メインメニューを開く

ベスト30歌謡曲』(ベストさんじゅうかようきょく)は、1972年1月5日から1976年3月31日、および1978年7月18日から1979年3月27日までテレビ朝日系列局で放送されていた音楽番組ランキング番組)である。スタジオからの生放送

ベスト30歌謡曲
TV Asahi 1961.jpg
第1期の生放送が行われたNETテレビ旧社屋
ジャンル 音楽番組
構成 片岡直彦
演出 安藤仁
司会者 歴代司会参照
出演者 ジャニーズ・ジュニア・スペシャル
パンチョ加賀美
アナウンサー 佐々木正洋
ほか
テーマ曲作者 大野雄二
プロデューサー 畠中隆一
制作 NETテレビ→テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1期(1972年1月から1972年9月まで)
放送期間 1972年1月5日 - 1972年9月
放送時間 水曜 20:00 - 20:56
放送分 56分
第1期(1972年10月から1974年9月まで)
放送期間 1972年10月 - 1974年9月25日
放送時間 水曜 20:00 - 20:55
放送分 55分
第1期(1974年10月から1975年3月まで)
放送期間 1974年10月2日 - 1975年3月26日
放送時間 水曜 19:30 - 20:55
放送分 85分
第1期(1975年4月から同年9月まで)
放送期間 1975年4月9日 - 1975年9月
放送時間 水曜 20:00 - 20:55
放送分 55分
第1期(1975年10月から1976年3月まで)
放送期間 1975年10月 - 1976年3月31日
放送時間 水曜 20:00 - 20:54
放送分 54分
第2期
放送期間 1978年7月18日 - 1979年3月27日
放送時間 火曜 20:00 - 20:54
放送分 54分
テンプレートを表示
第2期の生放送が行われたテレビ朝日旧社

番組の特徴編集

タイトルが示す通り、番組は毎回出演歌手30人分のランキングボードを用意していた。ボードの上半分には歌手の顔写真が、下半分には曲名・歌手名・出身地といったプロフィールや、登場回数・前回の順位・前々回の順位・ポイント数(ソラリー式[1])といったデータが掲載されていた。かなり大きなボードで、スタジオの半分を占めていた(第2期では曲名・歌手名・得点のみで、顔写真は鏡のようなスクリーンに映し出されていた)。

後のランキング番組のようにランキングボードを歌手の登場前後に開く演出はこの番組には無く、その週にランクインした30曲を表示したボードが最初からスタジオにセットとして組まれていた。ボードの演出として、歌手本人の登場に合わせて該当するランキングのボードが点灯した。第2期では、第30位 - 第11位発表時にはボードを開く演出があった。また、第10位 - 第1位発表時に用いていたのは『ザ・ベストテン』と同じフラップ式ボードだった。第2期の末期には、『NTV紅白歌のベストテン』のようにネット局でのランキングも発表していた。これは後継番組の『歌謡ワイド速報!!』でも引き続き行われていた。

エンディングでは、スタッフから選ばれた観客が出演歌手からサインを貰える来場者プレゼントが行われていた。

放送時間編集

いずれも日本標準時

第1期編集

  • 水曜 20:00 - 20:56 (1972年1月5日 - 1972年9月)
  • 水曜 20:00 - 20:55 (1972年10月 - 1974年9月25日) - 20:56からの『ANNニュース』が拡大して1分縮小。
  • 水曜 19:30 - 20:55 (1974年10月2日 - 1975年3月26日) - 30分拡大。
  • 水曜 20:00 - 20:55 (1975年4月9日 - 1975年9月) - 30分縮小。
  • 水曜 20:00 - 20:54 (1975年10月 - 1976年3月31日) - 20:55からの『ANNニュース』がさらに拡大して1分縮小。

第2期編集

  • 火曜 20:00 - 20:54 (1978年7月18日 - 1979年3月27日)

