メインメニューを開く

小菅智淵

小菅 智淵(こすげ ともひろ、天保3年11月25日1832年12月16日) - 1888年(明治21年)12月18日)は、日本の陸軍軍人工兵隊の創成者で、陸軍参謀本部初代陸地測量部長を務めた。

小菅 智淵
こすげ ともひろ
KOSUGE Tomohiro.jpg
生誕 1832年12月16日
日本の旗 江戸 牛込
死没 (1888-12-18) 1888年12月18日(56歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国 愛知県 名古屋
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1877 - 1888
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大佐.svg 陸軍工兵大佐
墓所 青山霊園
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1832年(天保3年)11月25日、江戸牛込区山伏町(現在の東京都新宿区市ヶ谷山伏町)に幕臣関定孝の次男として生まれた。幼名辰之助。実弟の関定暉は陸地測量部の初代地形課長である。

幼少時から長じて昌平坂学問所で学び、学問の他に武技も熱心に学んだ。22歳の時、叔母の嫁ぎ先である旗本小菅五郎兵衛の養子となる。その後、幕府の軍艦操練所開成所などに入所して、航海術工学数学等の研究に没頭した。

その後、講武所に入り、士官としての軍事教育を受け幕府陸軍歩兵差図役、同頭取となり、慶応4年(1868年)3月13日には歩兵頭並に昇進し、同3月中には工兵隊に転属となり、工兵頭並に転出した。戊辰戦争では、幕臣として官軍に抗し、箱館戦争に至るまで各地を転戦し、五稜郭の戦いの後、捕らわれの身となった。

約1年の幽閉の後、1870年2月(明治3年1月)恩赦により静岡藩引渡しとなった[1]後、1872年2月(明治5年3月)、陸軍省八等出仕に任官[2]し、陸軍築造局、陸軍兵学寮教授を経て、1877年(明治10年)4月26日、陸軍少佐に任ぜられ、陸軍士官学校教官に仰せ付けられた[3]。同年5月17日には陸軍教導団教官兼任となり、1879年(明治12年)11月、参謀本部測量課長に任命された。その後、全国測量の計を立て、今日の5万分1地形図の全国整備の基礎を築くとともに、内務省三角測量事業を併せ、全国測量事業を統一した。

1882年(明治15年)3月8日陸軍工兵中佐に任ぜられ[4]、1884年(明治17年)9月10日、参謀本部測量局長に補せられる[5]。1886年(明治19年)4月23日陸軍工兵大佐となり[6]、参謀本部長隷下の独立官衙たる陸地測量部の創設に尽力し、1888年(明治21年)5月14日陸地測量部初代部長となった[7]が、同年12月18日久留米基線測量視察からの帰途、名古屋陸軍病院にて病没。享年56。墓所は青山墓地

1899年(明治32年)、銅像芝公園に建立されたが、戦時中の金属供出で撤去され、再建はされていない。

栄典編集

家族・親族編集

小菅智淵の妻は作子で、作子との間に2男5女があった。長男は早世し、次男の如淵が小菅家を継いだ。如淵は一高、東大と進み、1905年東京帝国大学(現在の東京大学)法科を卒業し、1907年会計検査官となり、会計検査院第二部長在職中に死去した。如淵は晩婚であったため子供がなかった。以後小菅家は女系で繋がることとなる。 長女の茂は、明治初年の馬車鉄道長種田に嫁し、次女の縫は銀行頭取笹尾に嫁し、三女の房は西郷従道の義弟の得能通要に嫁し、四女の浜は高橋に嫁いだが死別し、池上四郎と再婚した。五女の芳は裁判官の板垣に嫁した。浜が再婚した池上四郎は会津藩士・池上武輔の二男で、大阪府警察部長大阪市長などを歴任し、朝鮮総督府政務総監在職中死去した。池上四郎・浜夫妻の間には2男5女の7人の子供があった。 六女の紀子は川嶋家に嫁し、2男2女をもうけた。紀子の夫は川嶋孝彦であり、内閣書記官内閣統計局長、参議院事務局専門員などを経て、国立国会図書館専門調査員在職中に死去した。川嶋孝彦・紀子の長女・宮子が養女として入り、小菅家を継いでいる。


脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集