メインメニューを開く
八橋運動公園 > 秋田市八橋運動公園陸上競技場

秋田市八橋運動公園陸上競技場(あきたしやばせうんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、秋田県秋田市八橋運動公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は秋田市が所有し、秋田市教育委員会スポーツ振興課が運営管理を行っている。

秋田市八橋運動公園陸上競技場
"ソユースタジアム"
秋田市八橋運動公園陸上競技場
秋田市八橋運動公園陸上競技場の位置(秋田県内)
秋田市八橋運動公園陸上競技場
施設情報
所在地 秋田県秋田市八橋運動公園1-10
位置 北緯39度43分17.86秒
東経140度5分44.56秒
座標: 北緯39度43分17.86秒 東経140度5分44.56秒
開場 1941年9月[1]
修繕 1995年5月他
所有者 秋田市
運用者 秋田市教育委員会スポーツ振興課
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 107m × 71.5m
照明 無し
大型映像装置 無し
使用チーム、大会
第16回国民体育大会(1961年)
ワールドゲームズ2001
第62回国民体育大会(2007年)
ブラウブリッツ秋田(2010年-2013年、2019年)
収容能力
20,125人
アクセス
当項目を参照。

秋田市に本社を置き、アミューズメント施設の企画・管理運営を手がける株式会社ソユー命名権を取得し、ソユースタジアムの名称を用いている(後述)。

目次

施設概要編集

2019年に命名権を実施後の秋田市八橋運動公園陸上競技場(ソユースタジアム)
J2ライセンス適合改修工事以前の外観(2018年10月撮影)
2018年から2019年にかけて行われた改修工事で新たに設置された大型映像装置
  • 日本陸上競技連盟第2種公認[1]
  • トラック:400m×8レーン(全天候ウレタン舗装)[1]
  • インフィールド:107m×71.5m、天然芝[1]
  • 照明設備:※現在新設工事中。2019年設置予定
  • 映像装置・電光掲示板:※現在現在新設工事中。2019年設置予定
  • 収容人員:20,125人(メインスタンド:8,700人、バックスタンド:4,300人、サイドスタンド:7,125人)[1]

歴史編集

Jリーグの開催について編集

初めて開催されたJリーグ公式戦は1995年5月13日のJリーグ1stステージ第16節のジェフユナイテッド市原vs横浜マリノスである。その後、鹿島アントラーズが1996年と1999年に、市原が1996年と2001年と2004年に、モンテディオ山形が2004年にホームゲームを開催した。

また、2013年までは当時JFL所属だったブラウブリッツ秋田がホームスタジアムの一つとして使用していたが、ブラウブリッツがJ3リーグ参入して以降は公園内にある秋田市八橋運動公園球技場(あきぎんスタジアム)をホームスタジアムとして登録している[4]。本競技場は収容人員こそJ1リーグ基準(15000人以上)を確保しているが、クラブライセンス制度に基づいたJ2リーグ以上の昇格に必要とされるスタジアム基準に適しておらず(照明設備の未整備など)、ブラウブリッツのJリーグ準加盟の際にはスタジアム改修に対して約2万人の署名を集め、改修の検討を関係する自治体に要望している[5]。なお、J3リーグでは一部ライセンス基準が異なることもあり、2015年以降はブラウブリッツ主管の試合が1試合ずつ開催されている。

2017年、クラブがJ2昇格の成績上での条件を満たしていながらスタジアムの設備要件からJ2昇格が叶わない状況を受けて、秋田県が中心となって将来的なサッカー専用スタジアム建設を見据えた検討委員会を設置[6]、2018年1月に提言をまとめている[7]。ただし、秋田県知事の佐竹敬久が費用面や技術面、複合型スタジアムとしていること等からこの提言の内容に懸念を示しており、建設の方向性が不透明なこともあり、秋田市が暫定的な措置として、本陸上競技場のライセンス充足のための大規模改修を検討。2018年2月補正予算案に、ナイター照明灯、大型映像装置の新設、ロッカールーム、ドーピング室改修などを盛り込んだ計画を盛り込み、これが市議会で承認されたことで改修工事に着手した。2019年のライセンス申請に当たって、ブラウブリッツ秋田は本陸上競技場を本拠地としてJ2ライセンスを申請、これが承認されてJ2ライセンスを取得した[8]

結果的に成績要件を満たせず2019年シーズンもJ3で戦うことになったが、ホームスタジアムはあきぎんスタジアムから当競技場に移されることが明らかになっている(ただし2019年2月現在、登録上の本拠地はA-スタのままであるが、A-スタでの同年度の主催試合予定は組まれていない)。

なお、開放されるのはメインスタンドとバックスタンドの一部のみとなり、バックスタンドの一部に設ける緩衝地帯、及び両サイドスタンドは基本的には開放されない[9]

命名権編集

秋田市では八橋運動公園の各施設に続いて、2018年12月から施設命名権を募集。契約金額年間500万円以上という条件で募集したが締め切りを延長しても応募がなく、2019年2月に契約金額年間の下限額を300万円以上にまで引き下げて再募集したところ2社から応募があり、両者を比較した上で、2019年3月7日に、秋田市に本社を置くアミューズメント施設の企画運営を手がける株式会社ソユーに命名権を付与することを発表した[10]。命名権による名称は「ソユースタジアム」(英語: SOYU STADIUM、略称:ソユスタ)[11]で、契約期間は2019年4月1日からの3年間、契約額は350万円[10]

交通編集

周辺編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 公認陸上競技場・競走路・競歩路”. 日本陸上競技連盟. 2017年4月13日閲覧。
  2. ^ スタジアム紹介”. ブラウブリッツ秋田. 2014年2月1日閲覧。
  3. ^ 秋田市八橋運動公園陸上競技場をウレタントッピングでオーバーレイ改修”. 長谷川体育施設 (2010年11月5日). 2014年2月1日閲覧。
  4. ^ クラブ・選手名鑑 ブラウブリッツ秋田”. 日本プロサッカーリーグ. 2016年5月29日閲覧。
  5. ^ Jリーグ準加盟について(ブラウブリッツ秋田2011年11月30日掲載 2016年5月28日閲覧)
  6. ^ “秋田県、サッカー場整備へ検討委 ブラウブリッツのJ2昇格見据え”. 産経新聞. (2017年6月7日). http://www.sankei.com/region/news/170607/rgn1706070060-n1.html 2018年10月8日閲覧。 
  7. ^ “秋田)市街地にドーム案 新スタジアム検討委が報告書”. 朝日新聞. (2018年1月10日). https://www.asahi.com/articles/ASL193V5QL19UBUB007.html 2018年10月8日閲覧。 
  8. ^ “クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2019シーズン Jリーグクラブライセンス判定について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年9月27日), https://www.jleague.jp/release/post-55789/ 2018年10月8日閲覧。 
  9. ^ “2019シーズン・チケット販売概要について” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2019年1月11日), http://blaublitz.jp/whatsnew/54924.html 2019年1月14日閲覧。 
  10. ^ a b “八橋陸上競技場、ソユーに命名権”. 日本経済新聞. (2019年3月8日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42163990X00C19A3L01000/ 2019年4月4日閲覧。 
  11. ^ “秋田市八橋運動公園陸上競技場 名称変更について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年3月26日), https://www.jleague.jp/release/post-58167/ 2019年4月4日閲覧。 

外部リンク編集