メインメニューを開く

小林 敏明(こばやし としあき、1948年11月29日 - )は日本哲学者。専門は哲学精神病理学ライプツィヒ大学教授哲学博士ベルリン自由大学1996年[1]

小林 敏明
(こばやし としあき)
生誕 (1948-11-29) 1948年11月29日(70歳)
日本の旗 日本岐阜県恵那郡苗木町(現・中津川市)
研究分野 哲学
精神病理学
テンプレートを表示

目次

略歴編集

岐阜県生まれ。1967年岐阜県立中津高等学校卒業。1971年名古屋大学文学部哲学科卒業。1974年名古屋大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。1976年河合塾講師および河合文化教育研究所研究員。1984年ベルリン自由大学宗教学研究所客員研究員。1992年ハイデルベルク大学精神科客員研究員。1996年ベルリン自由大学哲学博士。ライプツィヒ大学東アジア研究所専任講師。2002年東京外国語大学大学院地域文化研究科助教授。2006年ライプツィヒ大学東アジア研究所日本学科教授[1]。2014年退官後、執筆活動に専念。

人物編集

名古屋大学在学中に全共闘運動に参加し、生涯の師とされる廣松渉を知る。ドイツに渡ってからはベルリン自由大学クラウス・ハインリッヒ(Klaus Heinrich)とハイデルベルク大学の精神病理学者アルフレート・クラウス(Alfred Kraus)、マールブルク大学の精神病理学者ヴォルフガング・ブランケンブルク(Wolfgang Blankenburg)らの指導のもと研究を続ける。精神病理学研究に関しては木村敏の影響も大きい。哲学、精神病理学を専門分野としながら、研究対象は西田幾多郎を中心とする京都学派、廣松渉、ドイツロマン主義などと幅広い。

著書編集

  • 『〈ことなり〉の現象学 役割行為のオントプラクソロギー 』弘文堂 1987
  • 『アレーテイアの陥穽』ユニテ 1989
  • 『精神病理からみる現代思想』講談社現代新書 1991
  • 西田幾多郎-他性の文体』太田出版 1997
  • Melancholie und Zeit. Stroemfeld, Frankfurt a. M. 1998
  • Denken des Fremden Stroemfeld, Frankfurt a. M. 2002
  • 『西田幾多郎の憂鬱』岩波書店 2003/岩波現代文庫 2011
  • 『廣松渉-近代の超克』講談社 2007/講談社学術文庫 2015
  • 『憂鬱な国/憂鬱な暴力 精神分析的日本イデオロギー論』以文社 2008
  • 『父と子の思想 日本の近代を読み解く』ちくま新書 2009
  • 『〈主体〉のゆくえ 近代日本思想史への一視角』講談社選書メチエ 2010
  • 『フロイト講義 <死の欲動>を読む』せりか書房 2012
  • 『西田哲学を開く <永遠の今>をめぐって』岩波現代文庫 2013
  • 『風景の無意識 C・D・フリードリッヒ論』作品社 2014
  • 柄谷行人論 <他者>のゆくえ』筑摩選書 2015
  • 『憂鬱なる漱石』せりか書房 2016
  • 夏目漱石と西田幾多郎 共鳴する明治の精神』岩波新書 2017

共編著編集

  • 編著『廣松渉論』ユニテ 1982
  • 『哲学者廣松渉の告白的回想録』(編・解説)河出書房新社 2006

訳書編集

  • Kôjin Karatani: Ursprünge der modernen japanischen Literatur, Stroemfeld/Nexus, Frankfurt a.M. 1996 (mit Nora Bierich)
  • クラウス・ハインリッヒ『ノーを言う難しさ』法政大学出版局・叢書ウニベルシタス、2000
  • Kitarô Nishida: Philosophie der Physik, Leipziger Universitätsverlag, Leipzig, 2012 (mit Max Groh)
  • ヴォルフガング・ブランケンブルク『目立たぬものの精神病理』木村敏,生田孝監訳 鈴木茂,渡邉俊之,和田信共訳 みすず書房、2012
  • マンフレド・シュピッツァー『デジタル・デメンチア――子どもの思考力を奪うデジタル認知障害』村井俊哉監修 講談社、2014

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小林敏明『フロイト講義〈死の欲動〉を読む』せりか書房、2012年6月。ISBN 9784796703130 巻末

関連人物編集

関連項目編集