メインメニューを開く

番町線(ばんちょうせん)は、岡山県岡山市において岡山電気軌道がかつて保有していた路面電車路線(軌道線)である。

Ryobi Group logo.svg 番町線
概要
現況 廃止
起終点 起点:上之町停留所
終点:番町停留所
駅数 5
運営
開業 1912年5月5日 (1912-05-05)
廃止 1968年6月1日 (1968-6-1)
所有者 岡山電気軌道
路線諸元
路線総延長 0.9 km (0.56 mi)(1968年廃線時点)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流600 V 架空電車線方式
テンプレートを表示
停留所・施設・接続路線
東山本線
uHST
-0.1 城下停留所
ueBHF
0.0 上之町停留所
uxABZgr
東山本線
uexBHF
0.1 本社前停留所 -1925
uexBHF
0.2 岡山神社前停留所
uexBHF
0.5 後楽園前停留所
uexBHF
0.7 就実学園前停留所
uexBHF
0.9 番町停留所
uexKBHFe
1.0 名称不詳 -1928

概要編集

1912年明治45年)の岡山電気軌道の開業と同時に、東山本線(当時は内山下線)の支線として、現在の城下筋に一部区間(上之町 - 後楽園前間)が開通した。1921年には上之町 - 番町間が全通し、同時に内山下支線から番町線へと路線名称が改められた。

その後、東山本線・清輝橋線とともに3路線体制で運行されていたが、第二次世界大戦後のモータリゼーションに対応するための都市計画の一環で阻害になるとされたため、1968年(昭和43年)に番町線全線が廃線になった。

後楽園前駅からは後楽園を挟んだ蓬莱橋・鶴見橋の2つの道路橋で旭川を渡れば徒歩10分ほどで西大寺鉄道1915年延伸、1962年9月7日全線廃止)の後楽園駅と連絡していた。

路線データ編集

1968年の廃線時点のもの。

  • 路線距離:上之町 - 番町間 0.9km
  • 軌間:1067mm
  • 停留所数:5(起終点含む)
  • 架線電圧:直流600V
  • 複線区間:なし(全線単線

歴史編集

  • 1912年(明治45年)
    • 5月5日 御城下(後の上之町) - 弓之町(後の後楽園前)間開業。
    • 6月1日 石関町停留所を本社前停留所に、出石町停留所を県庁前停留所[注釈 1]に、弓之町停留所を後楽園停留所にそれぞれ改称。
  • 1921年(大正10年)7月26日 後楽園前(同時に後楽園から改称) - 番町口(後の番町)間開業。
  • 1921年(大正10年)-1923年(大正12年) 御城下停留所を城下停留所[注釈 2]に改称。
  • 1923年(大正12年)7月以前 番町口停留所を七番町口停留所に改称。
  • 1925年(大正14年)2月12日 本社前停留所を廃止。
  • 1941年昭和16年)11月18日 憲兵隊前停留所を一番町停留所に改称。
  • 1945年(昭和20年)3月1日 県庁前停留所を休止。
  • 1954年(昭和29年)12月20日 県庁前停留所を岡山神社前停留所に改称し、復活。同時に城下停留所を東山本線の上之町停留所と統合し、上之町停留所に改称[注釈 3]
  • 1961年(昭和36年)
    • 6月3日 七番町口停留所を番町停留所に改称。
    • 6月30日 一番町停留所を一番町就実前停留所に改称。
  • 1965年
    • 7月 上之町停留所を移設。
    • 11月8日 一番町就実前停留所を就実学園前停留所に改称。
  • 1968年(昭和43年)5月31日 この日限りで廃線。

停留所一覧編集

停留所名、接続路線の事業者名・所在地などは廃線時のもの。全停留所岡山市(現:岡山市北区)に所在。

停留所名 停留所間営業キロ 累計営業キロ 接続路線
上之町から 岡山駅前から
上之町 - 0.0 0.9 岡山電気軌道:東山本線
岡山神社前 0.2 0.2 1.1
後楽園前 0.3 0.5 1.4
就実学園前 0.2 0.7 1.6
番町 0.2 0.9 1.8

廃線前に廃止された停留所編集

  • 本社前停留所:1912年明治45年)5月5日に「石関町」停留所として開業、同年6月1日に「本社前」停留所に改称。1925年大正14年)2月12日廃止。上之町停留所(当時は「城下」停留所)から0.1キロ。
  • 名称不詳:1928年(昭和3年)3月1日に大日本勧業博覧会の開催に伴い臨時停留所として開業、同年9月1日に廃止。上之町停留所(当時は「城下」停留所)から1.0キロ。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の岡山県庁は現在の岡山県立美術館・天神山文化プラザ・岡山市立岡山後楽館中学校・高等学校付近にあった。
  2. ^ 現在の東山本線の城下とは異なる。
  3. ^ このとき統合された上之町停留所が現在の城下停留所にあたる。

出典編集

[ヘルプ]

参考文献編集

  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳 11号 中国四国』新潮社、2009年、ISBN 978-4-10-790029-6

関連項目編集