廣松渉

廣松 渉(ひろまつ わたる、男性、1933年8月11日 - 1994年5月22日)は、日本哲学者東京大学名誉教授。

ひろまつ わたる
廣松 渉
生誕 (1933-08-11) 1933年8月11日
日本の旗 日本 山口県
死没 (1994-05-22) 1994年5月22日(60歳没)
出身校 東京大学
職業 哲学者

筆名門松暁鐘など。妻の妹は加藤尚武夫人。

目次

略歴編集

福岡県柳川市蒲池出身。出生地は山口県厚狭郡山陽町(現在の山陽小野田市)。1946年、中学1年生の時に日本青年共産同盟に加盟。 1949年4月、高校進学と同時に日本共産党に入党する。1950年の50年分裂では国際派に所属し、 1951年に国際派の「全国統一会議」が解散した後は、党に戻らず全日本学生自治会総連合(全学連)などで活動。

福岡県立伝習館高等学校中退後、大検に合格して大学進学資格を得て、東京学芸大学に入学するも、中退して東京大学文学部哲学科に再入学をする。当初はエルンスト・マッハに対する関心が強かったが、指導教官の勧めもあってカント研究に専念することになる。その後、東京大学大学院に進学。1965年に博士後期課程を単位取得退学している。

1955年7月、日共第六回全国協議会(六全協)を受けて復党するも、翌年に出版した共著書『日本の学生運動』が問題とされて離党した。1958年12月、共産党と敵対する共産主義者同盟(ブント)が結成されると以降、理論面において長く支援し続けた。1967年創刊の『情況』は、廣松が当時の金で100万円援助して、創刊されたものだという。創設者の古賀暹によれば、いったん断ったが、喫茶店で上半身の服を脱ぎ、さらしから100万円を出し、「男が一度出した金を引っ込めることはできない」と言われたことから、創刊を決意したと言う(荒岱介『破天荒な人々 叛乱世代の証言』(彩流社2005)古賀暹インタビュー)。 ソ連東欧社会主義体制が崩壊しつつあった1990年にはフォーラム90sの発足にも関わった。

1965年から1970年まで名古屋大学ドイツ語哲学などを教えた。1965年名古屋工業大学着任、1966年助教授1967年名古屋大学講師、1969年助教授。1970年学生運動を支持して名古屋大学を辞職。法政大学講師や、1973年大森荘蔵の要請で東京大学教養学部の非常勤講師となり、1976年に助教授、1982年に教授に就任した。1994年3月に東大を定年退職。河合文化教育研究所の専任研究員となったが、既に病床にあったため一度も出勤しなかった。1994年5月22日、肺癌にて死去。

思想編集

廣松渉の政治思想には、共産党員であった母の影響が強いと言われる。マルクス/エンゲルスの思想における物象化論を中心に、マッハフッサールハイデッガー等と対質しながら、特異な文体を用いて、主観-客観の二項対立図式を止揚すべく独自の哲学を展開した。

マルクス、エンゲルスが草稿として残し、後の時代に編集されて出版された『ドイツ・イデオロギー』に関しては、1932年マルクス・エンゲルス・レーニン研究所がV・アドラツキー編集で刊行した『マルクス・エンゲルス全集』(Marx/Engels historisch-krirische Gesamtausgabe いわゆる旧MEGA)第1部5巻に収録されたアドラツキー版が長らく決定版と見なされていたが、廣松渉はこの版の問題点を指摘。事実上の改竄に当たることを証明した功績は大きい。その後、独自に編集した『新編輯版ドイツ・イデオロギー』やその他の研究著書を発表し、現代でも高く評価されている。また、『ドイツ・イデオロギー』において、マルクスの思想がそれ以前の『経済学・哲学草稿』の疎外論から、後期の物象化論へ思想的転換が起こっているとの独自の見解を展開した。当時マルクス・エンゲルスの思想を疎外論を中心軸として解釈する立場を取る者が多かったため、後期物象化論を軸にしてマルクスを読み解こうとする廣松の見解は賛否両論の大きな反響を呼んだ。1960年代から1970年代にかけて出版された『マルクス主義の成立過程』『マルクス主義の地平』『マルクス主義の理路』は、マルクス主義三部作と呼ばれる。

マルクス、エンゲルスの研究の一方で、主観・客観図式による伝統的な認識論を批判。主観・客観とされているいずれの側も二重になっており、全体として世界の存在構造は「四肢的」だと指摘した。また、実体があって関係があると考える物的世界観に対し、関係があってこそ実体があると考える事的世界観を提起した。1970年代以降には、独自の哲学体系を構築することに力を注ぎ、1982年に主著となる『存在と意味』第一巻を発表した。これは全三巻の予定だったが、1993年に第二巻を出版したところで病に倒れることになった。

1994年3月16日の朝日新聞夕刊において、「東北アジアが歴史の主役に——日中を軸に“東亜”の新体制を」と題した論説を発表し、「アメリカが、ドルのタレ流しと裏腹に世界のアブソーバー(需要吸収者)としての役を演じる時代は去りつつある。日本経済は軸足をアジアにかけざるをえない」と主張した。また、日中を軸とした東亜の新体制が「日本資本主義そのものの抜本的な問い直しを含むかたちで、反体制左翼のスローガンになってもよい時期であろう」とも唱えた[1]

