小島 寛之(こじま ひろゆき、1958年 - )は、日本経済学者数学エッセイスト[2][3]。専門は経済理論[4]、特にゲーム理論[4]数理経済学意志決定理論[3]帝京大学教授経済学博士(東京大学)[1][4]

小島 寛之こじま ひろゆき
生誕 1958年(65 - 66歳)
東京都
研究機関 帝京大学経済学部
研究分野 ゲーム理論数理経済学意志決定理論
母校 東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
学位 博士(経済学)(東京大学2008年[1]
影響を
受けた人物
宇沢弘文 松原望
テンプレートを表示

略歴 編集

東京都生まれ[5][6]東京大学理学部数学科卒業。中学生のときから数学者になることを夢見ていたが、東京大学大学院理学系研究科数学専攻(現数理科学研究科)の大学院入試に3度落第したため、数学者への道を諦め、塾講師となり、中学生に数学を教えた[7]市民講座で宇沢弘文の講演を聴いたことを契機に東京大学大学院経済学研究科へ進学[要出典]。同大学博士課程単位取得退学[4]帝京大学経済学部専任講師 (2000年-2004年)、同助教授 (2004年-2010年)を経て、2010年より帝京大学経済学部教授[4]2008年東京大学より経済学の博士号を取得した (論文博士)[1][4]

著作 編集

単著 編集

共著 編集

監修 編集

  • 『人生の確率 数字でみるとリアルにわかる』小島寛之/監修、宝島社、2006年11月。ISBN 978-4-7966-5510-1 
    • 『人生の確率 数字でみるとリアルにわかる』小島寛之/監修、宝島社〈宝島社文庫〉、2007年2月。ISBN 978-4-7966-5693-1 
  • 細山敏之/作「すぐにわかるケインズ系経済学入門」『マンガ ケインズ 大不況は解決できる』小島寛之/監修・解説、石田おさむ/画、講談社、2011年4月。ISBN 978-4-06-215713-1 

博士論文 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c Kojima 2008.
  2. ^ 小島寛之の記事一覧|論座 - 朝日新聞社の言論サイト”. 論座(RONZA). 朝日新聞. 2020年11月13日閲覧。
  3. ^ a b 「小島 寛之」の記事一覧”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン). 2020年11月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 小島寛之(帝京大学教員紹介ページ)”. 帝京大学 (2023年4月28日). 2023年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月3日閲覧。
  5. ^ 数学で未知のことに向かう活力を得る--『数学入門』を書いた小島寛之氏(数学エッセイスト、帝京大学経済学部教授)に聞く | 読書”. 東洋経済オンライン (2012年8月31日). 2020年11月13日閲覧。
  6. ^ 小島寛之”. researchmap. 2020年11月14日閲覧。
  7. ^ 数学の道が閉ざされるとき”. hiroyukikojima の日記. 2015年3月12日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集