メインメニューを開く

岐阜県道156号曽井中島美江寺大垣線

日本の岐阜県の道路
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
岐阜県道156号標識

岐阜県道156号曽井中島美江寺大垣線(ぎふけんどう156ごう そいなかじまみえじおおがきせん)は、岐阜県本巣市曽井中島から同県瑞穂市を経由して同県大垣市に至る一般県道である。

目次

概要編集

本巣市曽井中島を起点とし、本巣市を南下し、瑞穂市美江寺を経由し、揖斐川を横断して、大垣市楽田町に至るルートとなっている。この路線には第3セクターの樽見鉄道に添っている部分も多い。 瑞穂市美江寺から安八郡神戸町柳瀬付近までは旧中山道に沿っている。旧道の一部は旧中山道である。同県道が揖斐川を渡る鷺田橋から少し南西の位置にかつて呂久の渡しがあった。(かつて揖斐川の流路は現在と違い、瑞穂市と神戸町の境付近を流れていた。)

かつては集落をぬって走る隘路の多い路線であったが、道路の付け替えとルート変更が進み、隘路と言えるところは、本巣市内に限られている。本巣市でもバイパス整備が進んでいる。近年では2002年平成14年)4月23日に平野井川大橋(神戸町)が開通した。また、沿線に、2006年(平成18年)に大型ショッピングセンターモレラ岐阜がオープンした。将来、東海環状自動車道糸貫IC(仮称)が出来る予定。

路線データ編集

岐阜県法規集[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

本巣市
瑞穂市
安八郡神戸町
大垣市

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 県道の路線認定(昭和52年2月27日岐阜県告示第120号)”. 岐阜県法規集. 岐阜県. 2013年1月30日閲覧。

関連項目編集