メインメニューを開く

土井 敏之(どい としゆき、1970年8月19日 - )は、TBSのアナウンサーTBSテレビ編成局アナウンス部エキスパート部次長。元日本放送協会 (NHK) アナウンサー。愛称は「土井ちゃん」。

どい としゆき
土井 敏之
プロフィール
愛称 土井ちゃん
出身地 日本の旗 日本 東京都中野区
生年月日 (1970-08-19) 1970年8月19日(49歳)
最終学歴 早稲田大学法学部卒業
勤務局 TBSテレビ
職歴 NHKアナウンサー佐賀)→TBSアナウンサー
活動期間 1994年 -
ジャンル 情報・スポーツ
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

人物編集

都立西高校を経て早稲田大学法学部卒業。都立西高時代はバレーボール部に所属していた。

高校3年生のときの1988年ソウルオリンピックのラジオ実況を聞いて「オリンピックの放送をやりたい」との思いからアナウンサーを志望[1]。早稲田大学ではアナウンス研究会に所属し、卒業時にNHKの試験に受かり、1994年に入局、佐賀放送局に赴任する[2]。同期には久保純子(現・フリー) 、小田切千三上弥高橋美鈴石井麻由子坂梨哲士石井哲也田中朋樹三橋大樹などがいる。

入局2年目の1995年秋にTBS(現TBSHD)のアナウンサー中途採用へ応募し内定を受けた[1]ことから、同年12月31日付でNHKを退局。翌1996年1月1日付でTBSに入社する[3]。TBSでは野球ボクシングバレーボールなどスポーツ中継の実況を担当[2][4]2006 FIFAワールドカップ決勝戦の民放ラジオ代表実況を務めたほか、2010 FIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦の日本パラグアイ戦のテレビ実況も担当した。

スポーツ以外では報道・情報系番組へ起用されることも多く、午後の生活情報番組『ジャスト』の司会や朝の報道・情報番組『ウォッチ!』のメインキャスターを歴任した。

嗜好・挿話編集

  • 北海道放送川畑恒一とは大学時代からの友人である。
  • 大学生時代は文化放送でアルバイトをしていた[1]
  • 新卒時にも各局の試験を受けたが、東京の各キー局はTBSも含めいずれも書類選考など初期の段階で不合格、讀賣テレビ放送中国放送は最終審査まで行くもいずれも不合格だったという[3]。本人曰く、入社試験に落ちた数で言えば「清水大輔と一、二を争う」とのこと[3](ちなみに清水も札幌テレビ放送からの中途採用組である)。
  • NHKへの入局当時、佐賀局にはスポーツアナウンサーとして既に一線で活躍していた岩佐英治がおり、岩佐の指導もあって1年目から全国高等学校野球選手権佐賀大会の実況を担当したほか、Jリーグ入りを目指していた鳥栖フューチャーズ戦実況中継のレポートを担当するなど、スポーツ実況の現場経験を多く積んでいる[3]。NHKを辞める気は毛頭なかったという[1]が、TBS内定をもらった後に聞いた岩佐からの「5年経ったら人間関係ができでしがらみもできるし、愛着も湧いて、絶対に辞めなくなる。それに5年経ってから転職を考えたときに、今ある話は絶対ないだろう。せっかくの機会だし、2年目の今のうちに辞めたほうがいい」という言葉が転職の後押しになったという[3]
  • TBSの中途採用受験は早大アナウンス研究会の先輩だった初田啓介から誘われたもの[1]。経験を積んだ現役スポーツアナウンサーが対象で、年齢が対象外となっていた上に、このような形でのスポーツアナウンサーの中途採用が行われたのはこの1回のみであったという[1]
  • NHKでは退局日の2005年12月31日までニュースを担当して、2006年1月4日のTBS初出社までの3日間(正月三が日)で引っ越しを済ませる必要があったため、引っ越し業者の手配に苦労したという[3]
  • 2005年4月からはかつて出演していた土曜夜の情報番組『ブロードキャスター』に約2年ぶりに復帰。NHKでの同期である久保純子と共演、その後同番組の最終回まで出演した。映画・落語・歌舞伎鑑賞が趣味の一つで、『ブロードキャスター』では都々逸風の前振りを行っていたこともある。本人曰く、台本には「勢いよくヨロシク!」としか書かれておらず、当初は競馬コーナーの前振りだったこともあり、「場外馬券売り場にいる予想屋」と「『男はつらいよ』での車寅次郎啖呵売」のイメージで、ほぼアドリブで演じていたという[1]
  • HBCファイターズナイター』の制作をTBSラジオが行う際(西武ドーム千葉マリンスタジアム東京ドームからの中継)にはほぼ全てのカードで実況を担当していた。2012年は土井の出番は減り、後輩の石井大裕が実況するケースが増えている。
  • 2007年9月9日東京ドームでの『TBSラジオ エキサイトベースボール巨人阪神の放送で1塁側巨人サイドのベンチリポートを担当していたが、10回裏の巨人攻撃前に完全に声が嗄れて出なくなった戸崎貴広に代わり、急遽実況を担当した[1][5]
  • 2009年3月まで放送されていたTBSラジオの長寿番組『コサキンDEワァオ!』のリスナーで、出演者である小堺一機の舞台小堺クンのおすましでSHOWを高校2年の頃から毎年見に行っている。
  • 2011年3月30日、土井は「歌手デビュー」した。もともとは秋冬期にレギュラー出演していたラジオ番組『Kakiiin』の企画で、リスナーから寄せられた歌詞に共演者のサンプラザ中野くんが曲をつけて完成した音頭調の楽曲(タイトルは『音頭deありまんす!』)であり、土井が「赤坂音頭マシーン(AOM)」という芸名で歌っている。当初は3月21日に東京・中野サンプラザで開催予定だった同番組のイベントにおいて、番組関連グッズとして会場で販売しようとして300枚のCDを生産したが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響でイベントが中止となり、赤坂サカス内のTBSストアでの店頭販売やTBSラジオの通信販売に変更された。
  • 2018 FIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦のスペインロシア戦のテレビ実況を担当したが、間断なく絶叫するスタイルと独特の比喩表現がネット上での賛否両論を巻き起こした[6]。こういった実況への批判に対して、土井は「私たちは署名記事を書いているのと同じ」と例え、実況に対するいかなる責任も自分で負うとした上で「波風立てようとか、フックをかけようとかクサビを打ち込もうという気はない」「何かを用意して、準備して、このフレーズをここに入れるとか、こういう描写をしてやろうとするとうまくいかない」「むしろ、やっていくうちにこうなってしまった、というのに近い」と、意図的なものではないことを説明している[3]

