メインメニューを開く

小沢 瑞穂(おざわ みずほ、1941年 - )は、日本の翻訳家。

東京府(現東京都)出身。立教大学英文科卒業。米国留学後、エールフランススチュワーデスとして勤務した。その後、帝人で翻訳などに携わり、35歳で独立した。主に、ジュディス・クランツエイミ・タンなどの女性作家の作品、人生論、エッセイなどを訳す。

著書編集

  • 『アメリカ雑誌を楽しく読む法』(PHP研究所 1982年)
  • 『やっとひとり』(晶文社 1996年)
  • 『大人の女の英語術』(幻冬舎 2002年)

翻訳編集

  • ヒュー・フリートウッド『ローマの白い午後』(早川書房 1979年)
  • ジョージナ・ハウエル『In Vogue ヴォーグの60年』(共訳 平凡社 1980年)
  • アクセル・マドセン『イヴ・サンローラン デザインに生きる』(文化出版局 1980年)
  • ジュディス・クランツ『スクループルズ』(サンリオ 1980年 のち新潮文庫
  • ハンス・ヨルゲン・レンボーン『さよなら、マリリン M・モンローとの40日間』(文化出版局 1981年)
  • フラン・レボウィッツ『嫌いなものは嫌い メトロポリタン・ライフ入門』(晶文社 1981年)
  • スコット・スペンサー『エンドレス・ラブ』(早川書房 1981年 のち文庫)
  • アーネスティン・カーター『ファッションの仕掛人 ブランメルからサンローランまでの23人』(文化出版局 1982年)
  • 『トップモデル』(富士見ロマン文庫 1983年)
  • ベス・グッチョン『坊やが帰ってこない』(早川書房 1983年)
  • フラン・レボウィッツ『どうでも良くないどうでもいいこと』(晶文社 1983年)
  • ドナルド・J.ソボル『ぜんぶ本当の話』(晶文社 1984年)
  • ダーク・ウィッテンボーン『赤いカウボーイ・ブーツ』(早川書房 1984年)
  • アンヌ=マリー・ヴィーユフランシュ『愛の歓喜 フランス実話エロチカ 三部作』(富士見ロマン文庫 1985年)
  • スティーヴン・スペンダーデヴィッド・ホックニー『チャイナ・ダイアリー』(新潮社 1986年)。旅行絵日記
  • プリシラ・プレスリー『私のエルヴィス』(新潮文庫 1987年)
  • デリア・エフロン『コドモ感覚 大人にならないための19レッスン』(研究社出版 1987年)
  • V.C.アンドリュース『ヘヴン』(扶桑社・サンケイ文庫)1987)
  • リン・アンドルーズ『メディシン・ウーマン 新たな旅立ち』(光文社 1988年)
  • ロバート・リチャードソン『誤植聖書殺人事件』(扶桑社・サンケイ文庫)1988)
  • メアリー・マッケイ『ダンス・ロマネスク』(早川書房 1988年)
  • スチュアート&エリザベス・イーウェン『欲望と消費 トレンドはいかに形づくられるか』(晶文社 1988年)
  • リン・アンドルーズ『ジャガーウーマン 蝶の木の教え』(光文社 1989年)
  • ジャネット・デイリー『ローソン・ブルーの瞳』(新潮文庫 1989年)
  • ジュディス・クランツ『また会う日まで』(新潮文庫 1989年)
  • J.D & クリスティーン・リード『狙われたイレブン』(ハヤカワ文庫 1989年)
  • キャリー・フィッシャー『崖っぷちからのはがき』(彩古書房 1989年)
  • エィミ・タン『ジョイ・ラック・クラブ』(角川書店 1990年 のち文庫)
  • デリア・エフロン『ファニー・ソース』(研究社出版 1990年)
  • キャロル・クルーロー『ローズの場合 女性のための不倫ガイド』(文藝春秋 1990年)
  • デイアン・スージック『カルト・ヒーロー セレブリティ・ビジネスを読む』(晶文社 1990年)
  • キャサリン・ハーヴェイ『バタフライ』(角川文庫 1991年)
  • ケイ・N.スミス『ボリスは来なかった』(新潮文庫 1991年)
  • エィミ・タン『キッチン・ゴッズ・ワイフ』(角川書店 1992年 のち文庫)
  • ノラ・エフロン『ママのミンクは、もういらない』東京書籍(アメリカ・コラムニスト全集)1992)
  • ジュディス・クランツ『ダズル』(新潮文庫 1992年)
  • クリストファー・アンダーセン『マドンナの真実』(福武書店 1992年 のち文庫)
  • ジャネット・デイリー『恋がたき』新潮文庫 1993年)
  • ドナルド・スポト『マリリン・モンロー最後の真実』part 1-2(真崎義博共訳 光文社 1993年)
  • クリストファー・アンダーセン『ミック・ジャガーの真実』(福武書店 1993年)
