メインメニューを開く

岐大バイパス(ぎだいバイパス)は、岐阜県岐阜市東中島から垂井町綾戸の23.9 kmに建設された国道21号バイパスである。岐阜南部横断ハイウェイとして地域高規格道路計画路線に指定されている。

一般国道地域高規格道路
Japanese National Route Sign 0021.svg
Japanese National Route Sign 0022.svgJapanese National Route Sign 0156.svg
岐大バイパス
一般国道21号バイパス
陸上区間 23.9 km
海上区間 指定なし
開通年 1974年
起点 岐阜県岐阜市
主な
経由都市
羽島郡岐南町瑞穂市大垣市
終点 岐阜県不破郡垂井町
接続する
主な道路
記法
那加バイパス
名岐バイパスJapanese National Route Sign 0022.svg国道22号
岐阜東バイパスJapanese National Route Sign 0156.svg国道156号
Japanese National Route Sign 0157.svg国道157号
Japanese National Route Sign 0258.svg国道258号
Japanese National Route Sign 0417.svg国道417号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

岐南インター交差点 - 茜部本郷交差点までは国道22号国道156号が重複している。なお、名称となっている岐大は岐阜市大垣市を結んでいることに由来する。このバイパス道路にちなみ、沿線にあたる岐阜市と大垣市にまたがる地域(瑞穂市、安八郡安八町を含む)を岐大地区と呼ぶことがある。

背景編集

昭和40年代から岐阜県の東西の動脈であった国道21号は、年々増加する自動車通行量に対し、道路規格が脆弱化した。これを救済するため、建設省(現在の国土交通省)が建設したバイパスである。

区間編集

建設区間は、3つの地区に分けられた。それぞれの概要は次のとおり。

岐阜地区編集

  1. 区間:岐阜市東中島 - 岐阜市六条の6.1 km(岐阜市、岐南町を通過)
  2. 道路規格
    • 岐阜市東中島 - 岐南町三宅:4車線(片側2車線)、連続立体高架(三宅高架)※2000年に2車線での暫定供用、2003年3月に4車線化。
    • 岐南町三宅 - 岐南町八剣:4車線、岐南インター(国道22号国道156号に接続)付近立体交差(国道21号通過車は高架を走行し信号交差点なし、その他の場合は地上を走行し信号交差点あり)
    • 岐南町八剣 - 岐阜市茜部本郷:4車線、連続立体高架(途中に2つインターチェンジ徳田IC下川手IC)あり、JR東海道本線名鉄名古屋本線を渡る)
    • 岐阜市茜部本郷 - 岐阜市六条:暫定平面6車線

岐大地区編集

  1. 区間:岐阜市六条 - 大垣市和合本町の9.1 km(岐阜市、穂積町、巣南町(現在の瑞穂市)安八町、大垣市を通過)
  2. 道路規格
    • 岐阜市六条 - 瑞穂市下牛牧:暫定平面6車線、(穂積大橋で長良川を渡る)
    • 瑞穂市下牛牧 - 大垣市和合新町:暫定4車線、(新揖斐川橋で揖斐川を渡る)
    • 平成18年3月に、瑞穂市穂積(穂積大橋西詰 - 本巣縦貫道交差点)を暫定6車線供用、平成26年7月に東行きのみ瑞穂市穂積~同市下牛牧(穂積中原交差点~下牛牧交差点)を3車線(5車線)供用、平成30年3月に西行きの瑞穂市穂積~同市下牛牧を暫定6車線供用。

大垣地区編集

  1. 区間:大垣市和合新町 - 垂井町綾戸の8.7 km(大垣市内を通過)
  2. 道路規格

沿革編集

  • 1960年昭和35年):事業着手
  • 1964年(昭和39年):岐大地区着工
  • 1965年(昭和40年)3月:岐阜地区着工
  • 1974年(昭和49年)12月:全線開通(大垣地区供用)
  • 1986年(昭和61年):岐阜、岐大地区4車線化供用
  • 1997年平成9年):岐大地区一部6車線化
  • 2010年(平成22年):大垣地区一部6車線化

インターチェンジなど編集

関連項目編集

外部リンク編集