メインメニューを開く
小栗一雄

小栗 一雄(おぐり かずお、1886年7月8日 - 1973年1月20日)は、日本の内務官僚県知事警視総監

経歴編集

静岡県出身。小栗平七郎の四男として生まれる。静岡中学第一高等学校を経て、1911年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業し、農商務省に入り林務属となる。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。その後、山林事務官補・東京大林区署在勤となる。

1914年4月、一木喜徳郎文部大臣秘書官に就任し文部省参事官を兼務。1915年8月、一木大臣の内務大臣へ異動に伴い内務大臣秘書官に就任。1916年10月、京都府視学官となり、東京府視学官、奈良県警察部長、長崎県警察部長、警視庁衛生部長、警視庁保安部長、大阪府書記官警察部長、兵庫県書記官・内務部長、大阪府書記官・内務部長などを歴任。

1930年8月、奈良県知事に就任。1931年5月、台湾総督府に転じ内務局長となる。1932年6月、福岡県知事となり、さらに1934年10月、警視総監を務めた。二・二六事件により1936年3月に休職となり、翌月に退官した。

太平洋戦争を迎え、1942年6月、陸軍司政長官・ボルネオ守備軍司令部付顧問に就任し、1944年4月まで在任。この間、1943年6月からはマライ軍政監部付兼南方総軍司令部付(顧問)、陸軍省軍務局付も務めた。

逸話編集

  • 農商務省の入省同期には、五島慶太河合良成がいる。
  • 文官高等試験合格同期には、重光葵吉田茂 (内務官僚)らがいる。中でも吉田茂(総理大臣になった吉田茂とは同姓同名の別人)とは、無二の親友だった[1]
  • 中村汽船の創業者である中村精七郎とは妻同士が姉妹であり、義弟にあたる。中村には一家で広大な御世話になったと小栗は述懐している[2]
  • 中村精七郎が米内光政の支援者であったことから、小栗も米内が佐世保鎮守府長官時代から親交をもっており、1940年1月14日の米内内閣組閣時には組閣参謀として組閣本部に入っている。[3][4][5][6]
  • 小栗は警視総監時代の1935年1月18日に夢野久作と面会している。久作が「水平社の事」を頼むと「脅迫に来ましたら直ぐ通知せられよ。特高課で扱つて上げます」と答えたという[7]。。

栄典編集

出典編集

  1. ^ 伊藤卯四郎 1972.
  2. ^ 的場信治郎 1958, p. 序文.
  3. ^ 阿川弘之 1979, p. 221.
  4. ^ 危な気ない手際、大阪毎日新聞、1940年1月16日
  5. ^ 米内大将に大命降下、京城日報、1940年1月15日
  6. ^ 同盟旬報 第4巻 第2号 p.86.
  7. ^ 夢野久作、杉山龍丸 1976, p. 378.
  8. ^ 『官報』第5108号「叙任及辞令」1944年1月26日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 伊藤卯四郎『伊藤卯四郎・越し方けわし』議事堂通信社、1972年。
  • 的場信治郎『中村精七郎伝』山九運輸、1958年。
  • 阿川弘之『雲の墓標 米内光政』新潮社〈新潮現代文学〉、1979年。
  • 夢野久作『夢野久作の日記』杉山竜丸、葦書房、1976年。


公職
先代:
石黒英彦
  台湾総督府内務局長
1931 - 1932
次代:
小浜浄鉱