メインメニューを開く

岐阜県道212号大垣大野線

日本の岐阜県の道路
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
岐阜県道212号標識

岐阜県道212号大垣大野線(ぎふけんどう212ごう おおがきおおのせん)は、岐阜県大垣市から同県揖斐郡大野町に至る一般県道である。

概要編集

 
揖斐川に架かる岐阜県道212号大垣大野線の神戸大橋

大垣市旭町を起点とし、安八郡神戸町中心部に向かって北上、大垣市の北方町1交差点で東へ進路を変え神戸町に入り、福田橋交差点で再び北へ向きを変えて神戸大橋を通って揖斐川を東へ渡り、揖斐郡大野町南部の大字下磯に至るルートとなっている。

2012年2月27日までは神戸町大字下宮までずっと北進してから東へ向きを変え神戸大橋へ向かっていた。またそれより前は、神戸町市街地北東部の大字丈六道まで北進して東へ向きを変え平野庄橋を渡っていた。

もともとのルートは西濃地域の中心である大垣から神戸町へ向かうメインルートの役割を担っており、現在でも北方町1交差点まではその一部である。

路線データ編集

岐阜県法規集[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

大垣市
安八郡神戸町
 
池田山から望む揖斐川に架かる神戸大橋、右岸で岐阜県道261号脛永万石線がアンダーパスとなり立体交差する。
揖斐郡大野町

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 県道の路線認定(昭和52年2月27日岐阜県告示第120号)”. 岐阜県法規集. 岐阜県. 2013年2月5日閲覧。

関連項目編集