著作編集

  • 『エンゲルス論 その思想形成過程』盛田書店1968年 のちちくま学芸文庫 
  • 『マルクス主義の成立過程』至誠堂、1968
  • 『マルクス主義の地平』勁草書房1969年 のち講談社学術文庫 
  • 『現代革命論への模索 新左翼革命論の構築のために』盛田書店 1970
  • 『青年マルクス論』平凡社1971年 のちライブラリー 
  • 『唯物史観の原像』三一書房1971年
  • 『世界の共同主観的存在構造』勁草書房1972年 のち講談社学術文庫 
  • 『現代革命論への模索』新泉社 1972
  • 『科学の危機と認識論』紀伊国屋新書 1973
  • 『資本論の哲学』現代評論社 1974 のち平凡社ライブラリー 
  • 『マルクス主義の理路』勁草書房 1974
  • 『事的世界観への前哨 物象化論の認識論的=存在論的位相』勁草書房、1975年
  • 『もの・こと・ことば』勁草書房1979年 のちちくま学芸文庫 
  • 『<近代の超克>論 昭和思想史への一断想』朝日出版社 エピステーメー叢書 1980 のち講談社学術文庫
  • 『マルクスの思想圏 本邦未紹介資料を中心に』井上五郎補注 朝日出版社 1980
  • 『新左翼運動の射程』ユニテ 1981
  • 『相対性理論の哲学』日本ブリタニカ 1981
  • 『存在と意味 事的世界観の定礎』第1巻、岩波書店1982年
  • 『唯物史観と国家論』論創社1982年 のち講談社学術文庫 
  • 『物象化論の構図』岩波書店 1983 のち岩波現代文庫 
  • 『生態史観と唯物史観』ユニテ1986年 のち講談社学術文庫 
  • 『資本論の哲学』勁草書房1987年
  • 『新哲学入門』岩波新書1988年
  • 『哲学入門一歩前 モノからコトへ』講談社現代新書1988年
  • 『心身問題』青土社、1989 
  • 『表情』弘文堂1989年
  • 『弁証法の論理 弁証法における体系構成法』青土社 1989
  • 『今こそマルクスを読み返す』講談社現代新書1990年
  • 『知のインターフェイス 広松渉学際対話』青土社 1990
  • 『マルクスと歴史の現実』平凡社 1990 のちライブラリー 
  • 『現象学的社会学の祖型 A・シュッツ研究ノート』青土社 1991
  • 『ヘーゲルそしてマルクス』青土社 1991
  • 『哲学の越境 行為論の領野へ』勁草書房 1992
  • 『存在と意味』第2巻、岩波書店1993年
  • 『近代世界を剥ぐ』平凡社 これからの世界史 1993
  • 『東欧激変と社会主義』「東欧激変と社会主義」刊行委員会 1994
  • フッサール現象学への視角』青土社 1994
  • 『マルクスの根本意想は何であったか』情況出版 1994
  • 広松渉コレクション』全6巻 情況出版 1995
  • 広松渉著作集』全16巻 岩波書店、1996-97
  • 『広松渉哲学小品集』小林昌人編 岩波書店 同時代ライブラリー 1996
  • 『哲学者廣松渉の告白的回想録』小林敏明編 河出書房新社 2006
  • 『事的世界観への前哨 物象化論の認識論的=存在論的位相』ちくま学芸文庫 2007
  • 『廣松渉哲学論集』熊野純彦編 平凡社ライブラリー 2009
  • 『廣松渉マルクスと哲学を語る 単行本未収録講演集』小林昌人編 河合文化教育研究所 2010
  • 『役割理論の再構築のために』岩波書店 2010

共編著編集

  • ヘーゲル(世界の思想家)平凡社、1976 
  • 哲学に何ができるか 現代哲学講義 五木寛之対談 朝日出版社 1978.12 Lecture books のち中公文庫 
  • 仏教と事的世界観 吉田宏晢共著 朝日出版社 1979.12 エピステーメー叢書
  • マルクス・エンゲルスの革命論 マルクス主義革命論史1 片岡啓治共編 紀伊國屋書店、1982 
  • 唯物史観と国家論 山本耕一共著 論創社 1982.2
  • メルロ=ポンティ 港道隆共著 岩波書店 1983.7 20世紀思想家文庫
  • 共同主観性の現象学 増山真緒子共著 世界書院 1986.10
  • 資本論を物象化論を視軸にして読む 1986.7 岩波セミナーブックス
  • 相対性理論の哲学 勝守真共著 勁草書房 1986
  • ヘーゲル左派論叢 第1-4巻 良知力共編 御茶の水書房 1986-87 
  • 歴史的実践の構想力 小阪修平共著 作品社 1991.11
  • 『記号的世界と物象化』(丸山圭三郎対談)情況出版1993年

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 廣松渉著作集』第14巻(1997年、岩波書店)pp.497-500、前田年昭「アジア主義を考える」および、小林敏明「廣松渉」講談社,2007

関連項目編集