メインメニューを開く

小川 隆(おがわ たかし、1951年 - 2019年6月13日[1])は、日本のアメリカSF翻訳家評論家、編集者。日本SF作家クラブ会員。翻訳学校ユニカレッジ講師。本名は、小林祥郎[2]

目次

来歴編集

東京都出身。大学仏文科を卒業後、編集者・翻訳家に。編集者として集英社で「集英社ワールドSF」を担当[3]。1981年から[4]英米SFの新作を紹介研究するファングループ「ぱらんてぃあ」を、主催(会員には山岸真中原尚哉内田昌之尾之上俊彦中野善夫らがいた)。

1985年にはファンジン『ぱらんてぃあ』でSFファンジン大賞を受賞[5]。小林祥郎名義でのSFファン活動により、1992年柴野拓美賞を受賞[6]

1980年代に、サイバーパンクをはじめとする、アメリカSFの新しい潮流を日本に紹介した。ブルース・スターリング作品の翻訳をほとんど担当している。

ロックをはじめとしたアメリカン・ポップカルチャーに詳しく、それらとSF小説との関連をふまえた、紹介記事・評論等を執筆。近年は、アメリカにおけるジャンル横断的な小説ムーブメントを「スプロール・フィクション」と名付け、「SFマガジン」に作品を紹介していた。

2012年には、自らが主宰するプロの翻訳家グループ〈26to50〉を立ち上げた。

翻訳編集

編著編集

  • 80年代SF傑作選 上下 山岸真共編 早川書房、1992 (ハヤカワ文庫. SF)

脚注編集

外部リンク編集