てらだ かずお、1928年5月17日 - 1987年9月5日)は、日本の人類学者東京大学教養学部教授。兄は文芸評論家フランス文学者寺田透

来歴・人物編集

横浜市生まれ。第一高等学校から、1951年東京大学理学部人類学科卒業、同大学院を経て、1956年教養学部助手。1958年から1969年に、東京大学アンデス地帯学術調査団の一員としてペルーの考古学遺跡発掘調査に従事、助教授を経て、教授。

1962年「人体計測値による親子の類似性の分析」で理学博士(東大)。ペルー共和国特別功労賞。在職中に死去した。

ラテンアメリカの歴史と文化を専攻し、師泉靖一インカ文化アンデス文明研究を引き継いだ。

著書編集

共著編集

翻訳編集

  • 人類の誕生 カミーユ・アランブール 白水社文庫クセジュ)1953、改訳版1982
  • 人種 アンリ=V・ヴァロア 白水社(文庫クセジュ)1953
  • 生命この驚くべきもの 人間の運命 ジャン・ロスタン 白水社 1955
  • 人の遺伝 ジャン・ロスタン 白水社(文庫クセジュ)1955
  • 原始人 クラーク・ハウエル タイムライフインターナショナル 1970
  • 大衆の反逆 オルテガ 世界の名著 中央公論社、1971。中公クラシックス 2002
  • 現代文化人類学 4 人類の進化 人類と文化の起源 C.L.ブレース 香原志勢共訳 鹿島研究所出版会 1972
  • デサナ アマゾンの性と宗教のシンボリズム ライヘル=ドルマトフ 友枝啓泰共訳 岩波書店 1973
  • 最初のアメリカ人 北アメリカ考古学物語 C.W.ツェーラム 加藤泰建、松谷暁子共訳 新潮社 1974
  • マヤ マイケル・D.コウ 加藤泰建共訳 学生社 1975
  • メキシコ インディオとアステカの文明を探る マイケル・D.コウ 小泉潤二共訳 学生社 1975
  • サルから人間へ 図説・人類の祖先をたずねて ヘルベルト・W.ヴェント 中江寅彦共訳 文化放送開発センター出版部 1976
  • アメリカの先史文化 ベティ・メガーズ 松本亮三、落合一泰共訳 学生社 1977.8
  • ビルカバンバ インカ最後の都 エドムンド・ギエン(監訳)時事通信社 1977.11
  • コルテス メキシコ征服者の栄光と挫折 編訳 世界を創った人びと13 平凡社 1978.8
  • ヒトはどうして人間になったか R.リーキー、R.レウィン 岩波現代選書 1981