メインメニューを開く

山崎 正(やまざき ただし、1944年1月1日 - )は、元テレビ朝日アナウンサー。相撲評論家(東京相撲記者クラブ会友)。また、圭三プロダクションに「客員」として所属。

目次

来歴・人物編集

東京都出身。日本大学第二高等学校日本大学経済学部卒業。仙台放送中京テレビを経て、1973年6月15日にテレビ朝日(当時日本教育テレビ)に中途入社した。

テレビ朝日では主にニュースプロレス中継を務め、中でも『大相撲ダイジェスト』では長年司会を務めた。また、在籍期間中にアナウンス部長も経験した。プロレス中継では、タイガー・ジェット・シンの控え部屋でインタビューを取ろうとしたら、シンにトレードマークであるサーベルで襲われて腕を痛めていたが、その際に受けた傷は現在も癒えていないという。プロレスから降板した理由は、テレビ朝日が独占放送をしようとしていた(日本不参加で深夜放送に縮小)1980年モスクワオリンピックの実況に回るためだったという。

2004年1月、60歳を迎えたことで定年退職したが、テレビ朝日アスクでは引き続き講師として、アナウンサーの育成にあたっている。2005年二子山親方が亡くなった後表面化したいわゆる「若貴確執騒動」では『スーパーモーニング』や『ワイド!スクランブル』などにゲスト出演し、コメントを寄せた。2006年7月29日には、高校野球岡山大会決勝(テレビ朝日系列局の瀬戸内海放送制作)で実況を務めている。

現在は、両国国技館で本場所開催中に館内でのみ聴ける「どすこいFM」で実況を務めている。

アナウンサー時代の担当番組編集

関連項目編集

外部リンク編集