メインメニューを開く

山田 荘左衛門(やまだ しょうざえもん / そうざえもん[1]嘉永4年4月6日1851年5月6日[2] - 1917年(大正6年)10月1日[3][4])は、明治時代の政治家衆議院議員貴族院多額納税者議員大地主[2][3]。本名は熊太郎、晩年は荘哉(しょうさい[5])を名乗った[3][4]

経歴・人物編集

山田董平の長男として信濃国高井郡東江部村(現・長野県中野市大字江部)に生まれ、1881年(明治14年)先代・荘左衛門(顕善)の養嗣子となり、1885年(明治18年)12月に12代荘左衛門を襲名する[2][3][4][6]。山田家は代々の大地主で、先祖に儒学者の山田松斎がいる[3]

北信商社の創立に参画[3]1870年(明治3年)発生した世直し一揆中野騒動では、豪農として焼き討ちに合った[3]1880年(明治13年)長野県会議員補欠選挙に当選し、初代長野県参事会員に任じ、3期務めた[3]

1890年(明治23年)の第1回貴族院多額納税議員選挙では、納税額1092円と15名中の1位となり互選の結果、7票を獲得し当選した[3]。同年9月29日に就任し[7]1897年(明治30年)9月28日まで1期務めた[3]。その間、1896年(明治29年)長野県会に上程された、下高井郡を分合して「市川郡」を設置する議案[8]を政府当局などの協力を仰ぎ、否決にこぎつけるなど活躍する[3]1898年(明治31年)の第6回衆議院議員総選挙には長野県第2区から出馬し、当選した[3]。長野県における政友会の重鎮として活動した[3]

親族編集

  • 長男:董平(長野県多額納税者、河東鉄道取締役、農業)[2][9]
  • 三女:のぶ(長野農工銀行取締役・八田彦次郎に嫁ぐ)[2][9][10]
  • 女子:いと(実業家・安田善兵衛に嫁ぐ)[2][9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』226頁。
  2. ^ a b c d e f 人事興信所 1915, や35頁.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 赤羽ほか 1989, 758頁.
  4. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『山田荘左衛門』 - コトバンク
  5. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』684頁。
  6. ^ 11代山田荘左衛門顕善、2019年7月25日閲覧。
  7. ^ 『官報』第2179号、明治23年10月2日。
  8. ^ 「中野市誌 歴史編後編」25頁
  9. ^ a b c 人事興信所 1928, ヤ123頁.
  10. ^ 人事興信所 1915, は15頁.

参考文献編集

  • 人事興信所 編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1703995 
  • 人事興信所 編 『人事興信録 第8版』 人事興信所、1928年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2127124 
  • 赤羽篤ほか 編 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年。ISBN 4876631263 
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。