メインメニューを開く

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 尾道短期大学は国文・経済・経営情報の各専門教育が行われ、それぞれに卒業論文が課されていた。国文では『国文学報』、経済では「経済科研究会報」、経営情報では「卒業論文集」といった冊子に一部収録されている。

学風および特色編集

  • 尾道短期大学は地域に開かれた大学を目指すべく、パソコン講座や国文学会公開講演会などの公開講座を行っていた。
  • 外国人留学生を受け入れていた。
  • ノートパソコン貸与制度があった。
  • 男女共学だったが、女子学生が圧倒的に多かった

沿革編集

  • 1946年 尾道市立女子専門学校を創設。当時、国語科・生活科を置く。
  • 1950年 専門学校を発展改組して尾道短期大学を置く。当初は国文科のみ。生活科は短大には継承されず。
  • 1951年 経済科増設。
  • 1962年 キャンパスを移転。
  • 1988年 経営情報学科を増設[2]
  • 2000年 学生募集が最終となる。翌年度より尾道大学へ移行。
  • 2004年3月31日廃止[1]

基礎データ編集

所在地編集

  • 広島県尾道市久山田町1600

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 国文科
  • 経済科
  • 経営情報学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

附属機関編集

  • 図書館

研究編集

  • 国文学会
  • 地域文化・経済研究
  • 尾道短期大学研究紀要

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 尾道短期大学の学園祭は「緑湖祭」と呼ばれていた[4]

大学関係者と組織編集

施設編集

キャンパス編集

  • 設備:主たる建物は以下のものとなっていた[4]
    • 図書館:所蔵資料数は80,000冊となっていた[4]
    • 体育館
    • 学生会館

学生食堂編集

  • 尾道短期大学の学生食堂(学食)は、当時「学生会館」内にあった[4]

社会との関わり編集

  • 公開講座が行われていた。1999年で通算23回目となっていた。ほか、パソコン・国文学会公開講演会も市民に開放していた[4]

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』253頁より。
  2. ^ 在学者数は154(うち男子1)となっていた
  3. ^ a b 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)50頁より
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 2000年度入学案内小冊子より

関連項目編集

関連サイト編集