メインメニューを開く

屏東市(ピンドン/へいとう し)は台湾屏東県県轄市。屏東県政府の所在地である。

中華民国 台湾省 屏東県の旗 屏東県 屏東市
別称: 阿猴・雅猴・太陽城
朝陽門(阿猴城門).jpg
地理
Heitou heitou.svg
座標: 北緯22度40分34秒 東経120度29分39秒 / 北緯22.67611度 東経120.49417度 / 22.67611; 120.49417
面積: 65.0670 km²
各種表記
繁体字: 屏東市
日本語読み: へいとう
漢語: Píngdōng
通用: Píngdūng
ウェード式: P'ing-tung
注音符号: ㄆㄧㄥˊ ㄉㄨㄥ
片仮名転写: ピンドン
台湾語: Pîn-tong
客家語: Phìn-tûng
行政
行政区分: 県轄市
上位行政区画: 台湾省 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 79里1,469鄰
屏東市長: 林亞蒓
公式サイト: 屏東市公所
情報
総人口: 202,506 人(2016年1月)
世帯数: 73,744 戸(2016年1月)
郵便番号: 900
市外局番: 08
屏東中心部

地理編集

屏東市は屏東県北西部に位置し、北は九如郷と、東は長治郷麟洛郷と、西は高屏渓を隔てて高雄市大寮区大樹区と、南は万丹郷とそれぞれ接している。屏東平原に位置するため地勢は平坦であり、自然条件にも恵まれ物産が豊富である。熱帯モンスーン気候に属し、年間平均気温は24℃、南国風情から「太陽城」とも称されている。

歴史編集

屏東市の旧名は「阿猴」或いは「雅猴」であり、古くは平埔族阿猴社の居住地であった。記録によれば1684年前後に漢人がこの地に入植を開始し、乾隆年間には「阿猴街」と称される街区が設けられている。1836年には外敵の侵入を防ぐ為に城壁を巡らせている。

半屏山の東に位置することから古來「屏東」とも称されてきたが、1920年の台湾地方制度改制の際、土地の有士の希望もあり「屏東」と改名し、「屏東街」を設置した[1]1933年に市制施行により屏東市が誕生した[2]

戦後は付近の万丹郷九如郷長治郷を合併し省轄市となった。1950年の行政区域調整の際に、再び屏東市のみを分離し県轄市と改編され現在に至っている。

行政区編集

地区
端正里、武廟里、大同里、泰安里、文明里、光栄里、民権里、大埔里、必信里、崇礼里、崇智里、維新里
北一 広興里、空翔里、崇蘭里、潭墘里、勝利里、永城里
北二 斯文里、興楽里、華山里、北勢里、明正里、太平里、北興里、溝美里、中正里、仁愛里、三山里、海豊里、仁義里、和興里、信和里
南一 大洲里、前進里、清渓里、崇武里、大武里、永昌里、永順里、永光里、長安里、安鎮里、凌雲里、鵬程里
南二 新生里、永安里、頂宅里、頂柳里、新興里、公館里、龍華里、玉成里、大湖里、厚生里、建国里、択仁里、一心里、光華里、義勇里、万年里
東一 扶風里、楠樹里、金泉里、勝豊里、慶春里、安楽里、平和里、長春里、橋南里、橋北里、豊栄里、豊源里、豊田里、大連里、瑞光里
東二 帰心里、湖西里、湖南里

歴代市長編集

日本統治期編集

屏東市尹編集

氏名 着任年 退任年 備考
初代 伊藤完二 1933年 1936年 新竹郡守より転任
第2代 宗藤大陸 1936年 1937年 豊原郡守より転任
第3代 高木秀雄 1937年 1939年 虎尾郡守より転任
第4代 谷義廉 1939年 1939年 桃園郡守より転任
第5代 大関善雄 1939年 1940年 員林郡守より転任

屏東市長編集

氏名 着任年 退任年 備考
初代 大関善雄 1940年 1941年 依願免本官
第2代 山下若松 1941年 1942年 台中市長に転任
第3代 神田利吉 1943年 1945年 員林郡守より転任

中華民国期編集

氏名 着任日 退任日
初代 李世昌 - -
第2代 張朝任 - -
第3代 - -
第4代 邱慶徳 - -
第5代 - -
第6代 張河川 - -
第7代 - -
第8代 董栄芳 - -
第9代 - -
第10代 容滋浩 - -
第11代 - -
第12代 黄清漢 - -
第13代 王進士 - -
第14代 - -
第15代 葉寿山 - -
第16代 - -
第17代 林亜蒓 - -
代理 程清水 - 現職

教育編集

交通編集

種別 路線名称 その他
鉄道 屏東線 六塊厝駅 屏東駅 帰来駅
高雄捷運 屏東延伸線 計画線
省道 台1線
省道 台3線
省道 台24線
省道 台27線
空港 国内空港 屏東空港

観光編集

出典編集

  1. ^ 水越幸一「市郡の區域稱呼其所在地並街庄の稱呼等に就て」『臺灣時報』第十六號、大正九年、一四六頁。
  2. ^ 1939年の町名改正により、屏東市の中心部は田町、北町、大和町、干城町、若松町、大宮町、旭町、清水町、幸町、緑町、栄町、本町、小川町、昭和町、瑞穂町、大武町、柳町、黒金町、千歳町、竹園町、隼町となった。

外部リンク編集