メインメニューを開く

山形県立河北病院(やまがたけんりつかほくびょういん)は、山形県西村山郡河北町にある医療機関。病院の理念は、「地域の中核病院として、信頼される医療を提供」。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 山形県立河北病院

Kahoku Hospital.JPG

情報
英語名称 YAMAGATA PREFECTURAL KAHOKU HOSPITAL
前身 日本医療団谷地病院
標榜診療科 #診療科参照
許可病床数

186床
一般病床:120床


感染症病床:6床
管理者 多田敏彦(院長)
開設年月日 1947年3月1日
所在地
999-3511
山形県西村山郡河北町谷地字月山堂111
位置 北緯38度24分50.9秒 東経140度18分33.2秒 / 北緯38.414139度 東経140.309222度 / 38.414139; 140.309222座標: 北緯38度24分50.9秒 東経140度18分33.2秒 / 北緯38.414139度 東経140.309222度 / 38.414139; 140.309222
特記事項 鉄筋コンクリート地上5階建
敷地面積:37,720.50m2
建物延床面積:17,980.72m2
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

概要編集

戦後、日本医療団によって日本医療団谷地病院として開院。1949年5月1日に医療団の解散によって、運営が県に移管となる。

1964年4月1日に、山形県立河北病院に改称。今日に至る。

年表編集

  • 1947年(昭和22年)3月1日 - 日本医療団谷地病院として発足。
  • 1949年(昭和24年)5月1日 - 日本医療団の解散に伴い県に移管となり、山形県最初の県立病院として発足。
  • 1964年(昭和39年)4月1日 - 山形県立河北病院に改称。
  • 1981年(昭和56年)
    • 3月15日 - 新病院竣工。
    • 5月22日 - 外来診療開始。
  • 2013年(平成25年)- 2月10日 - 電子カルテシステム稼働
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 緩和ケア病棟・地域包括ケア病棟開設。
  • 2016年(平成28年)7月 - アニマルセラピーを導入[1]
  • 2018年(平成30年)4月1日 - 経営効率化の一環で24床を減床[2]

診療科編集

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集