メインメニューを開く

岡村 定矩(おかむら さだのり、1948年3月10日 - )は、日本男性天文学者法政大学理工学部教授。東京大学名誉教授。高瀬文志郎の弟子で[1]、専門は銀河天文学、観測的宇宙論[2]山口県豊浦郡豊浦町(現下関市)出身。

岡村 定矩
(おかむら さだのり)
生誕 (1948-03-10) 1948年3月10日(71歳)
日本の旗 日本 山口県豊浦郡豊浦町
研究分野 銀河天文学
観測的宇宙論
研究機関 東京大学
エジンバラ王立天文台
国立天文台
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
高瀬文志郎[1]
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

略歴編集

研究テーマ編集

著書編集

単著編集

  • 『宇宙の観測I・天体写真測光』(分担執筆 恒星社厚生閣 現代天文学講座11 1981年)
  • 『宇宙はどこまでわかったか』(岩波書店 科学ライブラリー)
  • 『銀河系と銀河宇宙』(東京大学出版会

共著編集

編著編集

  • 『天文学への招待』(朝倉書店 2001年10月28日)
  • 『数学セミナー別冊 宇宙はどこまでわかったか?』(日本評論社 2010年10月20日)

共訳書編集

  • 『銀河の発見』(R.ベレンゼン他著 高瀬文志郎との共訳 地人書館 1980年

監訳書編集

外部リンク編集

脚注・出典編集