寿性院(じゅしょういん、正字体:壽性院、? - 寛文元年3月6日1661年4月5日))は、土佐藩主山内忠義側室高知城三の丸に居住したことから通称三の丸様 とも呼ばれる[1]


来歴編集

父は土佐国安芸郡安芸出身の庶民[2]で、山内忠義に見初められ側室となった[1]高知城三の丸に居住し忠義の次女・佐与姫を産む[3]寛文元年3月6日1661年4月5日)高知城にて死去[3]

墓所編集

庶民の出身であることから、山内家歴代墓所のある筆山ではなく、遠慮して筆山の見える鏡川の対岸の山に埋葬された [1]。のちこれに因んで、この山が「三ノ丸」と呼ばれている。現在の住所表記は、高知県高知市三ノ丸。寿性院の墓の隣りには、坂本龍馬の先祖の才谷屋の歴代墓所がある[1]

編集

一人娘の佐与姫は、土佐藩家老・山内将監(乾信勝)に嫁ぐ[4]。将監の屋敷は、高知城の南側でのちに深尾家の屋敷となった現在の「ひろめ市場」の場所である[5]。佐与姫の墓は、高知県南国市永源寺にあり、巨大な墓石であることから南国市の史蹟に指定されている[6][3]

子孫編集

子孫には板垣退助らがいる[3]

関連系図編集

永原一照前野豊成
 
 
 
女子深尾重忠乾和三山内康豊福岡干孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正行前野豊長深尾松子
 
 
 
乾和成山内忠義
 
 
 
寿性院福岡孝政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正祐前野定次前野定次の姉
 
 
 
安積伊良乾信勝
 
 
 
佐与姫福岡孝序
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正方
 
 
 
前野定次の長女前野定次の次女
 
 
 
安積良仍乾成勝
 
 
 
福岡石子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正清
 
 
 
出雲路信直の娘安積祥任
 
 
 
乾長子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾直建
 
 
 
宝球院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正聰
 
 
 
林勝周の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾信武
 
 
 
谷村自雄[7]の姉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正成
 
 
 
林幸子
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣退助

補註編集

  1. ^ a b c d “『寿性院 山内忠義の側室』”. 南国土佐へ来てみいや. (2010年4月24日). http://nangokutosa.blog47.fc2.com/blog-entry-862.html 2019年11月15日閲覧。 
  2. ^ 一部のインターネットサイトでは、寿性院の父の名を「園池宗朝」と記すものがあるが、これは、山内忠義の後妻(正室)である青岸院との混同で間違い。園池宗朝(1611-1661)は、江戸前期の公卿で、園池家の祖。櫛笥隆致の次男。権中納言・参議・治部卿、従二位。であり庶民ではない。東山天皇の妻の祖父が園池宗朝にあたり、現皇室もこの子孫にあたる。
  3. ^ a b c d 『板垣精神 : 明治維新百五十年・板垣退助先生薨去百回忌記念』”. 一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 (2019年2月11日). 2019年8月30日閲覧。
  4. ^ 『土佐藩家老物語』松岡司、高知新聞社、2001年
  5. ^ 『土佐藩ゆかりの会会報』(平成30年号)、2018年
  6. ^ 『卵塔物語』乾常美編(所収『南国史談』第22号)
  7. ^ 居合道無双直伝英信流第15世宗家・谷村亀之丞自雄

参考文献編集

  • 『南路志』武藤到和・武藤平道 共編、1815年(文化12年)
  • 『御侍中先祖書系圖牒』高知県立図書館寄託文書
  • 『卵塔物語』乾常美編(所収『南国史談』第22号)
  • 『土佐藩家老物語』松岡司、高知新聞社、2001年
  • 『土佐藩ゆかりの会会報』(平成30年号)、2018年
  • 『板垣精神』一般社団法人板垣退助先生顕彰会、2019年

外部リンク編集