メインメニューを開く

尾崎駅

日本の大阪府阪南市にある南海電気鉄道の駅

尾崎駅(おざきえき)は、大阪府阪南市尾崎町にある、南海電気鉄道南海本線駅番号NK37。阪南市の代表駅である。

尾崎駅
尾崎駅東口(駅舎焼失前)
尾崎駅東口(駅舎焼失前)
おざき
OZAKI
NK36 樽井 (2.5km)
(1.5km) 鳥取ノ荘 NK38
所在地 大阪府阪南市尾崎町95番地の1
駅番号 NK 37
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 南海本線
キロ程 43.1km(難波起点)
電報略号 オザ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
11,271人/日
-2016年-
開業年月日 1897年明治30年)11月9日
テンプレートを表示
駅前には、『阪南市民憲章』が掲げられている。
2007年7月19日撮影

目次

概要編集

阪南市の中心に所在する。同市に所在する南海電気鉄道の駅は当駅と鳥取ノ荘駅箱作駅である。

歴史編集

  • 1897年明治30年)11月9日 - 南海鉄道 佐野駅(当時) - 当駅延伸により終着駅として開業。
  • 1898年(明治31年)10月22日 - 当駅から和歌山北口駅(紀ノ川駅の前身、現存せず)まで路線延伸、途中駅となる。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1973年(昭和48年)8月 - 橋上駅化。
  • 2001年平成13年)3月24日 - 特急停車駅に昇格。
  • 2017年(平成29年)
    • 10月22日 - 台風21号の影響で樽井駅~当駅間の男里川橋梁が損傷し、当該区間は運休となる[1]
    • 11月1日 - 樽井駅~当駅間が上り線の線路を使用し単線で運転再開。
    • 11月23日 - 樽井駅~当駅間が上下線で運転再開[2]
  • 2018年(平成30年)
    • 9月4日 - 駅施設の配電盤および自動券売機などから出火する火災が発生し、駅舎が全焼[3]台風21号の関連性が推測されている。9月10日まで駅を休止(全列車臨時通過扱い)[4]
    • 9月11日 - 1番線と4番線に仮設のスロープと臨時の出入口を設置し、駅の営業を再開[5][6]
  • 2019年(平成31年)
    • 3月23日 - 駅舎の供用を再開[7]

鉄道唱歌編集

鉄道唱歌第5集(関西・参宮・南海篇)(1900年(明治33年)作詞)56番の歌詞にて、当駅が登場する。

尾崎に立てる本願寺 樽井にちかき躑躅山 やまずに来て見ん春ふけて 花うつくしく咲く頃は

駅構造編集

待避設備を備えた島式ホーム2面4線を有する橋上駅有効長は8両編成分で、なんば方に渡り線がある。通常ダイヤでは当駅折り返しの列車は設定されていないが、空港線の運転見合わせの際に普通が当駅で折り返したことがある。また、2017年の台風21号による男里川橋梁の陥没が起きた際には当駅での折り返しが行われた。

2014年10月18日のダイヤ改正により、日中に特急サザンと普通の緩急接続を行うようになり、日中でも1番線と4番線の使用頻度が大幅に増加した。

駅舎は上記のように2018年9月4日に台風21号の影響とみられる火災により焼失した。それに伴い、1番線と4番線を停止して仮設のスロープと出入口を設置している[6]。焼失前の駅舎は売店飲食店のほか、三井住友銀行ATMがあったが、橋上駅舎の復旧時点では店舗スペースのみ確保されており営業している店はない。

また、駅東口にはバス乗り場、西口にはタクシー乗り場がある。駅東出口にエスカレーター、駅西出口と各ホームにエレベーターが設置されている。トイレも設置されている。

改札内およびホーム上の発車標反転フラップ式(ソラリー式)であったが、2010年3月にフルカラーLED式に更新され、発車時刻も表示されるようになった。この更新により改札内の発車標についてはホーム別の案内から先発と次発を案内する方式とされた。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1・2   南海線 下り 和歌山市方面
3・4   南海線 上り なんば関西空港方面

内側2・3番線が本線、外側1・4番線が待避線となっているが、2019年4月5日までの間待避線が使用不可である。そのため待避駅が下りは泉佐野駅(ラッシュ時は一部みさき公園駅)、上りは樽井駅に変更されている。そのため、被災からの営業再開時にダイヤの一部修正を実施した。

ギャラリー編集

利用状況編集

2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員11,271人である。

近年の1日平均乗降・乗車人員数は下表の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
順位 出典
2000年 14,195 7,034 - [8]
2001年 13,856 6,879 - [9]
2002年 13,402 6,662 - [10]
2003年 12,953 6,447 - [11]
2004年 12,599 6,265 - [12]
2005年 12,194 6,051 25位 [13]
2006年 12,087 6,005 - [14]
2007年 11,922 5,903 - [15]
2008年 11,732 5,808 - [16]
2009年 11,435 5,650 - [17]
2010年 11,342 5,611 - [18]
2011年 11,175 5,519 25位 [19]
2012年 11,176 5,519 25位 [20]
2013年 11,414 5,651 25位 [21]
2014年 11,321 5,576 25位 [22]
2015年 11,468 5,633 25位 [23]
2016年 11,271 5,535 26位 [24]

駅周辺編集

駅周辺には次のような施設がある。

バス連絡編集

南海ウイングバス南部

阪南市コミュニティーバス「さつき号」 ※南海ウイングバス南部が受託運行

  • 尾崎コース
  • 山中渓・桜ヶ丘コース
  • 緑ヶ丘・さつき台コース
  • 光陽台・舞コース
  • 桃の木台・万葉台コース
  • いずみが丘・箱の浦コース

隣の駅編集

南海電気鉄道
  南海本線
特急サザン・急行
泉佐野駅 (NK30) - 尾崎駅 (NK37) - みさき公園駅 (NK41)
区間急行・普通
樽井駅 (NK36) - 尾崎駅 (NK37) - 鳥取ノ荘駅 (NK38)

脚注編集

  1. ^ “南海本線・樽井駅~尾崎駅間の運転再開の見込みについて” (PDF) (プレスリリース), 南海電鉄, (2017年10月28日), http://www.nankai.co.jp/var/rev0/0007/9392/saikaimikomi.pdf 2017年10月28日閲覧。 
  2. ^ 南海線の上下線運転再開・高野線の運休区間について - 南海電気鉄道、2017年11月21日閲覧
  3. ^ “南海尾崎駅で火災、駅舎全焼 配電盤から出火、台風での停電が影響?”. 産経ニュースWEST. 産業経済新聞社. (2018年9月4日). https://www.sankei.com/west/news/180904/wst1809040070-n1.html 2018年9月4日閲覧。 
  4. ^ 9月5日(水) 列車運転予定に関するお知らせ(9/5 12:00現在) (PDF)”. 南海電気鉄道株式会社. 2018年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月5日閲覧。
  5. ^ 列車運転再開に関するお知らせ (PDF) [リンク切れ] 南海電鉄 2018年9月7日閲覧
  6. ^ a b “南海尾崎駅の営業再開”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2018年9月12日) 
  7. ^ “南海本線 尾崎駅駅舎 の供用再開について” (PDF) (プレスリリース), 南海電鉄, http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190207_4.pdf 2019年2月23日閲覧。 
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)

関連項目編集

外部リンク編集