メインメニューを開く

岩佐 英治(いわさ えいじ、1964年6月7日 - )は、NHKの元チーフアナウンサー

いわさ えいじ
岩佐 英治
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1964-06-07) 1964年6月7日(55歳)
血液型 B型
最終学歴 東京大学文学部卒業
勤務局 NHK放送文化研究所
職歴 京都佐賀東京アナウンス室福岡→東京アナウンス室→名古屋→放送文化研究所
活動期間 1988年 - 2015年
ジャンル スポーツ(特に相撲)
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

人物編集

神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校を経て東京大学卒業後、1988年入局。

大相撲中継には1989年から携わっており、元々の志望動機や経歴などもあって抜擢されるのが他の同年代のアナウンサーに比べてかなり早く、1996年頃からは既に幕内の実況を担当するようになった。近年は実況の回数も多くなり、2009年名古屋場所では初めてテレビで千秋楽の幕内実況を担当した。その1年後の人事異動で藤井康生アナの後任として名古屋に配属され、名古屋場所中継のアナウンス統括担当となった。現場からの評価は非常に高く、前述のようにかなりの期待を受けていた。

2006年初場所中日は幕下の実況担当であったが、この日は好角家として知られるデーモン小暮閣下がゲストとして幕下の時間帯から出演しており、同じく元々相撲ファンであった岩佐とともに「相撲談義」をする場面も見られた。その後、2007年初場所中日、2009年初場所中日と、再び閣下がゲスト出演した際も岩佐が実況を担当している(2007年と2009年の出演時は幕内の実況)。

2010年九州場所2日目、横綱白鵬稀勢の里に敗れ連勝が63でストップした際にはラジオで実況を担当していた(テレビ実況は吉田賢アナ)。

2011年6月頃から体調を崩して休養に入っていたが、2012年4月に復帰(2014年4月現在は、ラジオニュースに不定期出演)。現時点では2011年1月場所が大相撲中継担当の最後となっている。現在、NHK放送文化研究所。アナウンス活動から一旦退いた。

嗜好・挿話編集

  • 元々相撲好きで、東大では相撲部に属し、完成したばかりの両国国技館の土俵に上がった経験もある。そもそも、NHK志望の動機が「相撲実況をすること」だったという[1]。スポーツ実況全般は2局目の佐賀時代から担当しているが、当初はサッカーの実況なども行っていた[2]
  • 現在TBSのアナウンサーでスポーツ実況を主に担当する土井敏之とは佐賀局時代に同僚だった(土井が新人で配属)。土井のTBS転職を後押ししたのはTBS内定が決まった後の岩佐の言葉だったという[3]

現在の出演番組編集

(なし)

過去の出演番組編集

脚注編集

  1. ^ スタジオパークからこんにちは』で「アナウンサーにQ」コーナーがあった頃、岩佐がターゲットの回でこれらの経歴が紹介されたほか、岩佐はかつて発行されていた広報誌「グラフNHK」の付録として添付されていた相撲実況のソノシートコレクションも披露した。
  2. ^ サッカーについては名古屋異動後、天皇杯全日本サッカー選手権大会岐阜県予選で実況を行ったことがある。
  3. ^ 【土井敏之アナの転機】転職するか悩んだとき、決断を後押ししてくれた人物”. livedoor NEWS (2019年4月27日). 2019年9月17日閲覧。

外部リンク編集