出演者編集

歴代司会編集

男性編集

女性編集

アナウンサー編集

レギュラー編集

スタッフ編集

  • 構成:片岡直彦
  • テーマ音楽:大野雄二
  • 演奏:有馬徹とノーチェクバーナ
  • コーラス:日本合唱協会
  • 演出:安藤仁
  • プロデューサー:畠中隆一

ネット局編集

無印=同時ネット、◎=週遅れVTRネット

補足編集

  • 爆笑問題田中裕二がまだ小学生の頃にこの番組をスタジオで観覧し、本番終了後にスタジオで沢田研二からサインを貰い、山口百恵と握手した。この頃は沢田の大ファンであったため、山口からサインを貰うことは考えていなかったが、後に山口からもサインを貰えばよかったと後悔している。また、芸能界に入ってからテレビ朝日に当時のVTRが残っていないかを確認したが、もう残っていないそうである。これは、当時同局が番組収録に2インチVTRを使用しており、放送後すぐに別の番組用に使い回して上書き保存していたためである。
  • 第2期では一時期、曲を歌い終えた歌手のもとに数人のダンサーがBGMと共に現れ、一緒にディスコダンスを踊るという趣向を凝らしていた。
  • 1976年の放送で、長門裕之南田洋子夫妻が結婚15周年を記念して石原裕次郎の「夜霧よ今夜も有難う」を熱唱した。この事は、2009年2月8日放送の『50時間テレビ』で明らかになった。ちなみに同番組で紹介されたのは井上順司会時代(1975年4月の腸捻転解消以後)の映像だったが、テレビ朝日の自主規制なのか観客にはぼかしが入っていた。
  • テレビ朝日では、毎週金曜 16:00 - 16:55 (日本標準時)に第2期の再放送が行われていた。しかし、こちらは開始から3か月で打ち切られた。

脚注編集

  1. ^ ただし『ザ・ベストテン』や『クイズダービー』などの様な縦反転ではなく、『アップダウンクイズ』などと同じ横反転式で、黒のフラップに白の数字が書かれてされていた。
NET系列 水曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
空手バカ一代
(1973年10月3日 - 1974年9月25日)
※19:30 - 20:00
ベスト30歌謡曲(第1期)
(1974年10月2日 - 1975年3月26日)
※1975年4月以降廃枠
少年徳川家康
(1975年4月9日 - 1975年9月17日)
※19:30 - 20:00
NET系列 水曜20:00枠
歌のビッグステージ
(1971年6月23日 - 1971年12月29日)
※20:00 - 20:56
ベスト30歌謡曲(第1期)
(1972年1月5日 - 1976年3月31日)
水曜スペシャル
(1976年4月28日 - 1986年3月26日)
※19:30 - 20:51
ミニミニ招待席
(1976年4月 - 1987年9月)
※20:51 - 20:54
NET系列 水曜20:54枠
歌のビッグステージ
(1971年6月23日 - 1971年12月29日)
※20:00 - 20:56
ベスト30歌謡曲(第1期)
(1972年1月5日 - 1975年9月)
※1975年10月以降廃枠
ANNニュース
(1975年10月 - 1987年9月)
※20:54 - 21:00、1分拡大
NET系列 水曜20:55枠
歌のビッグステージ
(1971年6月23日 - 1971年12月29日)
※20:00 - 20:56
ベスト30歌謡曲(第1期)
(1972年1月5日 - 1972年9月)
※1972年10月以降廃枠
ANNニュース
(1972年10月 - 1975年9月)
※20:55 - 21:00、1分拡大
テレビ朝日系列 火曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
話題独占!全国歌謡ネットワーク
(1978年4月11日 - 1978年7月11日)
ベスト30歌謡曲(第2期)
(1978年7月18日 - 1979年3月27日)
歌謡ワイド速報!!
(1979年4月10日 - 1979年9月4日)
※19:30 − 20:51
ミニミニ招待席
(1979年4月 - 1979年9月)
※20:51 - 20:54