岡本賢一

岡本 賢一(おかもと けんいち、1964年4月22日 - )は、日本小説家東京都八丈島出身[1]日本SF作家クラブ会員。

目次

経歴・人物編集

1990年、短篇SF小説「ロボットは泣かない」が、第16回ハヤカワSFコンテストの最終候補作に(同作は伊吹秀明編集人のSF同人誌『パラドックス』第31号に掲載された)。1994年、SF同人誌『宇宙塵』192号に掲載された「鍋が笑う」で第13回日本SFファンジン大賞創作部門を受賞。同年、『銀河聖船記 1 ディアスの少女』(ソノラマ文庫)で作家デビュー。1996年、「父の背中」で第3回パスカル短篇文学新人賞を受賞。のち、堀晃主宰のSF同人誌『ソリトン』にも参加。

その他、『JUNE』誌などに小説やエッセイを発表。別名義にまぐろ屋猫丸がある。

作品リスト編集

単行本編集

  • 銀河聖船記 1 ディアスの少女(ソノラマ文庫1994年7月)
  • 銀河聖船記 2 ディアスの戦士(ソノラマ文庫、1995年2月)
  • 銀河聖船記 3 ディアスの天使(ソノラマ文庫、1995年6月)
  • ギガミリオンの幸運――銀河冒険紀(ソノラマ文庫、1996年4月)
  • ワイルド・レイン――悪夢の領域(徳間ノベルズ、1996年7月)
  • 学校の怪談 シネマ版(ポプラ社、1996年7月)
  • 学校の怪談 2 シネマ版(ポプラ社、1996年7月)
  • キャノン・ガール――銀河冒険紀(ソノラマ文庫、1997年1月)
  • ダイヤモンドを噛み砕け――銀河冒険紀(ソノラマ文庫、1997年4月)
  • タイム・クラッシュ 上――銀河冒険紀(ソノラマ文庫、1997年12月)
  • タイム・クラッシュ 下――銀河冒険紀(ソノラマ文庫、1998年1月)
  • ツイン・ヒート――暴走!甲蟲都市ゴーザム(ソノラマ文庫、1998年6月)
  • 鍋が笑う(朝日ソノラマ四六判、1998年12月)収録作:「鍋が笑う」「背中の女」「リアの森」
  • Monster 7――銀河冒険紀(ソノラマ文庫、1999年3月)
  • 神喰い蟲――ツイン・ヒート放浪編 上(ソノラマ文庫、1999年9月)
  • 神喰い蟲――ツイン・ヒート放浪編 下(ソノラマ文庫、1999年9月)
  • ゴーストエリアQ 傭兵グランド1(ソノラマ文庫、2000年4月)
  • ワイルド・レイン 1(ハルキ文庫、2000年9月)
  • ワイルド・レイン 2(ハルキ文庫、2000年10月)
  • ワイルド・レイン 3(ハルキ文庫、2000年11月)
  • アンデッド・レディ 傭兵グランド2(ソノラマ文庫、2000年12月)
  • それゆけ薔薇姫さま!(ファミ通文庫、2000年12月)
  • 放課後退魔録 ロストガール(角川スニーカー文庫2001年5月)
  • クレイジー・ウォー 傭兵グランド3(ソノラマ文庫、2001年8月)
  • 放課後退魔録II ぬだらべ(角川スニーカー文庫、2001年12月)
  • 放課後退魔録III 殺し屋と月見うどん(角川スニーカー文庫、2002年12月)
  • 放課後退魔録IV ナツメ(角川スニーカー文庫、2004年12月)
  • 放課後退魔録(る) ワラキズ(角川スニーカー文庫、2005年1月)
  • キミが、キミを殺す時――屍神少女大戦(朝日ノベルズ、2009年3月)

アンソロジー収録作品編集

  • 「人食い岩」 - 『パスカルへの道――第1回パスカル短篇文学新人賞』(中公文庫、1994年10月)
  • 「ロボットは泣かない」 - 『SFスナイパー 『パラドックス』SF傑作選』(ミリオン出版、1998年3月)
  • 「それゆけ薔薇姫!」(まぐろ屋猫丸 名義) - 『SFスナイパー 『パラドックス』SF傑作選』(ミリオン出版、1998年3月)
  • 「趣向」(笹生撫子との共著)、「塔」 - 『趣向』(テディ文庫、2003年9月)
  • 「闇の羽音」 - 『青に捧げる悪夢』(角川文庫、2013年2月)

脚注編集

  1. ^ 『SFスナイパー 『パラドックス』SF傑作選』(ミリオン出版、1998年3月)、268頁「解説」内著者プロフィール。

外部リンク編集