メインメニューを開く

山崎 晴太郎(やまざき せいたろう、男性、1982年8月14日 - )は、日本のアートディレクターグラフィックデザイナー。セイタロウデザイン代表。 ブランディングを踏まえたアートディレクションを軸に、グラフィック・WEB・プロダクト・インスタレーション・建築・映像と多様なチャネルのデザインとブランディングを手がける。

山崎 晴太郎
山崎晴太郎 seitaroyamazaki.jpg
SORATONIWA/松屋銀座 (2015)
生誕 (1982-08-14) 1982年8月14日(37歳)
国籍 JPN
公式サイト www.seitaroyamazaki.jp

経歴編集

佐賀県生まれ、横浜市出身。サレジオ学院高等学校を卒業後、2005年 ニューヨークフィルムアカデミー、2006年 立教大学社会学部現代文化学科卒業。PR会社勤務を経て、2008年 株式会社まくらを設立、2011年 株式会社セイタロウデザインに社名変更。

2012年、台湾の高級磁器メーカーFRANZ COLLECTIONの日本人初のコラボレーションデザイナーに選出。同年、杉原行里とともに、医療・福祉プロダクトメーカー、株式会社メディカルチャープラスを設立。松屋銀座ソラトニワにて、 ラジオパーソナリティとしての活動をスタート。

30歳より、水墨画家 土屋 秋恆に師事。2016年、京都造形芸術大学大学院( 芸術環境・建築設計) 修士課程を修了。同年、金沢に古い長屋を改装したセイタロウデザイン金沢兼タイポグラフィ専門古書店、serif Sを開店。2017年4月よりFMヨコハマにてレギュラー番組を開始。

2014年8月より鋳造・3Dプリンターを手掛ける株式会社JMC、社外取締役。2015年1月より株式会社JMC、取締役。2016年11月、株式会社JMCが東証マザーズに上場。

2018年、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」スポーツ局 スポーツプレゼンテーション部のクリエイティブアドバイザーに就任。

会員編集

主な受賞歴編集

  • 2010年
    • Design For Asia Award

出演編集

ラジオ編集

審査員編集

個展/グループ展編集

  • Kawara EXHIBITION 2010
  • DESIGN TIDE MIDTOWN 2010
  • 10×10 EXHIBITION、invisible directions#1 2011
  • Detour HongKong、invisible directions#2 2011
  • DESIGN TIDE MIDTOWN 2011、KASAMA EXHIBITION 2011
  • 天津国際デザインウィーク2016 TALKATIVE DESIGN/対話するデザイン 山崎晴太郎展 2016
  • 金沢21世紀工芸祭 2017
  • MONO JAPAN Amsterdam 2018

外部リンク編集