山本尚

日本の化学者

山本 尚(やまもと ひさし、Hisashi Yamamoto1943年昭和18年〉7月16日 - )は、日本化学者有機合成化学)。中部大学分子性触媒研究センターセンター長名古屋大学名誉教授シカゴ大学名誉教授、文化功労者勲等瑞宝中綬章学位Ph.D.ハーバード大学1971年)。2020年令和2年)ノーベル化学賞の有力候補と産経新聞に報道された[1]

やまもと ひさし
山本 尚
Hisashi Yamamoto cropped 2 Hisashi Yamamoto 201811.png
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1943-07-16) 1943年7月16日(78歳)
日本の旗 兵庫県神戸市
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 化学
研究機関 東レ
京都大学
ハワイ大学
名古屋大学
シカゴ大学
中部大学
出身校 京都大学工学部卒業
ハーバード大学
大学院博士課程修了
博士課程
指導教員
イライアス・コーリー
主な指導学生 丸岡啓二
石原一彰
大井貴史
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

東レ基礎研究所博士研究員京都大学工学部講師ハワイ大学准教授名古屋大学工学部教授、シカゴ大学アーサー・コンプトンディスティングイッシュトプロフェッサーなどを歴任。2020年に初の著書『日本人は論理的でなくていい』を出した[1]

概要編集

兵庫県出身の有機合成化学者である。第13族元素であるホウ素アルミニウムを含む分子性酸触媒、不斉酸触媒、複合酸触媒、環境調和型触媒を設計合成することによって、炭素‐炭素結合形成反応を制御することに成功したことで知られている。東レでの勤務を経て、京都大学ハワイ大学名古屋大学シカゴ大学中部大学などで教鞭を執った。

略歴編集

生い立ち編集

1943年昭和18年)7月16日生まれ[2]兵庫県神戸市出身。1961年灘高等学校卒業[3]京都大学に進学し、工学部工業化学科にて学んだ。1967年、京都大学を卒業した[2]。その後、ハーバード大学大学院に進学し、化学科イライアス・コーリーより指導を受ける。1971年、ハーバード大学の博士課程を修了した[2][3]

化学者として編集

帰国後は、東レの基礎研究所にて博士研究員となった。京都大学に移り、工学部にて助手講師を務めた[2]ハワイ大学に移り、准教授に就任した[2]名古屋大学に転じ、工学部にて助教授教授を務めた[2]。その後、シカゴ大学に移り、化学科にてアーサー・コンプトンディスティングイッシュトプロフェッサーとなった。帰国後、中部大学に転じて教授となり、分子性触媒研究センターのセンター長を兼務した。なお、名古屋大学およびシカゴ大学より名誉教授称号が授与されている。

研究編集

アルミニウムを中心とした、ルイス酸触媒研究の第一人者[4]。高度にデザインされた有機配位子を結合させたルイス酸により精密な分子認識を行い、多くの有用な不斉反応を生み出している。開発したいくつかの試薬は市販されている。

年譜編集

賞歴編集

栄典編集

著書編集

  • 『日本人は論理的でなくていい』(産経新聞出版2020年 ISBN 978-4819113915

門下生編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “ノーベル賞有力候補の山本尚氏、著書『日本人は論理的でなくていい』出版” (日本語). 産経新聞. (2020年10月4日). https://www.sankei.com/life/news/201004/lif2010040025-n1.html 2020年10月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 日本IBM科学賞 歴代受賞者一覧”. 日本IBM. 2013年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月31日閲覧。
  3. ^ a b “山本 尚さん(Hisashi Yamamoto)” (日本語). 山本尚. https://ja-jp.facebook.com/hisashi.yamamoto.1293 2020年10月6日閲覧。 
  4. ^ a b 斎藤進、山口茂弘「山本尚先生, 玉尾皓平先生日本学士院賞を受賞」『有機合成化学協会誌』第65巻第5号、有機合成化学協会、2007年、 418頁、 doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.65.418
  5. ^ 第48回東海テレビ文化賞 山本尚氏ら3名と1団体に決定! (PDF)”. 東海テレビ. 2017年2月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集