出演番組編集

ラジオ編集

  • 森本毅郎・スタンバイ! - 通常は「スポーツスタンバイ」担当であるが、森本毅郎が休暇などで出演できない日はピンチヒッターでメインパーソナリティを担当することもある。

テレビ編集

過去の出演番組編集

ラジオ編集

テレビ編集

作品編集

シングル編集

音頭deありまんす!(2011年3月30日)
アーチスト名:赤坂音頭マシーン(AOM)withサンプラザ中野くん
販売元:TBSラジオ&コミュニケーションズ
LET'S DANCE / YUJI OHNO & LUPINTIC FIVE(2011年5月25日)
販売元:バップ
※M1およびM10「A.T.M Featuring 土井敏之(from TBS RADIO Kakiiin)」に参加(A.T.Mは「赤坂トーキングマシーン」の略)

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 第38回 スポーツ実況に迫れ! TBSアナウンサー土井敏之の場合 後編 「数字を取る」ということの怖さと面白さ”. Webマガジン幻冬舎:お前の目玉は節穴か. 2017年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、33頁。「96.1 <中途採用入社> 土井敏之…<NHK佐賀> スポーツ担当(野球、ボクシング、バレーボールなど) TV「ブロードキャスター(97)」「ジャスト(00〜)」「スーパーサッカー」」
  3. ^ a b c d e f g 【土井敏之アナの転機】転職するか悩んだとき、決断を後押ししてくれた人物”. livedoor NEWS (2019年4月27日). 2019年9月17日閲覧。
  4. ^ a b c d 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「1996.1<中途採用> 1人入社(男1) 土井敏之 『スポーツ担当(野球、ボクシング、バレーボールなど)』 TV「ブロードキャスター(1997)」「ジャスト(2000)」「スーパーサッカー」」
  5. ^ “興奮しすぎた!? 実況アナ前代未聞の途中降板”. ZAKZAK. (2007年9月10日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_09/g2007091001.html 2012年9月28日閲覧。 
  6. ^ “「城壁!」「要塞!」 ヒンシュク買ったTBS土井アナのW杯「絶叫実況」”. J-CASTニュース. (2018年7月2日). https://www.j-cast.com/2018/07/02332831.html 2018年7月3日閲覧。 

参考文献編集

  • 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。

関連項目編集

外部リンク編集