  • ヘレン・ブロック『英国流トータル・エレガンス』(講談社 1994年)
  • ロゼリン・ブラウン『判決前夜』(新潮社 1994年 のち文庫)
  • キャリー・フィッシャー『ピンクにお手あげ』文藝春秋 1994年)
  • キャサリン・ハーヴェイ『スターズ』(角川文庫 1994年)
  • ジュディス・クランツ『スクループルズ 2 愛と野望の物語』(新潮文庫 1995年)
  • バーバラ・デアンジェリス『どうすれば愛は長続きするか メイク・ラヴの心理処方箋』(講談社 1995年 のち講談社+α文庫
  • マルロ・モーガン『ミュータント・メッセージ』(角川書店 1995年 のち文庫)
  • アイリス・レイナー・ダート『ガールズ・ナイト』(小学館 1996年)
  • スーザン・ダンドン『別れた夫への手紙』(新潮社 1996年)
  • ジョイ・スターリング『カリフォルニア・ワイナリーの四季』(ジャパンタイムズ 1996年)
  • スーザン・パワー『グラス・ダンサー』(めるくまーる 1996年)
  • J.H.マークス『ガール6』(新潮文庫 1996年)
  • エィミ・タン『私は生まれる見知らぬ大地で』(角川書店 1997年 のち文庫)
  • ジェイン・メンデルソーン『アメリアの島』(早川書房 1997年)
  • ジュディス・クランツ『ラヴァーズ』(新潮文庫 1997年)
  • ローラ・シュレシンジャー『ちょっと「愛」につまずいたときの心理療法』(講談社 1998年)
  • エリザベス・フィシェル『父と娘の秘密の法則』(朝日新聞社 1998年)
  • ジーン・リース『サルガッソーの広い海』(ジーン・リース・コレクション 1)みすず書房 1998年
  • K.C.マキノン『ハーヴェスト・ムーン』(新潮社 1998年)
  • コリン・キャンベル『ダイアナ“本当の私"』(光文社 1998年)
  • リチャード・カールソン『小さいことにくよくよするな!』全3巻(サンマーク出版 1998年-2000年 のち文庫)
  • マリアンヌ・グレイ『女優ジャンヌ・モロー 型破りの聖像』(日之出出版 1999年)
  • マルロ・モーガン『永遠からのメッセージ』(角川書店 1999年)
  • リチャード・カールソン『お金のことでくよくよするな! 心配しないと、うまくいく』(サンマーク出版 1999年 のち文庫)
  • ジュディス・クランツ『スプリング・コレクション』(新潮文庫 2000年)
  • リチャード&クリスティーン・カールソン『小さいことにくよくよするな! 愛情編』(サンマーク出版 2000年 のち文庫)
  • オーリア・マウンテン・ドリーマー『ただ、それだけ』(サンマーク出版 2001年)
  • ヴェラ・ペイファー『ひとりを楽しんで暮らす方法』(大和書房 2001年)
  • エイミー・ジェンキンズ『ハネムーンの夜に』(ソニー・マガジンズ 2001年 「恋と愛はちがうのよ」(ビレッジブックス))
  • ジョン・ベイリー『作家が過去を失うとき アイリスとの別れ 1』朝日新聞社 2002年)
  • アン・デヴィッドソン『アルツハイマーある愛の記録』(新潮社 2002年)
  • ジェラルド・セレンテ『ジジの贈りもの』(文藝春秋 2002年)
  • ジュディス・クランツ『恋する宝石』(新潮文庫 2002年)
  • ジョーン・アンダーソン『海辺の1年 もう一度、愛しあうために』(光文社 2003年)
  • ハル・アーバン『「心の癖」を変える20の法則 人生の悦びをもっと味わうために (ソニー・マガジンズ 2004年)
  • ロザンヌ・バドゥスキー、ロジャー・ギティンズ『ジャック・ウェルチに学んだ仕事の流儀 (サンマーク出版 2004年)
  • リチャード・カールソン『過去にくよくよこだわるな 今を大事に生きる40のヒント』ダイヤモンド社 2005年)
  • ローリー・ウィンストン『グッド・グリーフ 私は、ここにいる。』(小学館 2006年)
  • カレン・キングズベリー『赤い手袋の奇跡 ギデオンの贈りもの』(集英社 2006年)
  • カレン・キングズベリー『マギーの約束 赤い手袋の奇跡』(集英社 2007年)
  • リチャード・カールソン『それでも!小さいことにくよくよするな!』(サンマーク出版 2008年)
  • カレン・キングズベリー『サラの歌 赤い手袋の奇跡』(集英社 2008年)
  • スージー・ウェルチ『10-10-10(テンテンテン) 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!』(講談社 2010年)